引越し業者の見積もり比較なら引越し価格ガイド

ご紹介件数

引越し見積もりに関するQ&A

  • 引越し業者への見積もりは無料ですか?

    引越し業者への見積もりは基本的に無料です。内金や手付金も支払う必要はありません。

    自分の引越し条件に合った引越し業者を選ぶために、複数の引越し業者から見積もりをとることをオススメします。

    内金・手付金を要求してくる業者には要注意!

  • 見積もりの際に準備しておくことはありますか?

    引越し料金は荷物の量やサイズによって変わりますので、事前に荷物の選別や、サイズを調べておくことをオススメします。

  • 見積もり依頼の回答はどのくらいでもらえますか?

    当サイトを利用された場合、約2日以内にお住まいの地域の引越し業者から、メールまたはお電話にて見積もりの連絡がございます。

  • 見積もりをしてもらったら契約する必要がありますか?

    条件等が合わない場合はお断りしていただいて大丈夫です。

    納得いくまで比較検討された上で、引越し業者を選択すると良いでしょう。

    契約前の訪問見積もりをおススメします

  • 見積もりはいつまでに済ませておけば良いでしょうか?

    引越し業者と契約を交わしていない場合はダンボールの使用は控えましょう。

    見積もりをキャンセルした場合、ダンボールを返却して下さいと言われたり、お金絡みのトラブルになる可能性があります。

    ダンボールの受け取りは正式に契約を交わしてからにしましょう。

  • 引越しの作業開始時間(午前便と午前便)によって料金に違いは出ますか?

    遅くとも引越し予定日の2週間前には済ませておくと良いでしょう。

    余裕を持って1ヶ月前には見積もりされることをオススメします。

  • 見積もり依頼をした後に、荷物の量が変わってしまったらどうすれば良いですか?

    引越し荷物に変更があったときは、出来る限り早く引越し業者に連絡しましょう。

    場合によっては再度見積もりが必要になり、引越し費用が変わる事があります。

引越し費用に関するQ&A

  • 日程や曜日によって引越し費用は異なりますか?

    引越し費用は、引越しの日程・時間帯・曜日などによって変わってくる場合があります。

    引越し業者によって値引き額や割引額は異なりますので、複数の引越し業者に見積もりを依頼し、比較検討されると良いでしょう。

    また、作業人数が少なくて済むように荷物を減らしたり、引越し日時を引越し業者に合わせるなどで引越し費用を節約できる場合もあります。

  • 契約時に手付金を支払う必要はありますか?

    契約時に手付金や前受金(内金・予約金・仮契約金など)を請求する事は、「標準引越運送約款」によって禁止されていますので、支払う必要はありません。

    手付金を要求してくる引越し業者には要注意!

  • 引越しをキャンセルしたいのですが、キャンセル料はかかりますか?

    キャンセル料は「標準引越運送約款」で定められています。

    「引越しの2日以上前のキャンセル」は基本的にキャンセル料はかかりません。

    ただし「引越し前日のキャンセル」では引越し料金の10%、「引越し当日のキャンセル」で引越し料金の20%がキャンセル料として発生しますのでご注意下さい。

    また、引越し日を延期する場合もキャンセルに含まれますので、内容や日程に変更があった場合は早めに引越し業者に連絡すると良いでしょう。

  • 引越し当日に台風が来た場合、延期するとキャンセル料はかかりますか?

    「標準引越運送約款」では、暴風雨の場合は当日に延期してもキャンセル料は発生しないことになっています。

    中には自社規定の約款を使用している引越し業者もありますので、暴風雨の基準など、詳細については事前に確認しておくと良いでしょう。

  • 引越し費用はいつ支払えば良いですか?

    引越し作業完了後の支払い(後払い)が一般的です。

    引越し業者によっては支払い方法(現金払い・クレジット決済など)や、当日現地(積地)での支払いなのか、新居(降地)での支払いなのかを事前に確認しているところもありますので、見積もりの際に確認しておくと良いでしょう。

  • 引越し費用はクレジットカードで支払えますか?

    大手の引越し業者はクレジットカード決済に対応している場合が多いですが、小中規模の引越し業者ですと対応していない場合がありますので、見積もり時に確認しておくと良いでしょう。

引越しサービスに関するQ&A

  • 日程や曜日によって引越し費用は異なりますか?

    引越し費用は、引越しの日程・時間帯・曜日などによって変わってくる場合があります。

    引越し業者によって値引き額や割引額は異なりますので、複数の引越し業者に見積もりを依頼し、比較検討されると良いでしょう。

    また、作業人数が少なくて済むように荷物を減らしたり、引越し日時を引越し業者に合わせるなどで引越し費用を節約できる場合もあります。

  • 契約時に手付金を支払う必要はありますか?

    契約時に手付金や前受金(内金・予約金・仮契約金など)を請求する事は、「標準引越運送約款」によって禁止されていますので、支払う必要はありません。

    手付金を要求してくる引越し業者には要注意!

  • 引越しをキャンセルしたいのですが、キャンセル料はかかりますか?

    キャンセル料は「標準引越運送約款」で定められています。

    「引越しの2日以上前のキャンセル」は基本的にキャンセル料はかかりません。

    ただし「引越し前日のキャンセル」では引越し料金の10%、「引越し当日のキャンセル」で引越し料金の20%がキャンセル料として発生しますのでご注意下さい。

    また、引越し日を延期する場合もキャンセルに含まれますので、内容や日程に変更があった場合は早めに引越し業者に連絡すると良いでしょう。

  • 引越し当日に台風が来た場合、延期するとキャンセル料はかかりますか?

    「標準引越運送約款」では、暴風雨の場合は当日に延期してもキャンセル料は発生しないことになっています。

    中には自社規定の約款を使用している引越し業者もありますので、暴風雨の基準など、詳細については事前に確認しておくと良いでしょう。

  • 引越し費用はいつ支払えば良いですか?

    引越し作業完了後の支払い(後払い)が一般的です。

    引越し業者によっては支払い方法(現金払い・クレジット決済など)や、当日現地(積地)での支払いなのか、新居(降地)での支払いなのかを事前に確認しているところもありますので、見積もりの際に確認しておくと良いでしょう。

  • 引越し費用はクレジットカードで支払えますか?

    大手の引越し業者はクレジットカード決済に対応している場合が多いですが、小中規模の引越し業者ですと対応していない場合がありますので、見積もり時に確認しておくと良いでしょう。

引越しマナーに関するQ&A

  • 心付け(チップ)は必要ですか?

    心付けとは、引越し代金とは別で、引越し作業スタッフに「宜しくお願い致します。」や「ありがとうございます。」といった気持ちで渡す物や、現金のことをいいます。

    「心づけ」が無かったからといって手を抜かれることは通常ありませんが、やはり貰ってしまうと頑張っちゃおう!とやる気があがるといったところです。

    金額は、引越し作業スタッフ一人につき千円程度が一般的だそうです。
    当日到着した時際にまず挨拶・引越し手順など説明をされるスタッフがリーダーですので、この方に挨拶のタイミングで作業員の分まとめて渡すのがよいでしょう。

    引越し会社から受け取ったパンフレット・書類には、「作業員への心づけは不要です。」と書いてある場合もございます。

    作業員への心付け(チップ)について

  • 引越し先でのご近所への挨拶はしておいた方がいいものですか?

    現状中心部での一人暮らしの場合、引越しの挨拶をするケースはかなり低くなっています。
    しかし家族で引越したり、一軒家に引越す場合では、周りのご近所に挨拶をして回るのが一般的です。

    自分の子供がお世話になったり、色々地域のイベントや行事ごとなどでのお付き合いも発生しますので、引越してきた際に挨拶をしておくことで新生活をスムーズに送ることが出来るでしょう。

    いずれにしても引越し先での挨拶は地域の慣習などがある場合がございますので、事前に不動産会社や、大家さん、管理人さんに、事前に確認しておくとよいでしょう。

    現状中心部での一人暮らしの場合、引越しの挨拶をするケースはかなり低くなっています。

    引越し後 新居の近所や大家さんへの挨拶

  • 旧居にも挨拶した方がいいものですか?

    引越し直前のご近所の方へのご挨拶は大切です。

    いきなり前日に「引越します!」ではちょっと冷たい感じがしますしお世話になった方に対して失礼になります。

    立つ鳥跡を濁さずを心掛けましょう。お世話になった方には遅くとも引越し業者を決めたら、顔見知りの方には引越し前日〜2日前にしておく程度の心配りは必要だと思います。挨拶品を持っていくこともありますが、特に持っていかなくても問題はありません。

    「明日引っ越すことになりました。作業中ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。長い間お世話になりました。」といった心遣いと挨拶で十分でしょう。

    引越し前 旧居の大家さんや近所への挨拶について

  • 引越し先のご近所へ引越しの挨拶に行く際どんな物を持っていけばよいですか?

    洗濯石鹸・台所用洗剤・石鹸・ボディーソープ・タオル・ふきんといった消耗品が大変喜ばれますし定番だと言われています。

    昔ながらの引越しそば(乾麺)もよいのですが、最近ではそばアレルギーを持っている方も多いようなので、贈る際は注意が必要です。

    また管理人さん大家さんやに対しては、菓子折りや日本茶・紅茶セット・などを贈るのが一般的なようです。

    挨拶などの引越しマナー

  • 引越しそばとは何ですか?

    現在の引越し挨拶品と同様、ご近所の方々に振舞っていたようです。「転居先に荷物を運び入れたところで、家主、向こう三軒両隣に配るようになった。隣近所へは二つずつ、大家、差配(管理人)に五つというのが決まり」(同/柴田書店)といわれています。それにしても二つと五つの差に互いの力関係や、よく取り計らって欲しいとの思いも見え隠れするこの習わし、現在にも活かされる生活の知恵かもしれません。

引越し荷造りに関するQ&A

  • 荷造りは引越しの何日くらい前から始めるといいですか?

    荷造りは意外と時間のかかる作業です。引越しの1カ月前からスタートするのが理想的です。

  • どのような順序で荷造りをするといいですか?

    普段使っていないもの、季節外れの洋服、使っていない食器類、読んでいない書籍などから荷造りしていきしましょう。

    また、玄関から一番遠い部屋、普段あまり使用しない部屋から始めましょう。荷造りを進めていくと、ダンボールも増えていきますので、ダンボールの置き場所を確保してから、荷造りを進めると良いでしょう。

  • 荷づくりで注意が必要なことはありますか?

    お金や通帳、貴金属類などはダンボールに詰めないようにしましょう。必ずご自身で管理をお願いします。

    また、引越前や引越し後の掃除で必要な掃除用具や、新居ですぐに必要なトイレットペーパー、ごみ袋などは最後に荷造りをするか、手荷物として運ぶことをお勧めします。

  • 引越し業者に運んでもらえないものはありますか?

    貴重品(通帳・現金・小切手・有価証券・印鑑)や、宝飾品・高価な骨董品や美術品、危険物(灯油等)は基本的に運搬不可となっています。

    引越し会社によっては、骨董品、乗用車、オートバイ、ピアノなど、別送で承るサービスもありますので見積もりの際引越会社へ事前に確認しましょう。

  • 荷造りの際のポイントはありますか?

    書籍や食器類など、重たいものは小さいダンボールに入れ、洋服や鞄、雑貨など軽くてかさばるものは大きなダンボールに入れます。

    段ボールが積み重ねられるように、ふたはきっちりと閉めましょう。また、あまり重くしすぎると、持ち上げられなくなったり、ダンボールが壊れてしまうことがあるので気をつけましょう。

  • 荷造りのダンボールはどこで用意すればいいですか?

    契約した引越し業者からサービスでもらえることが多いようです。

    自分で用意する場合は、ホームセンターなどで安く購入したり、近所のスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで無料でもらうこともできます。

    引越し業者からのダンボールを断ることで料金が安くなる場合もあるので、契約時に確認してみましょう。

  • 梱包用のダンボールの大きさはどのくらいですか?

    引越しで使われる梱包用のダンボールは、基本サイズが決まっており、一般的に「中サイズ」が、横60cm×縦40cm×高さ40cm程度です。

  • 荷造りしたダンボールには、どんな表記をしたらいいですか?

    荷造りしたダンボールには、「何」が入っていいるか、また引越し先の「どの部屋に必要か(キッチン、洗面所など)」を記入しましょう。引越し業者の方にもわかるようにしておくことが大切です。

    また、ダンボールは積み重ねて置かれるので、ダンボールの側面に表記した方が、中身の確認がしやすくなります。

  • 冷蔵庫の中身はどうしたらいいですか?

    密封できない調味料類、醤油差しなどは中身を捨てましょう。食品もできるだけ前日までに処分しておきましょう。

    また引越しの約6時間前までに、冷蔵庫の中身を空にしてコンセントを抜いておきます。冷蔵庫内に水が残っていると、他の荷物まで濡らしてしまう恐れがあるので十分注意しましょう。

  • 組み立て式の家具は必ず分解しないといけませんか?

    大型の家具については分解が必要な場合があります。見積時に引越し業者に確認しておきましょう。

    その際に、分解を自分でやるか、引越し業者にお願いするのかも相談しておきましょう。

    また家具の中には、一度組み立てると分解できない種類の家具もあります。お見積りの際に確認をお勧めします。

  • パソコンは運んでもらえるのでしょうか?

    できれば、ご自身で運ぶことをお勧めします。引越し業者の中には、パソコンの運搬に対応している業者もありますので、契約の際に確認してみましょう。

    また、大切なデータが消えても外部の故障ではなく内部の故障になるので保険の対象にならない場合がございますので引越し前に必ずバックアップを取っておきましょう。

  • タンスの中身はそのままでもいいですか?

    タンスの中身は、家具の種類、中身の量、移動距離、作業条件などにより、そのままでよい場合も、空にしなければいけない場合もあります。

    また、そのまま運んだ場合には家具にゆがみが発生する場合もありますので、詳細は、引越し業者とご相談されることをお勧めします。

引越しトラブルに関するQ&A

  • 不要な家電製品の処分はどうしたらいいですか?

    テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機など、一部の家電製品は、家電リサイクル法の対象となり、粗大ごみとして扱ってもらえないことがあります。引越し業者のなかでも、取り扱える業者と扱えない業者がありますので、お見積りの際に確認が必要です。

    また、買い替える場合には、買い替える店で処分を依頼できる場合がありますし、買ったお店で処分してもらえる場合もあります。

    不用品の処分について

  • 処分したい不用品が出た場合、引越し当日でも処分してもらえますか?

    引越し当日に出た不用品は引き取ってもらえない可能性があります。また、引き取ってもらえる場合にも、別途料金がかかりますので、不用品は事前にチェックしておきましょう。

    突然不用品がでた場合にも引越し業者に連絡を入れましょう。

  • 暖房器具の灯油はどうすればいいですか?

    灯油は「危険物」にあたりますので、通常の引越しでは運搬することができません。

    残った灯油はスポイトで吸い取って抜いておきましょう。また不要になった灯油は、ガソリンスタンドや灯油販売店で処分できます。

  • 引越し後のダンボールはどうしたらいいですか?

    契約した引越し業者にて引き取ってくれることが多いですが、引越し前に契約業者に確認しておきましょう。

    引越し業者にダンボールを回収してもらう場合は、回収の日時や留守時でも対応してもらえるのかなど、確認をしておくことをお勧めします。

引越し不用品処分に関するQ&A

  • 引越し時にトラブルがおきた場合、どうすればいいですか?

    引越し時にトラブルが起きてしまった! その際は、全国の消費生活センター、運輸局、トラック協会に相談することができます。

    また、買い替える場合には、買い替える店で処分を依頼できる場合がありますし、買ったお店で処分してもらえる場合もあります。

  • 引越し時に家財がキズついた! 紛失した! 壊れた! そんな場合補償はしてもらえますか?

    引越し業者は通常保険に入っています。よって万が一家財が破損した際には保険業者から一部もしくは全額の補償がおります。

    とはいっても引越し業者と契約する際は念の為、保証についてしっかり確認しておいた方がよいでしょう。

    引越し業者により対応が異なってはきますが、基本的には修理が可能なものだと修理、もし修理が不可能であれば代替品や破損物相当の金銭によって補償されるようです。

    もし引越し当日に気づかなかった場合でも、引越し日から三ヵ月以内であれば、引越し業者に責任を問うことが可能です。とはいえ、あまり時間が経ってしまってからでは、いつ破損したのかを証明するのが困難となってくる場合がありますので、引越し後、早い段階で破損している部分はないか確認しましょう。

    破損&紛失トラブルに遭う前に

  • 引越し時に、パソコンのデータが壊れました! 補償してもらうことは可能ですか?

    パソコンのデータの故障は、電化製品等の内部故障になるので保障が効きません。

    万が一データが消えてしまっても後悔しないよう、大事なデータは必ずバックアップを取っておきましょう。

    引越し会社によっては、パソコン専用の梱包サービスを行っている場合もありますので、見積もり時に確認しておくと良いでしょう。

    ノートパソコンの引越しトラブル事例

  • 見積もり時の金額と当日請求された引越し料金が大きく違った場合どうすればいいですか?

    引越し業者に見積もりをお願いする場合、インターネットや電話で見積もりをとることも少なくありません。

    こうした場合は、消費者の申告に基づいて見積もりが行われることになります。

    トラブルを防ぐためにも、電話やメールといった訪問見積もりがない場合には、特に引越し業者との連絡を密接にし、見積もり書を貰うようにしましょう。

    また、見積もり書に記載されていない口約束等についても書面にして貰うとよいでしょう。さらに、引越し業者の引越し約款には目を通し、疑問があればすぐに問い合わせましょう。

    見積もりの罠に要注意! 重要チェックポイント

  • 引越し会社が約束の時間に来ませんでした。この場合減額を要求することができますか?

    国民生活センターによれば引越会社から受け取った見積もり書の内容と実際の引越しと相違がありそのために引越しに支障があった場合、料金の減額を引越会社に要求することが可能ということです。

    作業員の人数、大幅な遅刻、トラックの大きさや台数が違った場合なども減額を要求できる対象となります。

作業員への心付けについて

作業員への心付けについて

引越しマナーの一つである、作業員へのチップ(心付け)は、どうしたらいいでしょうか?
一般的な「心付け」に対する考え方をご紹介します。

作業員への心付けについて

作業員への心付けについて

引越し作業員へ渡す心付けは、昔から習慣として定着しているようですが、基本的には引越し料金にすべて含まれているので、作業員への「心付け」は必要ありません。心付けを渡すか渡さないかは自分で判断してください。

もし「心付け」を渡す場合は、作業員一人につき千円程度が一般的で、ポチ袋などに入れて渡すのがスマートです。
渡すタイミングは、引越し作業員が到着したときにリーダーにまとめて渡すのがいいでしょう。「今日はよろしくお願いします」とか「みなさんのお茶代にどうぞ」などの言葉を添えて渡しましょう。

また、差し入れを渡すなら、飲み物が喜ばれます。休憩後などのタイミングがいいでしょう。

準備と荷造りのコツ

荷造りは引越しの基本です。 荷造りの正しい手順と梱包の仕方を知っているのと知らないのでは、賢く引越しができるかどうかに関わってきます。

梱包次第でダンボールの数が増えたり、また減らすことができるためとても重要なのです。 数を減らすことが出来れば、その分引越し費用を安くおさえることができるため、ここでしっかりと荷造りのポイントをみていきましょう。

引越しの際の荷造り

また、意外にも知られていないのが荷造りにかかる時間です。 荷造りでかかる時間の約3分の1を占めるのがキッチン用品です。 家まるごとでかかる日数が6日であれば、2日はキッチンまわりにかかってしまいます。

その理由は、多くが割れ物で出来ていて、確実に丁寧に梱包をしていかないと運び出しをするときに割ってしまったり、トラックで運送している間に傷がついてしまう可能性があります。高価なものや愛用しているものを無事に引越し先に届けるためにも、しっかりと梱包をする方法を知っておきましょう。

また、急きょ引越しが決まってどうしても時間がないという方には、引越し業者のお任せプランもあります。引越しのプロがおこなう梱包は徹底されているため、割れ物から大型の家電、家具まで安心してお任せすることができます。

梱包の資材と必要な道具

いざ荷造りをはじめようという段階で、ダンボールがない、ヒモがない、ガムテープがないという状態では何もはじめられないので、必要な道具をチェックしていきましょう。

資材・道具名 金額 入手先 利用方法
ダンボール 100円〜 ホームセンター 荷物を梱包する
気泡緩衝材 500円〜 ホームセンター 梱包した品物を衝撃から守る
ふとん圧縮袋 100円〜 100円ショップ ふとんを圧縮させる
新聞紙 150円〜 インターネット 荷物の隙間をうめる
クレープ紙 100円〜 100円ショップ 緩衝のためにダンボールの底に敷く
クラフト粘着テープ 150円〜 ホームセンター ダンボール箱などを封かんする
布粘着テープ 150円〜 ホームセンター ダンボール箱などを封かんする
養生テープ 300円〜 ホームセンター 家具の扉や棚の固定
油性マジック 200円〜 100円ショップ ダンボールにメモを書く
輪ゴム 300円〜 ホームセンター 細かいものをまとめる
ビニール紐 500円〜 ホームセンター 本や雑誌をまとめる
カッター・はさみ 各500円〜 ホームセンター 荷解きの時に必要
割れ物シール 各500円〜 ホームセンター 割れ物が入ったダンボールに貼る
ドライバー 1,500円〜 ホームセンター 家具や家電の取り付け

荷造りしていく手順

効果的な荷造りの手順方法

引越しする場所、引越しを依頼する業者がきまったら、本格的な荷造りのスタートです。 荷造りはむやみやたらに始めると、家の中がダンボールだらけで片づけているはずなのに散らかった状態になり、引越し当日まで生活がし辛くなってしまいます。 そうならない為にも効果的な手順方法を知っておきましょう。

奥の部屋から荷造りをスタートする

引越しの荷造りは、奥の部屋からスタートさせるのが基本です。玄関からもっとも遠い場所から荷造りをはじめることで、通路がふさがったり生活空間が圧迫されることがないため、不便な思いをすることがなくなります。

たとえば、リビングや玄関まわりからはじめてしまうと、家の出入りがし辛くなったり、家族みんなでご飯を食べるスペースを確保できなくなります。 同じように、自宅の中心から荷造りをしてしまうと、奥の部屋に行きづらくなってしまいます。

このことからも、玄関から遠い部屋から荷造りを開始するのがおすすめです。

収納に入っているものから荷造りをする

部屋の中にあるものは普段使っているものなので、後回しにするのがいいです。その逆で、クローゼットや押入れに入っているものは普段使われていないものが多いので、ここから荷造りをはじめましょう。

また、荷造りしたダンボールは元の場所に置いておきます。洋室のクローゼットに入っていた服をダンボールに詰めたら、ダンボールごとクローゼットの中に置いておくということです。荷造りをするごとにダンボールを積み上げてしまっておけば、部屋の中がダンボールであふれることがないため、引越し当日まで快適に生活をおくれます。

ダンボールを置いておく部屋を決めてから荷造りをする

収納スペースがいっぱいになってダンボールが置けなくなったら、ダンボールを置いておく部屋を決めておきましょう。 このとき、必ずその部屋から荷造りをはじめてください。

ダンボールが積上がったあとで荷造りを開始しても、部屋の奥のものが取りだせない、荷造りをするスペースが確保できないという状態になり、スムーズに進まなくなってしまいます。

荷造りでもっとも大変なのは、箱詰めが完了したダンボールを動かすことです。 積上がったダンボールを動かすとなれば、相当な労力が必要になりますから必ずダンボールを置いておく部屋から荷造りをはじめましょう。

使わないキッチン用品から荷造りをする

キッチンは食器など割れ物がメインとなるため、梱包にどうしても時間がかかります。

使わないものからどんどん荷造りをしていき、できるだけ早く済ませておくのがコツです。冷蔵庫の中身はクーラーボックスに入れて運ぶので、引越しの当日の朝でも大丈夫です。

ダンボールの組み立て方と荷造り方法

ダンボールの組み立て方

ダンボールは自分で用意する場合と、引越し業者が用意してくれる場合があります。自分で用意する場合は、出来るだけしっかりした強いものを選ぶようにします。
スーパーで貰う場合も、強度の高いものだけを選ぶようにしましょう。 ダンボールの組み立て方にはコツがあり、ここでは頑丈なダンボールの作り方を紹介しています。

十字貼りで底抜け防止

ダンボールは切れめをつなぐだけでは必ず底抜けしてしまいます。ダンボールにかかる重量は中心部分に集中するため、ガムテープで十字貼りにすると底抜けしにくく強度が増します。

ダンボールの上下がわかるようにしておく

引越し業者で提供されるダンボールは側面に印刷がされているので問題ありませんが、何も書かれていないものだと、どっちが上でどっちが下なのか判断がつきにくくなります。 運び出すときに、上下が逆さまになってしまうと、破損やキズがついてしまうおそれがあるため、必ず上下がわかるように目印をつけておきましょう。

高さがある荷物は口空きダンボールに梱包する

鉢植えや一升瓶などダンボールの規格外の高さである場合があります。そんな時は、ダンボールのフタを開けたまま詰めていきます。このままだとフタが下側へと向いてしまうので、ガムテープでぐるっと一周させて固定します。
これを口空きダンボールといい、中身が見える状態なので、運び出しのときも慎重に運んでもらえる確率が高くなります。 ただし、口空きダンボールは積み上げることが難しいため極力少なくするようにしましょう。

閉じたダンボールの側面に中身を表記しておく

荷物を詰める事に一生懸命で、気が付いたらどこに何を梱包したのか忘れてしまうことがあります。この場合、新居での開封作業が手間取るだけではなく、使いたいタイミングで使えなくなってしまうので、ダンボールの側面にどの部屋にあったのか、収納していた場所はどこなのか、割れ物なのか、中身は何が入っているのかを書いておくと便利です。
テレビ台やタンスなど細かく書いてあると、引越し業者が運び入れるときに細かく分けてくれるといったメリットもあります。

梱包方法

引越し前は手続きや梱包、挨拶まわりでとにかく忙しくなります。手当たり次第にダンボールに詰め込んでしまう人も少なくありません。

荷物の種類に合わせた梱包方法があるのをご存じですか? 梱包のコツをまとめたので、是非挑戦してみてください。

本・雑誌

本や雑誌は大きさが異なります。大きさを揃えたり、本棚の幅に合わせてヒモでしばっておくと、元の棚に戻しやすいだけではなく、引越し後もそのまま棚に戻すことが出来るため便利です。

本や雑誌の収納は後回しにされてしまいがちなので、バラバラにしてまとめてしまうと部屋の中で荷物となってしまいます。

食器、調理器具

食器やお鍋などは割れ物なので、新聞紙で包んで梱包をするのが一般的です。ですが、これだと荷解きをしたときに大量のゴミとなってしまいます。

新聞紙のようなゴミになりやすいものではなく、バスタオルや布巾で包んでおくと、ゴミにならずに手間もかかりません。

洋服

洋服はシーズンごとで分けて梱包するのがおすすめです。こうしておくと、必要な時期までそのまま置いておくことができます。

ハンガーにかけて収納していた洋服は、ハンガーをつけたまま箱に詰めます。 荷解きをしたら、すぐに元の場所にかけることができるためスムーズに終わらせることができます。

靴箱に入れて保管している方はそのままで大丈夫です。 靴箱がない方は、食器用の緩衝材で包んで梱包するとクッション代わりになるため、傷がつく心配がありません。

冷蔵庫

冷蔵庫の中身は腐るものと保存のきくもので分けておき、腐りやすい食品は引越し前日までに食べきるか処分をしておきます。 そして必ず前日までに、霜取りをするために電源を切っておきましょう。 霜がついたまま運び出すと水浸しになってしまいます。

洗濯機

洗濯機とホースの中には水がたまっているので、脱水にかけて水を抜いておきましょう。 フタが開かないようにガムテープでとめておく事も忘れないようにします。 付属品は洗濯槽の中に入れておけば、新居で使用するときにすぐに使えて便利です。

パソコン

パソコンは精密機器なので、そのまま梱包すると壊れる原因になります。 エアーキャップがご家庭にない場合は、厚手のバスタオルをぐるぐる巻きにしてから梱包すると安心です。

ふとん

圧縮袋を利用すると、コンパクトになりかさばりません。 圧縮袋がない場合は、2組ずつふろしきで包んで、運び出しの時に汚れないようにしておきます。

家具

ベッドやイスなどの家具は、角や表面をダンボールで保護しておくと、傷をつけずに運び出すことが出来ます。

引越し業者の荷造りサービスについて

時間と労力がもっともかかるのは荷造りです。 大切なものであったり高価なものはプロに任せると安心です。

引越し業者 サービス名 サービス内容
サカイ引越センター らくらくBコース 大きな家具から割れやすい食器まですべて梱包してくれます。
日通 フルプラン 旧居での箱詰めから新居での箱開けまで一貫してプロに任せられます。
アリさんマークの引越社 全てのプランで対応 大型の家具から家電まで梱包、開梱、設置がすべてのプランで標準作業として取り扱われています。
アート引越センター おまかせパックハーフコース 引越しの基本コースに荷造り作業がついたお得なコースです。
アーク引越センター すべてお任せフルフルプラン 食器の梱包から小物の荷造りまですべてお任せすることができるプランです。
ハート引越センター パーフェクトプラン 小物梱包、家具梱包から搬入時のセッティングまで何からなにまでおこなってくれるプランです。
ダック引越センター まるごとプラン 面倒な荷造り、荷解きはすべてスタッフがおこなってくれます。
ヤマトホームコンビニエンス 荷づくりサービス 経験豊富なスタッフが素早く荷造りをしてくれるサービスです。

引越し価格ガイドの特典

引越し価格ガイドでは、当サイトの一括見積もりサービスをご利用された方に様々な特典をご用意しております。

この機会にぜひご利用下さい。

自転車が1,500円オフ!引越し先の必需品をお得にゲット♪

サイマ

引越し先の新生活で何かと役立つ自転車。

「通勤・通学に」「毎日のお買い物に」「ちょっとしたお出かけに」…
などなど、自転車は新生活に欠かせないアイテムになると思います。

そこで引越し予約・一括見積もりサービスをご利用頂いた方限定で、自転車通販サイト「cyma-サイマ-」で販売している自転車全商品が特別割引で購入出来る、お得なクーポンをプレゼント致します!

詳しくはこちらから

お引越し先の快適なインターネット生活を電話でサポート!

インターネット生活を電話でサポート

サイト利用者様の特典として、お引越し先で快適にインターネット生活をスタートできるように、電話でサポート致します(サポート料・通話料とも無料)。

引越し先では「どの通信会社のプラン」が「お得」で「いつから」使えるのか、PCを2台使いたい場合は?今のメールアドレスは残せるか?無線LANを使うには何が必要?などインターネットに関するご質問にお答えします。

この機会にぜひご利用下さい。

人気のウォーターサーバー無料お試しキャンペーン!

ウォーターサーバー

人気のウォーターサーバーが1週間無料でお試し頂けます。
さらにお試し期間終了後、ご継続頂ける方には当サイトの特典としてボトル1本プレゼントいたします。

引越し先のお水が気になる方は、この機会にぜひご利用下さい。

詳しくはこちらから

ディノス通販カタログ無料プレゼント!

ディノス カタログ

新しい暮らしに役立つアイテムがいっぱいの「ディノス通販カタログ」を無料プレゼントいたします。
ディノスで初めてお買い物すると、次回のお買い物から使えるディノスeクーポン1,000円分プレゼント!

詳しくはこちらから

ベルメゾン通販カタログ無料プレゼント!

ベルメゾン カタログ

新生活に必要な家具・インテリア・生活雑貨情報が満載の「ベルメゾン通販カタログ」を無料プレゼントいたします。

詳しくはこちらから

風水

「風水」は「風を読み、水の流れを読む」事を意味しています。

風水術の中には土地を見る「地理」、家相を見る「陽宅」、墓相を見る「陰宅」があります。

ここでは、引越し先のお家に役立つ風水の色による運気の変化をご紹介します。

カラー風水

あなたの好きな色にはどんな効果があるのでしょうか?
色そのものが持つパワーを知り、上手に取り入れてより快適なお部屋で過ごしましょう。

赤色

情熱的で、強い意志の持ち主。

赤色はエネルギーが満ちる色ですので、お部屋に使うと活力を得ることができます。
さらに、東に赤色を取り入れる事で仕事運と健康運が上昇します。仕事運UP・発言力が増す。

青色

知的な青。

青色は落ち着く色ですので、感情を安定させるのに向いています。
仕事運と仕事に必要な才能運を高めてくれるパワーがあるようです。

黄色

明るい人。

黄色はハッピーな気持ちになれる色なので、明るい気持ちを保ちたい人に向いています。
また黄色は金運を司る色でもあります。

緑色

センスの良い人。

緑色は気持ちが落ち着く色なので、リラックス効果が得られます。健康運を司る緑色は風水の重要カラーです。
お部屋で植物などを育ててみてはいかがでしょうか?

白色

とにかく清潔さ溢れる、洗練された人。

白色は綺麗好きの人にお勧めです。気を調整する、物事の始まりをスムーズにさせる効果があるようです。

ピンク色

愛情豊かな人。

ピンク色は恋愛運を上げる色なので、恋をしたい人に向いています。人間関係を育む色でもあります。
また、「幸福」を色で表すならばと問い掛けるとピンク色と答える人が各国共通で多いそうです。
この様にピンク色はやすらぎ・リラックス・健康・愛・開放感・幸福感を表します。

紫色

高い理想を持った人。

紫色は感性を刺激する色なので、芸術家タイプにお勧めです。
紫色は特に日本では意味合いの強い色として昔から使用されてきました。
例えば、聖徳太子が制定した冠位十二階(身分制度)では最高位の色を紫色と定めています。

紫式部が生きた平安の世では貴族階級に紫色が珍重されました。
そのため紫色は、高貴、気高いと言うイメージを持っています。

茶色

土・大地・木。

茶色は全ての生き物の食物連鎖の底辺を支えている、全ての生命の母胎と言える大地の色です。
茶色は気持ちを落ちつかせる効果があると言われています。

枕の向き

北枕

昔から北枕は良くないと聞かされていました。みなさんは信じていますか?

本当はそんな事はなく、北枕は体に溜まった悪い気を出してくれるので健康管理の上で理想的な寝方といえるでしょう。
また、金運も上昇します。

東枕

東枕は「若返り枕」と呼ばれ、東枕で寝るとだんだん若々しくなりやる気や行動力がつきますので、仕事で疲れている人にはオススメです。

西枕

人を落ち着かせる特徴がありますので、イライラしやすい方にはオススメですが、若い方が西枕で寝るとやる気を無くしてしまったり、疲れを感じてしまう事もあるので気をつけて下さい。

南枕

残念ですが、一番オススメできない方位です。
南の方位で寝ると、イライラして怒りっぽくなったりなるようです。疲れが取れない事もありますので、他の方位をオススメします。

もし、枕の向きを変えられないようなら、白ベースの枕カバーや落ち着く色を近くに置いて下さい。

インテリア風水

玄関には、お花を飾りましょう。インテリア風水の中で、玄関はいちばん大切です。
清潔に保ち、靴はなるべく下駄箱にいれましょう。何事においても、整理整頓が一番大事です。
大変ですが、出来る限り毎日お花や、植物は飾ってください。良い運が入ってきます。

居間には明るめの落ち着いた色を使い、過ごしやすい空間を演出してみて下さい。
緑やベージュ、茶色など、落ち着く色を取り入れるのも良いでしょう。
また、恋人や夫婦、家族の記念写真などを飾っておくのも良いでしょう。

キッチンは金運アップに重要な影響を及ぼす場所と考えられています。常に掃除をし、清潔にしておきましょう。
また、西の方位に黄色いものを置くと良いと言われますが、キッチン用品に黄色を取り入れるのも金運アップに繋がります。
又、白を取り入れても良いでしょう。

トイレやお風呂など、汚れた水が流れる場所は、「不浄 = けがれている」とされています。
明るい色を使って、暗い色はなるべく使わないようにしましょう。
トイレは健康運に影響しますので、いつも綺麗にしておいてください。

サイトマップ

挨拶などの引越しマナー

ご近所への挨拶

お世話になった旧居の近所への挨拶。
そして、これからお世話になる新居の近所への挨拶はとても大切です。

近所への挨拶

ここでは、引越し挨拶のマナーと、挨拶をする際に渡す挨拶品の選び方をご紹介します。

引越し前 旧居の大家さんや近所への挨拶

引越しが決まったら、賃貸住宅の場合は大家さんや管理会社に引越しする旨を連絡しましょう。引越し日の1ヶ月前までに伝えて賃貸契約の解除を行うのが一般的です。引越し手続きの詳細は「賃貸契約書」に記載されているので、確認しましょう。

大家さんや管理人さんへの引越し挨拶は、引越し当日に部屋の明け渡しと鍵の返却時にするのがスマートです。その際に持参する挨拶品は、ご近所へ差し上げる贈り物の倍額程度の品物を贈るのが一般的です。

引越し当日は、大きな物音を立てたりトラックが出入りするなど、近所にも迷惑をかけます。旧居の近所への挨拶は、引越しの数日前から前日までにするのがマナーです。

近所への挨拶品は、一般的にタオルや洗剤、お菓子、飲み物など、500円〜1000円程度の品物が選ばれています。入浴剤のセットや、ラップとキッチンタオルの組み合わせなど、日常的にすぐ使えるものを贈ると喜ばれるでしょう。特に親しくしている方には、早めに引越しの報告をすると共に、その方の好みに合った品を別に用意するのも良いでしょう。

引越し後 新居の近所や大家さんへの挨拶

以前と比較して、引越しの挨拶をする人は減少傾向にありますが、新しいコミュニティでの生活を気持ちよく始めるためにも、挨拶はしておいたほうが良いでしょう。最低限でも挨拶しておきたいのは、一戸建ての場合は向かい3軒と両隣、そして裏のお宅。マンションなどの集合住宅では、生活音で気になる両隣、上下階に挨拶に行くのが一般的です。

引越し当日は、引越しトラックが道路や建物の通路をふさいだり、荷物搬入時に騒音を立てたりと、ご近所に何かと迷惑をかけてしまうものです。挨拶はできれば荷物の積み降ろし作業が始まる前に済ませておくと、気兼ねなく引越し作業ができて気持ちがよいものです。引越し当日に挨拶ができなければ、遅くとも翌日までには挨拶をしましょう。小さい子どもがいる家族は、引越しの際に近所に伝えておくと、多少の泣き声や足音も大目に見てもらえそうです。

そして、新居での引越し挨拶品は、旧居での挨拶品と同様に、日常ですぐ使えるもので。もしくは、旧居の周辺の名産物を差し上げても喜ばれるでしょう。贈答品には、熨斗を付けることをおすすめします。水引の上部には「御挨拶」と書き、名前を入れたものを用意しましょう。名前を覚えてもらえるだけでなく、きちんとした印象を先方にアピールできます。

また、女性の一人暮らしの場合は、引越し挨拶をすると一人暮らしであることが分かってしまいます。引越し挨拶をしない方がいい場合もありますので、心配な時は、大家さんや管理会社に問い合わせてみましょう。

引越し挨拶状

引越しを親しいお付き合いのある人に知らせるには様々な方法がありますが、「引越し挨拶状」で住所変更を通知するのが一般的です。「引越し挨拶状」を出す時期は、できれば引越し1ヶ月以内に出したいものです。

「引越し挨拶状」には以下の内容を記載します。

  • 1.引越ししたことをハッキリと伝える
  • 2.新住所、電話番号など連絡先
  • 3.今後もおつきあいをお願いしますという挨拶

引越し準備・手続きやることチェックリスト

新しい新居探しも終り、ほっと一息つくのはまだ早いです。引越しが決まれば、各種手続きの変更が必要になります。

引越しする1〜2週間前、前日、当日、引越し後1〜2週間以内にしておかなければいけない手続きが沢山あります。荷造りや掃除で手がいっぱいになってしまい、手続きのし忘れがないようにやることリストを確認しておきましょう。

期間に余裕を持って荷造りや各種変更手続きの準備をすすめておくと、無駄な時間をかけずに済むため手間もなく、思っていたよりも引越しが楽に感じるかもしれません。

引越しの作業を簡潔に終わらせたいという方は、手順方法の確認と事前準備に注目しましょう。

事前準備と手続きのチェックリスト表

やること 対象者 説明 Q&Aをチェック
引っ越し業者を探す 本人 全国には数百社以上の引越し業者があります。各引越し会社で得意とする引越しやイチオシのプランが異なります。たくさんの業者を比較して自分の引越しにあった会社を選びましょう。 引越しの一括見積もりってどういったサービスですか?
始めに引越しの見積もりをする 本人 ネットで簡単に一括見積もりを依頼する事ができます。各会社の見積もり金額を比較して安い引越し業者やサービスが充実した会社を探すことが出来ます。 引越し料金を相見積もりしたら、雑な作業をされませんか?
賃貸物件の解約手続き 賃貸契約者 新しい住まいが決まったら、解約意思の通知として、引越す前に大家さんまたは管理会社に連絡をしましょう。
連絡は2〜3か月前にするのが理想ですが、最低でも1か月前までに連絡をするのがマナーです。その後、退去届に必要事項を記入し、管理会社に郵送します。
転校手続き 保護者 現在通っている学校に転校をする旨を連絡し、在学証明書・教科書給与証明書を受け取ったら転校する学校に渡します。市区町村役場では、入学通知書(就学通知書)を提出する必要があるので、こちらも忘れずにおこないましょう。 県外への小学校の転校の手続きの期間はどれくらいですか?
固定電話の移設手続き 契約者本人 固定電話の移設手続きは、電話とインターネットの2つの方法があります。どちらも必要なのが、現在使用している電話番号と契約者の名前、現在の住所と引越し先の住所、工事の希望日と支払い方法です。手続きで手間取らないためにも口座番号や住所など事前の準備が大切です。
引越し業者の選定 本人 引越し業者の選び方には、タウンページや検索エンジンで調べる方法があります。どちらも情報量が多いため、比較したあとで複数の業者から見積もりをとっておくと、自分に適した引越し業者が見つかります。
粗大ごみの処分 市区町村の対応エリアに住んでいる方 粗大ごみの処分は、役所か不用品を回収している業者にお願いをします。市役所や区役所では処分できる品目が決まっており、業者の場合ほぼすべて回収が可能です。役所で処分をするときは、指定の持ち込み場所がありますので、必ずそちらに持って行きましょう。 自治体の回収日に間に合わない粗大ごみはどうすればいい?
荷造り 本人または業者 ダンボールやガムテープなど荷造りで必要なものを揃えておきます。引越し業者が無料で提供している場合もありますが、荷物の量が多いときは近くのスーパーやホームセンターで要らなくなったダンボールを貰っておきましょう。 プチプチなどの梱包資材はどこで購入できますか?
転出・転居届けを取得 本人、世帯主または代理人 引越し先が決まった時点で、市区町村役場で転出証明書を発行してもらいます。転出証明書は転居する際、必要になるため必ず引越す前に手続きを終わらせておきましょう。そして引越しをしてから14日以内に、市区町村役場で転居届を出せば引越し手続きが完了です。 転入届を代理人(恋人)にお願いする事はできますか?
印鑑登録証の廃止手続き 本人 引越しに伴い印鑑登録を廃止する場合は、すでに登録している印鑑と印鑑登録証をもって市区町村役場で手続きをおこなう必要があります。原則本人が手続きをおこないますが、委任状を持っていれば代理人でも廃止手続きは可能です。 旧住所の印鑑登録ですが、必ず廃止手続きしなければならない?
ペットの登録 飼い主 ペットを家族として迎え入れている場合、引越し先の市区町村に飼い犬の登録手続きをしておきましょう。その際、狂犬病予防を受けておく必要があります。登録対象は生後91日以上の犬なので、引越しをした際は忘れずに手続きを行うことが大切です。 犬の登録変更は引越し後何日までにしなければならないの?
郵便物の転送手続き 本人 郵便物の転送サービスを受けるためには、現在住んでいる地域の郵便窓口に転居届を出す必要があります。サービスの期限は1年間で、旧住所に届いた郵便物を無料で新しい住所先に送ってくれます。お近くに郵便局がない場合は、インターネットでも手続き可能です。 前住んでいた人の郵便物が届きます。どうしたらいいですか?
NHKの住所変更 契約者本人 NHKの住所変更はインターネットで簡単におこなえます。転居日や氏名、住所など必要事項を記入して送信すれば手続きは完了します。引越しにともない、支払い方法を変更したい時も住所変更と合わせておこなうことができますので、一緒にしておくと便利です。
携帯電話の住所変更 契約者本人 携帯電話の住所変更はとても簡単です。パソコン、または携帯から加入している携帯電話会社のホームページへいき、手続き変更ページで必要事項を入力するだけです。手数料などは一切かからず、24時間受け付けているので引越しで忙しい人にも便利です。
各種契約の住所変更 契約者本人 インターネットを使用している方は、プロバイダへの住所変更もしておきましょう。請求書の送付やプラン変更、またはお得なサービスの情報を受け取るためにも変更手続きは必要です。契約しているプロバイダのカスタマーサポートで変更手続きを受け付けています。
水道の停止依頼 契約者本人 引越しをする3〜4日前には、使用停止の手続きを行います。管轄する水道局のお客様センターで手続きをおこなうか、インターネットでも大丈夫です。このとき、お客様番号が必要になるため、事前に検針票か領収証などを用意しておくとスムーズに手続きが完了します。
ガスの停止依頼 契約者本人 ガスの停止には、ガス会社の係員立会いのもとガス栓を閉める決まりがあるため、事前に予約が必要です。係員が当日、検針を行い未払い分の計算をしてくれます。引越し当日に慌てることが無いように、必ず引越し日の2〜3日前に申し込みをおこなっておきましょう。
電気の停止依頼 契約者本人 引越し日が決まったらなるべく早く電力会社に使用停止の申し込みをしておきましょう。インターネットまたはカスタマーセンターで手続きがおこなえます。この時、お客様番号がわからなければ手続きをおこなうことが出来ないので、電力会社に問い合わせておく必要があります。
挨拶品の準備 本人 引越しのマナーとして、旧住所のご近所の方やお世話になった方、また引越し先のご近所の方に挨拶品をおくりましょう。ブランド品などの高価なものより500円から1000円程度のものが、相手に気を使わせないという点でもおすすめです。日用消耗品やお菓子などオーソドックスなものが人気です。 引越しの挨拶に「そば」を渡すのは間違っていますか?
ご近所への挨拶 本人 あいさつをする範囲は、マンションでも一戸建てでも隣り合う住戸にしておくのが一般的です。マンションに引越す場合、上の階のや下の階の方に挨拶をしておくと、騒音のトラブルなどがおきにくいといったケースもあります。ご近所付き合いとして良い関係を築くためにも、挨拶は丁寧にしておくといいでしょう。 引越しの転居の挨拶はがきの差出日はいつにすれば良い?

引越し前日のチェックリスト表

やること 対象者 説明 Q&Aをチェック
洗濯機の水抜き 本人 洗濯機と排水ホースの間には水が溜まっているので、洗濯機を移動するときは水抜きが必要です。まず、水道の蛇口を閉めて、そのままの状態で電源をオンにします。洗濯コースは選ばず脱水コースを選択しスタートさせると、溜まっていた水が排水されます。 洗濯機の水抜きはどうやったらいいですか?
冷蔵庫の搬出準備 本人 重たい冷蔵庫を移動させるためにも、中身は極力減らしておくのが一番です。もし、中身が残っているときは、クーラーボックスを利用すれば大丈夫です。引越しの前日に電源をオフにして、霜を溶かしておきましょう。これをしないでそのままトラックに積み込むと、床が水浸しになる可能性があります。
ダンボールの数を確認 本人 引越し当日に荷物がないという事態を避けるためにも、ダンボールに必ず数字をつけておきましょう。各部屋ごとに通し番号をつけておくと、引越し後もスムーズに運びだせるといったメリットがあります。また、ダンボール箱の数をあらかじめ決めておくのもおすすめです。要らなくなったものは不用品回収にまわして、必要なものだけを運び出せば費用も安く抑えられます。 ダンボールの組み立ては布テープ・クラフトテープのどちらが良いでしょうか
旧居の掃除 本人 旧居の掃除は、敷金が戻ってくるかこないかに関わってきます。バストイレ、キッチン、床など出来るだけ綺麗にしておくことで、敷金の返金額が高くなります。引越し前は時間があまりないという方も多いのですが、荷造りと同時に行うと楽になります。 不用品の処分は専門の回収業者か引越し業者どちらの頼むのがよい?

引越し当日のチェックリスト表

やること 対象者 説明 Q&Aをチェック
引越し料金の支払い 契約者本人 引越し費用の支払いは、荷物の運び出しなどがすべて終わったあとで手渡しで渡すのが一般的です。もちろん業者によって、口座振り込みやカード払いなどもありますので、事前に確認をしておきましょう。当日手渡しの場合は、封筒に入れて用意しておくと手間取らないのでおすすめです。 引越し料金ってクレジットカードで払えますか?
ガス開栓の立会い 本人または代理人 事前に指定した日時に、ガス会社の係員がくるので必ず立合う必要があります。ガスの開栓作業は室内で行われるため、立会人がいなければ完了することが出来ないからです。本人以外でも代理人の方がいれば作業はできますので、当日都合が悪い方は代理人の方にお願いしましょう。 引越しで都市ガスからプロパンガスに変わります。どのくらい料金が高くなる?
旧居の鍵の返却 契約者本人 引越し作業がすべて終わったら大家さんに鍵を返却します。自宅近くに大家さんが住んでいる場合は、物件の明け渡しと鍵の返却のために呼びに行きます。遠方にいる場合は、引越し前に連絡をして当日現場に来てもらうように手配をしておきましょう。

引越し後14日以内のチェックリスト表

やること 対象者 説明 Q&Aをチェック
転入届 本人、世帯主、代理人 住民票移動のために、引越しをした日から14日以内に市区町村役場の窓口へいき、転入届をだす必要があります。このとき、転出証明書が必ず必要になるので、旧住所の市区町村役場で発行してもらいましょう。 引越し後に住民票の移動を忘れました。罰則などありますか?
印鑑登録 本人または代理人 印鑑登録は、現在お住まいの市区町村役場の窓口でおこなえます。他にも区役所出張所でも手続き可能です。
国民健康保険加入手続き 本人または代理人 引越しで住所が変わるときは、旧住所の役場で保険証を返納しているため、新住所で国民健康保険の加入手続きをする必要があります。現在お住まいの役場で交付手続きが行えるので、転入届と一緒に国民健康保険の加入手続きもしておきましょう。
国民年金住所変更 本人または代理人 国民年金は、引越しをしたら必ず住所変更をする必要があり、市区町村役場で手続がおこなえます。年金の給付をしっかりと受けるためにも、手続きを忘れないことが大切です。
転校手続き 保護者 小学生・中学生のいるご家庭では、引越しをする旨を担任の先生に知らせておく必要があります。そのあと、在学証明書と教科書給与証明書の受領がおこなわれたら、教育費の清算もしておきます。転校する学校に転校届(転学届)を提出すれば転校手続きが完了します。 新宿区の転入転居助成制度を受けたいのですがどうすれば良い?
運転免許証の住所変更 本人 免許の更新連絡などは、運転免許所に記載されている住所に通知されるため、引越しで住所が変更するときは手続きが必要です。また、運転免許所は身分証明書として使われることが多いので、早めに手続きをしておくと安心です。 親の車を引越し先に持っていく場合、住所・名義変更は必要?

不用品・粗大ごみの処分方法

家具・家電などの粗大ゴミ

引越しで荷作りをはじめると、粗大ゴミや不用品がどうしても出てきてしまいます。
処分方法がわからないからそのまま新居に運ぶという方もいますが、これでは新居に物があふれかえってしまいます。引越しは、要らなくなったものを一気に処分できるチャンスです。

今まで使われずに放置していたものや、家電や家具など買い替えを考えているなら、その場で処分して新居での生活をすっきりとした空間でスタートさせるのがおすすめです。

廃品回収で処分する方法

廃品回収は再生可能な資源をリサイクル目的で回収することをいいます。多くは自治体で回収している事が多く、ご家庭で出た最大の辺または径が30cmを超えるもの、あるいは棒状で1mを超えるゴミがあった場合、粗大ごみ受付センターに申し込みをおこない、ゴミ処理券(ゴミ処理手数料券)を購入します。費用は種類別で決められており、各市区町村の粗大ゴミ処理手数料一覧で確認することが可能です。

粗大ごみ受付センターでは、申し込みができないものもあります。処分対象品が決められており、たとえば有害な薬品やガスボンベ、消化器など危険で処分が困難なものは収集することが出来ません。

また、特別管理一般廃棄物など毒性や感染症、または人体の健康を脅かすもの、爆発性のあるものは必ず特別管理産業廃棄物処理業者へ依頼しなければなりません。あくまでも一般家庭の中で出た粗大ゴミが対象となっておりますので、必ず処分対象品目を確認してから申し込みをしましょう。

通常のゴミの場合は、プラスチックやビンなど決められた曜日に廃棄するだけです。費用は通常のゴミ処理と変わらないので、ゴミの種類を確認してから収集スケジュールに合わせて廃棄します。家電製品や精密機器など家電リサイクル法で対象となっているものを除く大型のゴミは、自治体によって回収方法や費用が異なります。種類別で金額が決められている場合もあれば、重さで金額が決まっている地域もあります。

そして、エアコンや冷蔵庫などの家電リサイクル法で回収してもらえないゴミはどうすればいいのでしょうか。家電リサイクル法により、今まで家庭で出されてきた一般廃棄物などの粗大ゴミが各市町村で収集することが出来なくなりました。

中でも家電製品は、ガラスや金属なと有用な資源でありながら、固く重たいため処分に手間がかかり市町村で対応することが難しいのが現状です。そのため埋め立てをして処分されていました。

ここで、有用な資源を廃棄しない目的で作られたのが、家電リサイクル法です。冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、エアコン、テレビ、衣類乾燥機は対象項目となり、一般廃棄物として埋め立てが出来ないため、指定取引所に持ち込む必要があります。

自治体に持ち込む場合は、行政サービスということもあり誰でも安心して利用することができます。上手にゴミを処分することで、新居に要らないものを運ぶ必要がなくなるため、引越し費用が安くなるメリットもあります。

廃品回収で処分する方法

新しい商品がどんどん販売されている中で、新製品に押し出される形で要らなくなったアイテムもたくさん出てしまいます。要らないものが沢山でてしまった時におすすめなのが、不用品回収業者の利用です。不用品回収業者では、大量に出てしまったゴミでも処分や回収をおこなってくれます。

また、家電リサイクル法やPCリサイクル法で処分する際、自治体でおこなうと費用がかかってしまいますが、不用品回収業者では無料引取サービスもおこなわれているため、費用がかからない場合があります。

それだけではなく、不用品の中には買取ってもらえるものもあり、高価買取の期待もできます。まだまだ使えるものだったり、人気の商品は処分するのはもったいないですよね。回収業者ではリサイクルを目的として買取を行い、転売するという方法をとっているため、ただ処分をするという事ではありません。ゴミを出さずに環境に優しくリサイクルができ、臨時収入を得ることができるのですから、まさに一石二鳥です。また、回収品目が多いのもメリットです。

自治体で不用品の処分をおこな雨場合、どうしても処分対象品が設けられているなど厳密なルールがあります。ですが、不用品回収業者では回収品目が幅広く、自治体で受付てくれなかったものでも対応してくれます。

メリットが一杯ある回収業者ですが、もちろん廃棄物処理法を無視した不法投棄や無許可営業など悪質な業者がいないとは言い切れません。悪質な業者に依頼をしないためにも、まずは口コミの検索や見積もりを出して比べて見ることが大切です。

サービス内容が充実していることや、費用が抑えられていること、また不用品が多くなるとトラックで出張にきてもらうため出張料金が発生するのか、トラックの使用料がかかるのかも確かめておきましょう。

多くの業者では無料出張サービスやトラックの費用を負担してくれるところが多いです。依頼方法も簡単で、処分したい品目や数、訪問日を伝えれば当日に業者が来てくれます。これらはすべてネットを使えば簡単におこなえます。 場所や時間を選ばないため、じっくりと検討することが可能です。

要らなくなったものをすべて処分し、またお金に変えるチャンスなので、不用品があまりにも多くでてしまった方や費用を出来るだけ安く抑えたい方におすすめです。

引越し業者に依頼して処分する方法

長期出張や急な転勤などで引越しを慌てておこなわなければならない場合、不用品を回収する業者探しや、指定引取場所まで粗大ゴミの処分をする時間がないなどの理由で不用品が処分できないケースがあります。こんな時は、引越し業者がおこなっているサービスを利用するのも手です。

無料で引取ってくれるものもあれば、有料となる場合もありますので確認が必要です。
また、どの引越し業者でも行っているわけではありません。 見積もりの際に確認をすることが大切です。生ゴミや仏壇、危険物など引越し業者では処分ができないものもありますので注意が必要です。

訪問見積もりにはワケがある!失敗しない引越し業者の選び方

優良で信頼できる業者を選びましょう。

トラブル最大の回避策「訪問見積もり」

訪問見積もり

ネット見積もりで比較して、ある程度引越し業者に目星をつけることができたら、実際に引越し業者に来てもらって訪問見積もりをして貰うことをオススメします。

ネットでの見積もりは、あくまでも概算の金額です。単身で荷物も少ないという方はネットのみでも問題ない場合もありますが、立地や建物の構造でも引越し料金が変わってくる場合があります。

また訪問見積もりすることで悪徳業者を見極めることもでき、
・見積もりトラブル
・家具の破損トラブル
といったことも防ぐことが可能です。

単身でも荷物が多い方や、家族でお引越しをされる方は訪問見積もりをして貰いましょう。

第1章 悪徳業者の見抜き方

引越し業者のトラックのナンバーが白だった

トラックナンバー

引越し業者のトラックのナンバープレートの色で悪徳業者かどうかが判断できるって知っていましたか?

通常引越し業者のナンバープレートの色は緑色の一般貨物自動車運送事業者用のプレートか黒色の貨物軽自動車運送業事業者用のプレートのどちらかです。

それ以外の黄色や白色のナンバー等は陸運局より許可の下りていない業者となり違法という扱いになります。(※但し、陸運局の許可がおりている場合は白ナンバーでも問題はありません。その際、許可証を保持しているはずですので提示して貰って下さい。)

尚、違法な引越し業者を利用した場合、その業者による物損や紛失等のトラブルは補償を受けることができません。さらに違法な引越し業者を利用すると利用した側も違法となり罰せられてしまうので注意しましょう。

内金・手付金を要求してくる

内金・手付金を要求してくる悪徳業者

手付金・予約金などは、国土交通省が定める「標準引越運送約款」に基づき原則、禁止されています。

悪徳業者は「手付金」「予約金」「仮契約金」等、当り前のように請求し、引越し前に依頼者側から料金の一部を受けとることで、キャンセルのしづらい状況を作る場合がありますので気をつけましょう。

「引越し運送約款」を提示しない

引越し運送約款

国土交通省が出している「標準引越運送約款」というものがあります。

これは引越し業者が見積もり時に必ず提示する義務があります。

約款には一部下記のような内容が記載されています。

  • 見積もりは、基本無料
  • 内金・手付金は払わなくてもOK
  • 引越しのキャンセルは、2日前までならキャンセル料は無料。
  • 引渡し日から3ヶ月以内は、引越し業者に過失がなかったと証明できない限り、
    荷物の紛失や、き損については補償される

その他にも記載されてありますので見積もり時に引越し業者が提示する約款を確認しておきましょう。

第2章 見積もりの罠に要注意!重要チェックポイント

見積書か契約書か確認しましょう!

見積書と契約書を確認する

まず始めに確認しておくべき部分はこの書類が「見積もり書」なのか「契約書」なのかと言う点です。

見積もり書を受け取ったらまずこの部分を確認しておきましょう。もし契約書となれば、キャンセルすると解約ということになりますので、キャンセル料が発生する場合も考えられるので注意しましょう。

国民生活センターでは複数の引越し業者から見積もりを取ることを勧めています。もしまだ踏み切れなく迷っている場合は、即決は避け引越し業者にその旨を伝えた後、複数の引越し業者の見積もりと比較することで判断しましょう!

トラックのサイズ・作業員の数

トラック

作業員の数とトラックのサイズ・台数は見積もり金額が決まる上でとても比重が大きい事項です。概算の見積もりを出すのに基本となる事項ですのでよく説明を受け、複数の業者を比較するときも上記の事項に相違が無いか確認しておきましょう。

他には作業時間、立地、様々な条件やオプションの有無によって総額費用が算出されます。また、仮にトラックのサイズを小さめに設定されていた場合でもよく内容を確認して下さい。

特に条件で「積みきり」となっていた場合は要注意です。「積みきり」とは、トラックに積めるだけの量と言う意味なので、もし積みきれずに追加で運んで貰う場合は追加費用が発生してしまい割高になる可能性があります。事前に詳しい相談をしておくことをオススメします。

引越し日、時間、積み下ろし地を確認しましょう!

荷下ろし地

次に引越し日と積み降ろし場所もチェックです。積み降ろし場所が複数ある場合は見積もり書の記載に漏れがないか確認をして下さい。またこの際に合わせてトラックの到着時刻や作業終了時間も聞いておくと後々安心です。

引越し業者によっては料金を少しでも安くする為にフリー便の金額にしておくところもあります。複数の引越し業者の見積もりを比較する際には必ず条件を同じにした状態にしないと正確に金額を比較できませんのでご注意下さい。

オプション作業とは

オプション作業

引越しの基本料金には、搬入・輸送・積み降ろしといった引越しの基本作業が含まれ、それ以外の作業がオプションとなります。引越し業者やプランによっては家具の梱包やセッティングは基本内容に含まれない場合もありますのできちんと確認しておきましょう。

荷造り、梱包、電気工事等を依頼した場合、オプションの欄に記載されます。オプション欄には自分が依頼したもののみ記載されてあるか等きちんと確認しましょう。また追加費用は引越し業者によって異なりますので、サービスの有無や料金など、見積もり時に確認しておくと良いでしょう。

総額費用

書類を見て困る人

見積もり書で最も目を引くのが総額費用だと思います。しかしその総額費用が本当にお得かどうかなど正しく比較する為には上記のように諸条件を同じにしていなければなりません。また上記条件以外でも、費用の総額には消費税は含まれているか?等も合わせて確認をしておくとよいでしょう。

尚、支払い方法については、大半の引越し業者で現金となっています。また多くの引越し業者では後払いでの精算はあまりないため、後払いに必然的になるクレジットカードでの支払いを希望する場合は事前に確認しておきましょう。

見積もりトラブルの回避策「訪問見積もり」

訪問見積もり

見積もりのトラブルとして見積もり時の金額と違ったということがあります。その原因としてネットだと、荷物の量を少なめに記入する傾向があり、それによって引越しの当日、トラックに積みきれなくなったり、さらに、「家の前にトラックがつけられない」や「エレベーターがない」などで、追加料金を求められることもあります。見積もりトラブルを防ぐ方法の一つとして「訪問見積もり」をして貰ってから、最終判断されることをオススメします。

また訪問見積もりをして貰う事で見積もり金額のトラブルを防ぐだけでなく、あらかじめ引越し業者に建物やエレベーターなどを下見して貰うことができるので、建物などを保護する養生を使用する必要があるのかなども判断して貰え、見積もり以外のトラブルも同時に防ぐことが出来ます。

第3章 破損&紛失トラブルに遭う前に

事例1 搬送後、液晶テレビの画面が破損していた

液晶テレビの画面が破損

最近のテレビはブラウン管ではなく液晶が主流となっています。液晶テレビは画面が割れやすく、引越し時の振動で破損が起こりやすいデリケートな荷物の一つです。標準引越運送約款では、荷物の破損等については引越し業者が注意を怠らなかったことを証明しない限り、損害賠償の責任が発生することになっています。

液晶テレビ専用のダンボールを用意している引越し業者もありますので、見積もり時に確認しておくと良いでしょう。

事例2 ドラム式洗濯機を運んでもらったが、引越し時の振動でドラムが破損し、後で弁償してもらった

引越し時の振動でドラムが破損

最近増えているのが「ドラム式洗濯機の破損事故」です。ドラム式洗濯機は専用の輸送用ボルト(ネジ)を装着して搬送しないと、振動でドラムが破損する場合があります。

荷物にドラム式洗濯機がある場合は、見積もり時に引越し業者に伝え、必要であれば当該固定部品を販売店で手配しておくと良いでしょう。また、搬送する際も当該部品で固定されていることを確認しましょう。

事例3 ノートパソコンの搬送後、電源を入れると画面に黒い線が入るようになった

ノートパソコンの故障

ノートパソコンも液晶テレビと同じく壊れやすい精密機械の一つです。ですが、電化製品等の内部故障(パソコンのデータ等)については補償が効きません。後で問題が起こっても後悔しないよう、大事なデータは必ずバックアップを取っておきましょう。

パソコン専用の梱包サービスを用意している引越し業者もありますので、見積もり時に確認しておくと良いでしょう。

事例4 引越しをした半年後に、荷物を紛失していることに気が付いた

荷物の紛失

標準引越運送約款では、荷物の紛失や破損について「荷物の引渡し日から3ヶ月以内に引越し業者に通知しない限り、責任が消滅する」と記載されています。

荷物の確認は引越し作業の前後に作業員とともに確実に行うようにしましょう。

事例5 作業スタッフが日雇いなどの派遣スタッフばかりだった

作業スタッフが日雇いなどの派遣スタッフ

引越し業者によっては繁忙期になると人員不足になり、日雇いや派遣スタッフを使う場合が多くなります。しかし、こういった外部のスタッフの比率が高まると、トラブルが起きる確立が高くなってしまうのも事実です。
引越しをスムーズに行うためにも、見積もり時にスタッフや補償などについて確認をしておくと良いでしょう。

※日雇いや派遣スタッフを使っている業者は違法ではありません。

引越し業者が加入する損害保険

カメラが破損

搬送中の交通事故や荷物の破損・紛失など、万が一起こりえるトラブルに対応するため、引越し業者が損害保険に加入しているかどうか見積もり時に確認しておくと良いでしょう。

このとき「見積もりの中に保険料が含まれているか」「見積もり書に保険会社や内容がきちんと記載されているか」「掛け金はいくらで、どの程度の補償なのか」なども確認しておくと良いでしょう。また、自社保険を採用している引越し業者もありますので、補償に関する詳細を説明してもらいましょう。

破損&紛失トラブルの回避策「訪問見積もり」

訪問見積もり

このように、荷物の破損・紛失トラブルが万が一発生した場合にも、慌てず対応出来るように、事前に引越し業者から補償について確認しておく事が重要です。

ネットでの見積もりだけでは補償について確認することが難しいため、訪問見積もりをお願いして、各業者から保険内容や補償などの細かい部分をしっかりと説明してもらいましょう。

料金の安さだけでなく、優良で信頼出来る引越し業者を選びましょう。

各市町村で行う住所変更手続き

役所の窓口で手続きをする親子

新しい新居への引越しはドキドキわくわくする一大イベントですが、住所が変わるとさまざまな手続きの変更が求められるので大変です。

慣れている方は手順や必要なもの、届け出る場所などがすぐに分かりますが、初めて引越しをする方や以前引越したのが数年も前だという方は、何から始めていいのか分からないという事もあります。

ライフラインの変更手続きと違って、市区町村役場で届け出をする必要があるものは聞き慣れない書類の名前などもあるため、記入漏れや持って行くものを忘れないために、しっかりと調べてから手続きをおこなうと安心です。

各市区町村で行う住所変更手続きを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

印鑑登録

印鑑登録というのは、実印のことです。簡単にいうと「自分だけの印鑑」として正式に登録をしているハンコです。

重要な手続きの際に必ず必要になるのが印鑑登録で、財産にかかる大切なものですから、手続きも慎重におこなう必要があります。

印鑑登録は現在住んでいる地域の役場で登録をするのですが、引越しをして住所が変わると、以前登録されていた印鑑登録が抹消されてしまいます。
そのため、引越しをしたら印鑑登録の手続きもしておきましょう。

朱肉

現在、口座振替やクレジットカードによる支払いをしている場合は、新居で使用する水道が同じ水道局であれば、そのまま支払いをすることが可能です。

手間がかからないうえ、確実に支払いを済ませることができます。

手続きの方法は、まず役場に転出届を出した際、旧住所で登録していた印鑑登録カードを返しておきます。そして新しい住所の役場で、再登録の手続きをおこないます。このとき提出期限などはありませんが、転入届を出す際に一緒に印鑑登録もおこなっておけば、手間が省けるので便利です。

どんな印鑑でも登録できるわけではなく、できないものもあるので以下の一覧をチェックしておきましょう。

登録できない印鑑の特徴

  • ハンコに朱肉をつけ、紙に押したときに文字の判読ができないもの、また鮮明ではないもの
  • 機械で大量生産されている三文判
  • 印鑑の一部が摩滅していたり欠けているもの
  • ゴム印やシャチハダなどのプラスチックで劣化や変形がしやすいもの
  • 職業や資格など、他の事項なども表しているもの
  • すでに第3者が登録しているもの
  • 印影の大きさが8mmの正方形枠内に入るものや25mmの正方形枠をこえてしまうもの

原則、本人が直接来丁しておこないますが、理由があって来られない場合は代理人でも大丈夫です。申請をする本人が自署した委任状があれば問題ないので、印鑑登録申請書と登録する印鑑を受付課に持って申請をおこないましょう。

本人が手続きをする時に必要な持ち物は、顔写真入りの身分証明書と登録する印鑑の2つです。手続きが完了すると「印鑑登録証」が発行されます。

このときにかかる手数料は、印鑑登録の申請で200円〜500円、印鑑証明書の発行で200円〜400円、印鑑の再登録で150円〜300円、印鑑登録証・カードの再発行で350円〜600円です。

お住まいの地域によって手数料が異なりますので、事前に確認をしておきましょう。

国民健康保険

私たちは、事故に遭ってケガをしたり病気になったときに、速やかに医療を受けられるように国民健康保険に加入しています。職場で健康保険に加入している人以外は、必ず市町村で行っている国民健康保険に加入しなければいけないことになっています。

健康診断

国民健康保険は市町村ごとで管理がなされているため、他の市町村へ引越しをすると喪失してしまいます。

同じ市町村内で引越しをするときは、住所変更の手続きをするだけで大丈夫ですが、それ以外のときは転出証明書を発行してもらったときに保険証を返納することになります。

そして、新しい住所の地域で転入届を出す際に、保険所の交付手続きも一緒にしておきます。ここでの手続き方法は、まず旧住所での手続きと新住所での手続きの両方が必要になります。旧住所では、本人か委任状がある代理人が市区町村役場で届け出をします。

必要なものは保険証と印鑑です。転出届をするときに一緒に返納すると手間が省けるのでおすすめです。

次は新住所での手続きですが、こちらも本人か代理人が役場でおこないます。必要なものは転出証明書と印鑑で、引越しをしてから14日以内に加入手続きをしておきましょう。

万が一、国民健康保険の加入手続きが遅れてしまったときは、その期間の保険料もさかのぼって計算されますので、注意が必要です。

引越し先でケガや病気になってしまった時に保険証の手続きが出来ていないと困ったことになりますので、早めに手続きを済ませておきましょう。

ペット

小鳥やハムスターなどの小動物は対象外ですが、犬については市区町村で登録手続きが必要です。

登録がされれば鑑札が交付されるのですが、これらが守られていないと20万円以下の罰金または科料の罰則があるので飼い主は必ずおこなっておきましょう。

ペットの子犬

引越しをして新しい住所に変更したら、飼い犬の登録変更手続きをおこなう必要があります。
飼い主が新しい住所の市区町村役場か保健所へいき、引越しから30日以内に手続きを終わらせておきます。

必要なものは旧住所で交付された犬の鑑札と、印鑑、狂犬病予防注射済証の3つです。

新しい鑑札を交付するのに手数料はかかりませんが、もし飼い犬の鑑札を失くしてしまったというときは、再交付として1600円がかかります。

旧住所での手続きはありません。

また、引越し先でペットを飼ったときは、30日以内に市区町村役場で登録をするという義務が設けられています。対象は生後91日以上の犬で、登録料は3,000円です。

一度登録をすませておけば、犬が生きている限り一生有効で更新料金なども一切ありません。また国から指定動物に指定されているペットを飼っている方は、市区町村役場ではなく都道府県の管轄になるため、新しい住所先の都道府県にある動物保護センターなどで確認をしておきましょう。

児童手当

児童手当とは、行政が7歳未満の子どものいる保護者に対して支給してくれる制度のことです。

実は児童手当は原則「申請主義」です。そのため、申請手続きをこちらからしないと支給されることはありません。
ここで気をつけたいのが、すでに申請をして支給されているから大丈夫と考え、引越し時にそのままにしてしまうことです。

引越しをすると住所が変わるため、児童手当も再申請をしておかなければなりません。再申請をそのまま忘れてしまうと、支給されないので貰い損ねてしまいます。忘れずに申請するためにも、転入届を出すタイミングで一緒に手続きをおこなっておきましょう。

市区町村によって異なりますが、郵送での受け付けもしてくれるところがあるので、役場が少し離れたところにある方や理由があってなかなか出向けないという方におすすめです。

楽しそうな子ども

同じ市区町村に引越す場合は住所変更の手続きだけになりますが、他の市区町村へ引越される場合は、児童手当受給事由消滅届を出す必要があります。
児童手当受給事由消滅届を提出すると、課税証明書または所得証明書が発行されるので失くさないようにしっかりと保管しておきましょう。

届け出をする人は養育者で、市区町村役場でおこないます。必要なものは、課税証明書または所得証明書、印鑑、振込銀行口座番号、厚生年金または国民年金の記号、番号です。

手数料は無料で、新しい住所に引越しをした日から15日以内におこなっておきましょう。

ガスの引越し手続き

ガスを用いた家庭料理

全国の家庭で使われているガスは、都市ガス(東京ガス等)かLPガス(プロパンガス)になります。

引越しに伴い、現在使っているガス会社から他のガス会社へと移る場合、お持ちのガス機器が使用可能かどうか確認する必要があります。

都市ガスは地下に埋められたガス管を経て供給され、LPガスはボンベから直接供給されます。このように供給方法が異なるため、変更が伴う場合は必ずガス会社に連絡をしておきましょう。

引越し日までの料金の精算方法

引越しをして引き払うお部屋のガス料金は、引越しをする日までの料金を日割り計算をして算出されます。清算の方法には以下の3つがあるので確認しておきましょう。

現地清算

引越しをする当日にガス会社の係員がきて未払い分の計算をし、その場で現金で支払う方法が現地清算です。現地清算では、事前に予約をする必要があるので、ガス料金の支払いを忘れていたなどのうっかり忘れを防止できるメリットがあります。

ただし、引越しシーズンのときは混みあってしまうため、なかなか予約がとれないこともあるので注意が必要です。

口座振替

現在、口座振替やクレジットカードによる支払いをしている場合では、そのままガス料金が支払える場合があります。使用停止することをガス会社に連絡するときに、一緒に確認をしておくと安心です。

請求書での精算

ガス会社に上記の情報を伝えると、引越し当日に係員が自宅まで来てくれます。

このときの注意点として、ガスのメーターが室外にあるときは本人立会いの必要がありませんが、室内にある場合は立会いが求められます。

都市ガス

旧住所の閉栓手続き

都市ガスの使用中止手続きは、まずは電話かホームページでガス会社に連絡をし、必要な情報を伝えれば手続きは終了です。

都市ガスの閉栓手続きで必要な情報

  • 契約者氏名
  • 現住所
  • お客さま番号(検針票・領収書をご確認ください)
  • お電話番号(携帯電話可)
  • ご使用中止の希望日
  • ご訪問希望時間帯(現地清算をされる方のみ)
  • 新居の住所とお電話番号(携帯電話可)

ガス会社に上記の情報を伝えると、引越し当日に係員が自宅まで来てくれます。

このときの注意点として、ガスのメーターが室外にあるときは本人立会いの必要がありませんが、室内にある場合は立会いが求められます。

新居の開栓手続き

新居でガスを使用するには、必ずガス会社の係員が立会いのもと、開栓してもらう必要があります。そのため、立会いをしてもらう日に予約をとっておきましょう。

現地に係員がきたら、ガスの支払い方法から注意事項までしっかりと説明をしてもらえます。不明な点や疑問点があれば質問をして解消しておきましょう。

ガスはお風呂や台所で使用するものなので、新居で快適な生活をおくるためにも、早めに使用開始手続きをおこなうことが賢明です。

LPガス

旧住所の閉栓手続き

LPガスの使用停止方法は、引越し日にガスの配給停止作業がおこなわれ、利用日数に応じたLPガス代金の清算がおこなわれます。

まずは、ガス会社に電話かインターネットで申し込みをします。その際に書きの情報が必要になりますので確認をしておきましょう。

都市ガスの閉栓手続きで必要な情報

  • 契約者氏名
  • お客さま番号(検針票のガスご使用量・ご請求予定金額に記載されています。
  • ガスのご使用を中止される場所の住所・電話番号(お引越しの場合、現住所・お電話番号)
  • お電話番号(携帯電話可)
  • ご使用中止の希望日
  • 料金のご精算方法
  • 新居の住所とお電話番号

上記の申し込みが完了したら、使用中止の希望日に係員が訪問し、LPガスの使用中止のための作業がおこなわれます。

新居の開栓手続き

当日、指定した時間にガス会社の係員が訪問して、開栓手続きがおこなわれます。

係員が住宅の中に入ってガス漏れ点検、点火確認をおこなうので、手続きをするときは必ず本人または代理人が立会う必要があります。

作業は、ガス機器とガスの種類を合わせる必要があるため、使用するガス機器を係員に伝えておくとスムーズに作業がすすみます。手持ちのガス機器がLPガス対応かどうか分からないという方でも、係員が利用可能かどうかをすべて確認をしてくれるので安心です。

すべての作業が終わったら、作業終了のサインまたは印鑑をおして完了です。

ガス自由化について

ガス自由化は、電力自由化が実現するよりも早い段階で進められていたのをご存じでしょうか?大手から中小の都市ガス会社が、自由化を進めてきました。

当初は大口利用者が対象でしたが、その後少しずつ小口利用者にも販売価格を自由に設定できるようになりました。2007年にはガスの小売り自由化が完全に完了し、ガスの流通や調達が小売だけではなく自由競争を推し進める市場構造が作りだされています。

2007年のガス事業制度改革では、2003年のガス事業制度改革に係る検討結果を踏まえ、自由化範囲の拡大にあたり、供給者選択の仕組みが実効的に機能するよう、自由化範囲の担保方法、託送供給制度の充実・強化、自由化領域の顧客に対する供給義務のあり方の仕組みの整備、新規の導管設置による利益阻害性判断基準等に係る対応について審議がなされ、同年4月より小売自由化の範囲を年間契約ガス使用量が10万m3以上の需要家まで拡大しました。

引用元:ガス事業制度 │ 資源エネルギー庁

国内だけではなく海外からガスを輸入できるのは大手ガス会社だけですが、輸入した一部のガスは地方のガス会社にもまわる仕組みになっています。

そうすることで、安い価格で調達することが可能になり、利用する側にもメリットが生まれるのです。

水道の住所変更

キッチンのシンク

引越しが決まれば、水道の使用停止また使用開始の手続きをおこないましょう。同一都道府県内での手続き方法と他の都道府県へ引越しをする手続き方法は多少異なります。二度手間にならないためにもしっかりと確認をしておきましょう。

また、使用停止や開始の手続きがおこなわれていない場合、旧居から請求書が届いたり、新居でスムーズに生活がおくれないなどのトラブルにもなり兼ねません。

手続き方法はいたって簡単ですので、早めにおこなうのが一番です。

引越し日までの料金の精算方法

前回のメーター検針日から、引越し当日まで使用した分を日割り計算して支払うことになります。

清算方法は以下の通りになります。

その場で清算する

引越しをする当日に、水道局の係員に自宅まできてもらい、その場でメーターを確認して料金の清算をしてもらいます。引越し当日ということもあり、時間に余裕を持たせて申し込みをする必要があります。

そのためにも、必ず事前に予約をいれて日時の確認をしておきましょう。その場ですぐに清算が完了するため、時間も手間もかかりません。

口座振替で支払う

現在、口座振替やクレジットカードによる支払いをしている場合は、新居で使用する水道が同じ水道局であれば、そのまま支払いをすることが可能です。

手間がかからないうえ、確実に支払いを済ませることができます。

クレジットカードで支払う

クレジットカード会社を通して後払いをすることが出来ます。

ただし水道局によっては、使用中止に伴う日割り計算での清算の場合、クレジットカードが適用されない場合もありますので、窓口へ問い合わせをするか訪問に来た係員に相談をしてください。

納入通知書での支払い

納入通知書とは請求書のことです。支払い金額と支払い場所などが記載されていますので、案内に沿って清算をします。

遠方への引越しなのか、同じ地域内での引越しなのかで清算方法を選ぶことができますので、時間と手間を考えたうえで自身にあった清算方法を選びましょう。

旧住所の中止手続き

水道の使用停止手続きは、電話またインターネットでおこなうことができます。電話では受付時間が決められていますがインターネットの場合、各水道局のホームページで24時間受け付けているため、気づいた時にさっと手続きをすることが出来て便利です。

引越しをする日から3〜4日前には水道局のお客様センター、またはインターネット受付窓口まで連絡をして、手続きを済ませておきましょう。

もし手続きをし忘れてしまった場合、引越しをした後で旧居に新しい住人がきて水道を使用すると、その使用料の請求書がご自身に届いてしまいます。こうなると、いつからどこまで誰が使用したのか料金の区別をつけることが難しくなるため、必ず忘れずにおこないましょう。

また、誰も入居しなかった場合でも、基本料金の請求書がとどいてしまいますので、注意が必要です。多くの水道局では、引越し予定日から30日前から使用停止の受付をおこなっています。
余裕をもって連絡をしておくと安心です。

必要な情報

  • 契約者氏名
  • 現在使用されている水道のお客様番号(分からない場合は窓口へ連絡する)
  • 引越しの日時
  • 精算方法(現地精算、口座振替、納入通知のいずれかを決めておく)
  • 現在の住所
  • 新居の住所
  • 電話番号

新居の開始手続き

水道の使用開始は電話、FAX、郵送、インターネットで手続きをおこなうことができます。また、玄関などに水道使用申込書がつるされているご家庭は、必要な項目をすべて記入して郵便局に投函するだけで手続きをすることも可能です。

引越しをしても水道局が変わらない場合は、使用停止の際に開始手続きも合わせておこなうことができますが、水道局が変わる場合は引越しの5日前に引越し先で管轄している水道局に連絡をしておきます。
都合があり引越しが延期、中止になった場合も必ずその旨を伝えておきます。

新居で水道を使用する場合、まずはやらなければならない事があります。入居者がいない住居では、水道営業所の係員が水抜栓で止めているため、まずは開栓をする必要があります。

ご自身で簡単におこなうことが出来ますが、寒さが厳しい地域では凍結による水道管の破裂や漏水を防ぐために元栓から閉栓している場合があり、こちらに限っては水道営業所の係員がおこなう作業になりますので、使い始める5日前に連絡をしておくと希望日時に係員が自宅まできてくれます。

基本的に立会いの必要はありませんが、まれに家の中に水道のメーターがあると、外から確認をすることが出来ないため、この場合は本人立会いが必要になります。
これらの手続きをしておけば、新居でスムーズに水道を使用することができます。

必要な情報

  • 契約者氏名
  • 現在使用されている水道のお客様番号(分からない場合は窓口へ連絡する)
  • 現在の住所
  • 新居の住所
  • 電話番号

運転免許など自動車・バイク関連

自動車運転免許証

引越しに伴う手続きの中で、早めにおこなっておきたいのが自動車、バイクの登録住所変更手続きです。

更新通知のハガキが届かない、身分証明書として認められないといったトラブルを招いてしまう前に、自動車とバイクの登録住所変更手続きを忘れないようにおこなっておきましょう。

必要書類や申請場所、また必要条件などを確認しておけば滞りなく手続きをすることができます。

運転免許の住所変更

住所が変わるとき、役所でしなければいけない手続きは沢山ありますが、その一つに運転免許所があります。

変更手続きを忘れていても免許証が無効になるわけではありませんが、本人確認証として使用している方は他の手続きがおこなえなくなる可能性もあるため、運転免許証記載事項変更届を申請しておきましょう。

手続き場所は、手数料不要で管轄の警察署か運転免許センターでおこなえます。申請をする際に必要な書類は、同一都道府県内でも他都道府県から転入した場合でも同じです。

都道府県から転入した場合、免許所を新しく作りかえる必要があるため6ヶ月以内に撮影された写真(3cm×2.4cm)が必要になります。事前に準備しておかなければいけない事もあるため、手続き前に確認をしておきましょう。

必要書類

  • 印鑑
  • 6ヶ月以内に発行された住民票や新住所が記載された保険証など、新しい住所を確認できるもの
  • 運転免許証記載事項変更届
  • 運転免許証

上記を提出すると、免許所の裏面の備考欄に変更した新しい住所が記載され、手続きが完了します。

車庫証明の住所変更

車を購入すると、車の保管場所を確保していますよと証明する書面が必要になります。これを車庫証明書というのですが、交付を受けるために管轄の警察署で申請を行います。

引越しで住所の変更をしなければいけないの?と疑問に思ってしまいがちなのが車庫証明書です。法律では、居住地が変わると車検証の住所変更が求められます。

これは義務付けされているものなので必ず行う必要があるのですが、その時に必要なのが車庫証明書です。そのため、車を保管している場所が変われば、車庫を変更しますよという手続きが必要になります。

車庫証明申請前の必要条件

  • 車を使用している本拠地から保管場所が2キロメートル以内であること
  • 保管場所は自動車全体を収容することができ、道路への出入りが支障なく行えること
  • 車を所有している方が保管場所を使用する権利を保有していること

手続きに必要な費用

住所変更などで申請書を提出する際、手数料が必要になります。管轄する地域によって異なりますが、2,100円前後が一般的です。
また、交付される際にかかる手数料は500円程かかる場合がありますので、窓口で確認をしておきましょう。

自分の土地や建物で保管をしている場合と、月極め駐車場で保管している場合では申請書類が異なります。どちらも必要なのは、自動車保管場所証明申請書、保管場所の所在図・配置図、保管場所標章交付申請書です。

自分の土地や建物で保管する場合、保管場所使用権原疎明書面(自認書)がプラス必要になります。月極め駐車場に保管する場合は、保管場所使用承諾証明書、もしくは駐車場の賃貸借契約書の写しが必要になります。
必要事項にすべて記入をし、申請を行い交付されれば完了です。

自動車登録の住所変更

自動車登録の住所変更手続きの方法や手順、必要な書類など全体像をつかんでおくと、スムーズに手続きがおこなえます。また、自動車の登録変更手続きは法律で義務付けられているので、忘れないようにしましょう。

この手続きは、所有者と使用者、また代行サービス(行政書士)にお願いする場合で必要書類が異なります。

ここで大事なのは誰が手続きをおこなうかという事ではなく、所有している人物と使用している人物が同じであるかそうでないかで、それぞれ条件にあった書類を用意することです。

所有者と使用者が異なり、使用者の住所を変更する場合

  • 車検証
  • 使用者の車庫証明書(発行から1ヵ月以内)
  • 使用者の委任状(必ず使用者の押印が必要)
  • 所有者の委任状(必ず所有者の押印が必要)
  • 使用者の住民票(発行から3ヵ月以内)

所有者と使用者が同一人物の場合

  • 車庫証明書(発行から1ヵ月以内)
  • 車検証
  • 使用者の委任状(必ず使用者の押印が必要)
  • 委任状(必ず所有者の押印が必要)
  • 住民票(発行から3ヵ月以内)

所有者と使用者が異なり、所有者の住所変更をする場合

※所有者と使用者が同一人物と同じ

住所の変更をおこなうと、変更登録手数料が350円、申請書類代が100円、ナンバープレート代が1,500円(変動あり)になります。この時、代行サービスを利用するとその費用もプラスされます。

当日は運輸支局で見本を確認しながら漏れのないように必要項目を記入します。 その後、手数料の支払いを済ませたらナンバープレートを返納し、書類一式を運輸支局窓口へと持っていきます。不備がなければ車検証が交付されますので、申告書と自動車税の3つを合わせて税事務所へ提出します。

そして新しいナンバーが交付されますので、最後に封印をおこない住所変更が完了します。

バイク

原付バイクの変更手続き

原付バイクの住所変更をおこなうときは、下記のものが必要になります。

  • ナンバープレート
  • 印鑑
  • 標識交付申請書
  • 標識交付証明書
  • 身分証明書

住所変更がおこなえる場所は、ナンバーを管轄している市区町村役場になります。引越し先が同一市町村の場合は、役場手続きではなく電話連絡で手続きが可能な場合もありますので一度問い合わせてみましょう。

原付バイクの住所変更は、代理人でも可能です。 この場合、委任状は必要ありません。

軽二輪(126cc〜250cc)の変更手続き

軽二輪(126cc〜250cc)の住所変更をおこなうときは、下記のものが必要になります。

  • 車検証
  • 住民票
  • 印鑑
  • 自賠責保険証明書
  • 申請書
  • 手数料納付書
  • 軽自動車申告書
  • 委任状
  • ナンバープレート

住所変更をおこなう場所はナンバープレートを管轄している陸運局になります。引越しに伴い管轄地域も変更する場合は、ナンバープレートの変更手数料として600円が必要です。

住民票の住所変更手続き

住民票

引越しをしたらまずやっておきたいのが、住民票の住所変更手続きです。住民票を移す手続き方法やタイミングがわからないという人は意外と多いかもしれません。

引越し前から荷造りやネット設備からガス、水道…など引越し日までにしておかなければならない手続きが多く、忙しくなります。もちろん、各種手続きが必要なのは人によって違いますが、住民票の手続きは誰でも必ず必要なものです。

ここでは、手続きはどこで行うの?必要なものはなに?いつまでに終わらせておくの?などをわかりやすく説明していきます。

引越しをしてから、手続き漏れでハッとしないように、変更手続きのタイミングから必要なものが何かをチェックして早めに済ませてしまいましょう。

同一の市区町村内への転居する場合の届出

同一の市区町村へ引越しをするときは、転居届(住民異動届)の手続きを行う必要があります。市区町村で、手続きの内容が多少異なることがあるので、一度確認をしておきましょう。

引越し前

事前手続きは不要です。

同じ市区町村で転居するときは、事前の手続きは必要ありません。引越し前は部屋の解約手続きや不用品の処分、梱包作業が本格化するときです。そのため、忙しくてついうっかり忘れてしまった、という事態は少なくありません。

同一市町村の場合は、事前手続きは必要ありませんが、住民票の住所の変更手続きはとても重要なことなので、最優先で考えておくのが賢明です。 生活に欠かせないライフラインの不備や、新居で気持ち良く生活をおくるためにもチェックリストを作って計画的に引越しの準備をしておきましょう。

引越し後

引越し完了後、14日以内におこないます。

引越しが完了したら転居届を出すために、市町村役場の窓口サービス課や出張所へいきましょう。届ける人は本人か世帯主ときまっているので、本人確認ができる身分証を忘れずに持って行きます。

必要なものは印鑑、国民健康保険被保険者証、住民基本台帳カード、外国人住民の方は特別永住者証明書か在留カードが必要です。どうしても本人または世帯主が行けない場合は、代理人がおこないます。

その時は、代理人による申請のための委任状と代理人自身の本人確認ができる証明証、そして印鑑が必要になります。提出期限は引越しをしてから14日以内です。

ただし例外もあり、生活の拠点が異動しない場合や転居先に住むのが1年未満の場合は市区町村によって手続き方法が異なり、事前の確認が必要です。

他の市区町村内への転居する場合の届出

他の市区町村に引越しをするときは、引越し前に転出届の手続きが必要です。どうして引越しの前に必要なのかというと、事前に手続きをしておいた「転出証明書」が転入届(手続きをするときに必要になるからです。

引越し前

転出届が必要です。

引越し先が決まったら転出届の手続きをするために、今現在住んでいる地域の市区町村役場へ行きましょう。手続きは本人、世帯主がおこないますが、代理人でも可能です。

必要な書類は、運転免許証やパスポートなどの身分を証明できるもの、印鑑、そして返納する必要がある国民健康保険証です。代理人がおこなう場合は、本人または世帯主の委任状を持って行きましょう。

提出期限は新しい住所が決まっていればいつでもおこなうことが出来ますが、14日前からしか受け付けをおこなっていない市区町村役場もあるため、電話で確認をとっておくと安心です。基本的には、引越し日の1週間から2週間前に終わらせておくのが理想です。

なお、転出届は郵送でも手続きがとれるので、市区町村役場のホームページから必要書類を印刷し、本人確認書類などのコピーを添付して郵送すれば3〜7日で証明書が届くようになっています。

ただし、役場の窓口では不備があったときはその場で確認をしてくれるのですが、郵送の場合はそれができないため、記入間違いや漏れがないか、また印鑑の押し忘れがないかなど細心の注意を払っておきましょう。

万が一、うっかり忘れてしまった、忙しくて役場へ行けなかったなどの理由で期限を過ぎてしまった場合は、その日のうちに転出届を提出する必要があります。引越しの準備で忙しいときや引越し先が遠いときは、時間的に手続きが難しく、かなりのハードスケジュールになる可能があります。

転出届をしないまま引越しをした場合、引越し先での手続きが一切できなくなるため、引越し前に終わらせることが出来るようにスケジュール管理をしっかりとしておくのがいいでしょう。

引越し後

転出届などの必要書類を確認しましょう。

引越したあとは、引越し前に発行してもらった転出証明書をもって、引越し先の市区町村役場で転入届の手続きをします。こちらも転出届と同様に、本人か世帯主か代理人(必ず委任状が必要です)がおこないます。

必要なものは、転出証明書、本人確認のための書類(代理人も必要)、印鑑、加入している方は国民年金手帳や国民健康保険も持って行きましょう。提出期限は引越し後14日以内です。

転入届は郵送ではおこなうことが出来ないので、必ず本人か世帯主、代理人が役場で転入の届け出をしてください。転入届には特例もあります。

通常は上記の方法でおこないますが、住民基本台帳カードを持っている方は、転出届をこのカードを使っておこなう事ができるので、転出証明書の発行なしでも転出と転入ができるようになっています。

手続きが出来る人や提出期限のルールは変わりませんが、住民基本台帳カードを利用する場合はあらかじめ市区町村役場に申請をする必要があります。

住民票の移転手続きを忘れてしまった場合

住民票の移転(転入・転居届)の手続きを忘れてしまった場合、過料というかたちで罰則を受ける可能性があります。

これは、住民票の手続きは住民基本台帳法で引越しをした日から14日以内と決められているため、期限を過ぎてしまうと住民基本台帳法違反となってしまうからです。 過料として最高5万円の支払いを科せられるので、期限を過ぎないように注意しましょう。

ですが悪質だと認められない場合に限り、数カ月程度であれば罰則のお金を納めなくて良いケースもあるので、過度に心配をする必要はありません。 しっかりとした事前の準備と確認をして、スムーズな手続きを心がけましょう。

住民票の記載情報

住民票には、名前や生年月日、住所などの基本事項から、国民健康保険などの個別事項が記載されています。
具体的には以下の通りになります。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 世帯主の氏名及び世帯主との続柄
  • 戸籍の表示
  • 住民となった年月日
  • 住所及び転居したときは、その住所を定めた年月日
  • 届出の年月日及び従前の住所

住所は生活の拠点地として、団地やアパート名、部屋の番号まで記載されています。そのため、引越しをしたら必ず変更手続きをしておきます。

手続きを怠ると、転送サービスや自治体のサービスの利用ができなくなったり、選挙の投票券が届かないといったトラブルがおこってしまいますので注意が必要です。

住民票の変更時にやっておくと便利なこと

住所変更に関わらず、その他手続が必要となります。その際に、「住民票の写し」の提出が必要となるケースが多々ありますので、申請時に「住民票の写し」の交付を受けておくとあとあと、便利です。

住民票の交付を行う際は、「戸籍の附票」も同時に取得しておくと便利です。自動車の名義変更など、住民票では証明できない際に、戸籍の附表が必要になることがあります。

戸籍の附表は本籍地の役所のみでの発行となりますので他府県へ引越しをする場合は、転居前に取得しておきましょう。

住民票が必要となる手続き一覧

手続き一覧 申請場所 その他に必要なもの
運転免許証 運転免許試験場、運転免許センター、警察署 写真、卒業証明書
転校書類の手配 市区町村の役場 転入学通知書、在学証明書、教科用図書給与証明書
国民年金の手続き 市区町村の役場 国民年金手帳
国民健康保険の手続き 市区町村の役場 銀行口座の印鑑、転出証明書、身分証明書
印鑑登録 市区町村の役場 登録する実印、免許証などの本人であることを証明できるもの
福祉・医療・手当関係の手続き 市区町村の役場 保険証や身体障害者手帳、年金証書などの本人確認証明書
パスポート パスポートセンター 一般旅券発給申請書、戸籍抄本または戸籍謄本、写真、本人確認のための書類

大型家電・家具のみの引越しの料金相場と安く運べるおすすめの方法

大型家電・家具のみの引越しの料金相場と安く運べるおすすめの方法 「大型の家具・家電だけ運びたいけど、どのくらいの費用がかかるのだろう?」 「家具家電のみの引越しを安く安全に運べるおすすめの方法はなんだろう?」 と考えている人も多いのではないでしょうか。 大型の家具・家電のみ業者に依頼する場合、単身用の冷蔵庫を運ぶと6,116円〜程度の費用がかかります。

この料金は、荷物の大きさや数、運ぶ距離によって変動するため、人によって一番安い引越し方法がかわります。

そこで、この記事では、大型の家具・家電のみを運ぶ場合の料金について詳しく紹介をしていきます。 また、荷物量や引越し条件別におすすめの引っ越し方法の紹介もしているので、家具・家電のみ運びたいと考えている人は、最適な方法を見つけるのに役立てて下さい。

大型家具・家電のみの引越し料金相場

大型家具・家電のみの引越し料金相場 大型の家具・家電のみを運ぶ場合の引越し料金相場を紹介していきます。 ここでは、以下の家具・家電を運んだ場合の料金を紹介していきます。
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • テレビ
  • ベッド
  • ソファ
以下で詳しく料金を紹介していきます。

冷蔵庫のみの引越し料金

冷蔵庫のみを業者に依頼して引越しする料金目安を紹介していきます。 大型の家具・家電の配送を取り扱う業者に冷蔵庫のみを依頼した場合の料金目安は以下の通りです。
単身用冷蔵庫 家庭用冷蔵庫
同一市内・近隣都道府県 7,535円 16,555円
500km(東京大阪間程度) 8,855円 19,525円

※掲載している料金は目安です。市場環境により変動しますので参考としてお考え下さい。

単身用冷蔵庫を同一市内・近隣都道府県に運んだ場合7,535円、500kmの引越しでは8,855円が料金目安です。 家庭用冷蔵庫の場合は、同一市内・近隣都道府県程度の距離で16,555円、500kmの引越しでは19,525円が料金目安です。 荷物が少ない単身引越しの費用相場が5〜2月の通常期で35,000円、3,4月の繁忙期で52,000円程度なので、冷蔵庫のみを業者に依頼することで安く引越しができます。 大型の家具・家電のみ配送してもらえる業者は、この記事内の「1.家電のみ運べる配送業者を利用する」で詳しく紹介をしています。

洗濯機のみの引越し料金

洗濯機のみを業者に依頼して引越しする料金目安を紹介していきます。 大型の家具・家電の配送を取り扱う業者に洗濯機のみを依頼した場合の料金目安は以下の通りです。
全自動洗濯機 ドラム式洗濯機
同一市内・近隣都道府県 7,535円 7,535円
500km(東京大阪間程度) 8,855円 8,855円

※掲載している料金は目安です。市場環境により変動しますので参考としてお考え下さい。

全自動洗濯機を同一市内・近隣都道府県に運んだ場合7,535円、500kmの引越しでは8,855円が料金目安です。 ドラム式洗濯機も同じ料金です。 荷物が少ない単身引越しの費用相場が5〜2月の通常期で35,000円、3,4月の繁忙期で52,000円程度なので、洗濯機のみを業者に依頼することで安く引越しができます。 大型の家具・家電のみ配送してもらえる業者は、この記事内の「1.家電のみ運べる配送業者を利用する」で詳しく紹介をしています。

テレビのみの引越し料金

テレビのみを業者に依頼して引越しする料金目安を紹介していきます。 大型の家具・家電の配送を取り扱う業者にテレビのみを依頼した場合の料金目安は以下の通りです。
32インチTV(160サイズ) 43インチ(190サイズ)
同一市内・近隣都道府県 3,190円 4,400円
500km(東京大阪間程度) 3,410円 5,390円

※掲載している料金は目安です。市場環境により変動しますので参考としてお考え下さい。

3辺の合計が160cm程度の32インチテレビを同一市内・近隣都道府県に運んだ場合3,190円、500kmの引越しでは3,410円が料金目安です。 3辺の合計が190cm程度の43インチテレビを同一市内・近隣都道府県に運んだ場合4,400円、500kmの引越しでは5,390円が料金目安です。 大型の家具・家電のみ配送してもらえる業者は、この記事内の「1.家電のみ運べる配送業者を利用する」で詳しく紹介をしています。

ベッドのみの引越し料金

ベッドのみを業者に依頼して引越しする料金目安を紹介していきます。 大型の家具・家電の配送を取り扱う業者にベッドのみを依頼した場合の料金目安は以下の通りです。
シングルベッド(簡易型) ダブルベッド
同一市内・近隣都道府県 16,555円 23,375円
500km(東京大阪間程度) 19,525円 26,345円

※掲載している料金は目安です。市場環境により変動しますので参考としてお考え下さい。

簡易型のシングルベッドを同一市内・近隣都道府県に運んだ場合16,555円、500kmの引越しでは19,525円が料金目安です。 ダブルベッドの場合は、同一市内・近隣都道府県程度の距離で23,375円、500kmの引越しでは26,345円が料金目安です。 荷物が少ない単身引越しの費用相場が5〜2月の通常期で35,000円、3,4月の繁忙期で52,000円程度なので、ベッドのみを業者に依頼することで安く引越しができます。 ベッドサイズの大きさになると、料金や総合的な手間を考えると引越し業者への依頼のほうが良かったという場合も出てくると思います。 ベッドの引越しを検討している人は、引越し業者への依頼も含めて引越し方法を検討をするのが良いでしょう。 この記事内の「大型の家具・家電を安く運べる4つのおすすめの方法」では、大型の家具・家電を運ぶおすすめの方法を紹介しているので参考にしてみて下さい。

ソファのみの引越し料金

ソファのみを業者に依頼して引越しする料金目安を紹介していきます。 大型の家具・家電の配送を取り扱う業者にソファのみを依頼した場合の料金目安は以下の通りです。
2人掛けソファ カウチソファ
同一市内・近隣都道府県 10,945円 23,375円
500km(東京大阪間程度) 12,375円 34,265円

※掲載している料金は目安です。市場環境により変動しますので参考としてお考え下さい。

2人掛けのソファを同一市内・近隣都道府県に運んだ場合10,945円、500kmの引越しでは12,375円が料金目安です。 カウチソファの場合は、同一市内・近隣都道府県程度の距離で23,375円500kmの引越しでは34,265円が料金目安です。 荷物が少ない単身引越しの費用相場が5〜2月の通常期で35,000円、3,4月の繁忙期で52,000円程度なので、ベッドのみを業者に依頼することで安く引越しができます。 カウチソファサイズの大きさになると、ダブルベッドを超えるサイズになるため、料金が高くなってきます。 できるだけ安くソファを運びたい場合は、引越し業者の見積もりと比較して決めたほうが良いでしょう。 以下では、大型の家具家電を安く運べる4つの方法を紹介しています。 大型の家具・家電が2個以上ある場合には、引越し業者の専門プランを使ったほうが安くなる場合もあるので、自分の荷物量にあった引越し方法を見つけるのに役立ててください。

大型の家具・家電を安く運べる4つのおすすめの方法

大型の家具・家電を安く運べる4つのおすすめの方法 大型の家具・家電を安く運べるおすすめの方法を紹介します。 ここまでは、家具・家電を1個単位で運ぶ場合の料金を紹介してきましたが、大型の荷物が2個以上ある場合は他の方法が安くなる場合があります。 また、自分で運べるという人の場合は、レンタカーや赤帽を利用することで安くできるため、自分で運ぶ方法も含めて安くなる方法を紹介していきます。 大型の家具・家電を安く運べる4つのおすすめの方法を比較したものが以下の表です。
引越し方法 おすすめの人 料金目安 荷物量の目安
家電のみ運べる配送業者を利用 大型の家具・家電が2個以内の人 冷蔵庫1個:7,535円程度 冷蔵庫1個など家財単位
引越し業者の専門プランを利用 大型の家具・家電が3個以上の人 19,800円〜44,000円程度 冷蔵庫、洗濯機、エアコン、テレビなど
レンタカーを利用して自分で運ぶ 荷物を運んでくれる人を用意できる人 8,250円〜10,450円程度 冷蔵庫、洗濯機、エアコン、テレビなど
赤帽を利用 荷物を運ぶのが手伝える人 13,750円〜 冷蔵庫、洗濯機、エアコン、テレビなど

※掲載している料金・荷物量は目安です。市場環境などにより変動しますので参考としてお考え下さい。

大型の家具・家電が1〜2個程度の場合は、専門の配送業者に依頼するのが手軽で安い手段です。 大型の荷物が2個以上の場合は、引越し業者の専門プランを利用するほうが安くなってきます。 また、自分で荷物を運ぶのを手伝えるという人は、レンタカーを借りて友人や知人と荷物を運ぶ方法や、赤帽を利用する方法もおすすめです。 以下でそれぞれの方法と、業者・プランについて紹介をしているので、自分の引越し条件に合った一番良い方法を見つけるのに役立ててください。

1.家電のみ運べる配送業者を利用する

大型の家具・家電のみを運びたい場合にまず検討したいのが、大型の家具・家電専門の配送業者の利用です。 一般的な宅配便では大型の荷物の配送に対応していないため、冷蔵庫や洗濯機などを運びたい場合は専門のプランを利用する必要があります。 この大型家具・家電専門の配送サービスは、宅配便同様に荷物1個単位で料金が発生します。 冷蔵庫や洗濯機の場合は近隣都道府県への配送で1個当たり7,535円程度の送料がかかるため、どちらも運ぶ場合は15,070円必要です。 荷物単位で発生する料金体系のため、荷物の個数が増えれば増えるほど金額は高くなるため、基本的には1〜2個程度の荷物を送る場合におすすめです。 大型の家具・家電専門の配送サービスを利用するメリットは以下の3つです。
  • 荷物は自宅まで集荷にきてもらえる
  • スタッフが荷物を梱包してくれる
  • 任意で運送保険に加入ができる
荷物は専門スタッフが2名で自宅まで取りに来てくれ、梱包もしてくれるため、取外しなど最低限の準備をしておいけば自分で梱包や運び出しをする必要はありません。 また、少額の保険料で運送保険に加入することができるため、配送中に家財が壊れてしまった場合でも荷物の時価相当の補償を受けることができるので安心です。 以下では、具体的に大型家具・家電専門の配送業者・プランを紹介していきます。

ヤマトホームコンビニエンス「らくらく家財宅急便」

ヤマトホームコンビニエンスの「らくらく家財宅急便」は、大型の家具・家電専門の宅配サービスです。 宅急便のヤマト運輸のグループ会社による配送サービスのため経験も豊富で安心して利用頂けます。 らくらく家財宅急便では、荷物のサイズと運搬距離により料金が決まっています。 以下に家財例別の料金例をまとめています。
家財 サイズ(三辺合計) 料金(近隣都道府県以内) 料金(500km程度)
32型TV エアコン(室内機)など 160cmまで 3,190円 3,410円
タンス エアコン(室外機)など 200cmまで 4,400円 5,390円
洗濯機 単身用冷蔵庫など 250cmまで 7,535円 8,855円
2人掛けソファ 22インチ自転車など 300cmまで 10,945円 12,375円
シングルベッド 家庭用冷蔵庫など 350cmまで 16,555円 19,525円
ダブルベッドなど 400cmまで 23,375円 26,345円
カウチソファ―など 450cmまで 30,195円 34,265円

2021年5月時点での情報です。最新の情報は公式サイトをご確認下さい。

また、荷物の搬入出の際に以下の作業が発生するような家財の場合、追加料金で作業をしてもらうこともできます。
作業内容 料金
家具の分解 3,300円
家具の組み立て 4,950円
エアコン取り外し 8,800円
エアコン取り付け 13,200円
エアコン(取り付け+取り外し) 20,900円
テレビ配線取り付け 3,300円
DVD/HDD/BRプレーヤー配線取り付け 3,300円
アンテナ取り外し 5,500円
アンテナ取り付け 16,500円
照明取り外し 1,650円
照明取り付け 3,300円
ベッド分解 3,300円〜
ベッド組縦 3,300円〜
洗濯機取り外し 1,650円〜
洗濯機取付 3,300円〜

2021年5月時点での情報です。最新の情報は公式サイトをご確認下さい。

らくらく家財宅急便を利用したい場合は、18時までの事前予約で最短翌日の集荷をしてもらえます。 3〜4月の引越しシーズンの場合は、15時までの事前予約で最短翌々日の集荷が可能です。 混雑状況により最短の集荷ができないことがあるため、利用が決まったらすぐに予約をしておくのが良いでしょう。 荷物の到着は、最短で集荷日の翌日から7日後までの指定が可能です。 ただし、3〜4月の繁忙期や地域、荷物によっては数日遅れる場合があるため、到着日に希望がある場合は早めに日程を確認をしておきましょう。 また、らくらく家財宅急便では、任意で運送保険に加入することができます。 申告をした荷物の購入価格を元に現在の価値相当を算出してもらい保険料が決まります。 保険料は時価1万円あたり20円かかります。 例えば、20万円で購入した冷蔵庫の評価額が10万円だと判断された場合の保険料は200円です。 家財の評価額はヤマト運輸側の判断になりますが、一般的には購入してからの年数が経過しているほど評価額は下がります。 運送保険に加入していても故障の際は時価分の補償しか受けられない点については事前に注意をしておいたほうが良いでしょう。 らくらく家財急便の詳細や申し込みはヤマトホームコンビニエンス「らくらく家財宅急便」をご確認下さい。

2.引越し業者の専門プランを利用する

大型の家電・家具を配送したい場合に検討したいのが、引越し業者の専門プランの利用です。 引越し業者には、大型家具・家電専門の引越しプランを用意している業者があります。 また、大型家具・家電専門ではありませんが、単身引越しパックという単身者向けの引越しプランを使うことで安く家具・家電を運ぶことが可能です。 これらの専門プランは荷物単位ではなく、トラックやコンテナ単位での料金体系のため、荷物が3個以上あるような場合にはトータル料金が安くなる場合があります。 例えば、単身引越しパックの料金と積み込める荷物量の目安は以下の通りです。
荷物量の目安 料金目安(同都道府県) 料金目安(500km程度)
冷蔵庫+洗濯機 19,800円〜 28,600円〜
冷蔵庫+洗濯機+エアコン+テレビ 22,000円〜 34,100円〜

※掲載している料金・荷物量は目安です。市場環境などにより変動しますので参考としてお考え下さい。

大型の家具・家電が3個以上になってくると、専門の配送サービスを利用するよりも単身引越しパックのほうが安いケースが出てきます。 この単身引越しパックのコンテナに入らない大きさ・量の大型家具家電を運びたい場合は、引越し業者の専門プランの利用が必要になってきます。 以下では大型・家具家電を運べる引越し業者の専門プラン・単身引越しパックを紹介していきます。

アーク引越センター「大物限定プラン」

大手引越し業者であるアーク引越センターは、大型家具・家電専門のプランを提供しています。 引越し業者が対応してくれるため、荷物の荷造りや運び出し、壁やドアの養生など家屋保護までしっかりと対応してもらえます。 ベッドやソファなどの大型の家具がある場合、家具家電が3個以上ある場合は見積もりをとってもらい他の方法と比較するのがおすすめです。 アーク引越センター「大物限定プラン」の詳細は公式サイトで確認してみてください。

キタザワ引越センター「一発予約家財宅配便」

関東を中心に引越しをしているキタザワ引越センターでは、1個の大型家財から運べる「一発予約家財宅配便」を提供しています。 首都圏にお住まいの人であれば、当日引き取り・当日配達も可能なので、急いでいる人に最適です。 料金例として以下の目安が紹介されています。
家財 料金例
大型冷蔵庫 10,000円
シングルベッド 8,000円
自転車 8,000円

2021年5月時点での情報です。最新の情報は公式サイトをご確認下さい。

家財単体の配送料金が安く設定されているようなので、首都圏にお住いの場合は一度見積もりを依頼してみるのがおすすめです。 キタザワ引越センター「一発予約家財宅配便」の詳細や申し込は公式サイトをご確認ください。

日通の「単身パック」

大型家具・家電専門ではありませんが、日通の単身パックの利用もおすすめです。 単身パックでは滑車付きのコンテナに積み込めるだけ荷物を運べるため、複数の大型家電やダンボールを運ぶことが可能です。 日通の単身パックの料金と荷物量の目安は以下の通りです。
プラン 料金 荷物量の目安 横幅×奥行×高さ(cm) 容量(m3)
単身パックS 19,800円〜 冷蔵庫+洗濯機 108×74×155 1.23
単身パックL 22,000円〜 冷蔵庫+洗濯機+エアコン+テレビ 108×104×175 1.96

2021年5月時点での情報です。最新の情報は公式サイトをご確認下さい。

条件により割増料金が発生します。

単身パックSでは、冷蔵庫と洗濯機程度しか運べませんが、単身パックLだと、さらにエアコンやテレビ程度も運ぶことが可能です。 保険料も込みの金額なので、運送中の万が一の家財の故障の場合でも補償してもらえます。 また、インターネット割引や開始時間お任せ割引などを使うと上記の料金より割引をしてもらえます。
割引 割引内容
インターネット割引 パソコン、モバイル、スマートフォンから単身パックを申込むと、1件につき2,200円(税込)割引。
開始時間おまかせ割引 現住所でのお引越し作業開始時間を日通にお任せで、1ボックスにつき1,100円(税込)割引。

2021年5月時点での情報です。最新の情報は公式サイトをご確認下さい。

インターネットでの申し込みで、時間を日通におまかせする場合3,300円引きになるためお得に荷物を運べます。 大型家具・家電が2個以上運びたい人は検討をしてみてください。 日通の単身パックの詳細・申し込みは公式サイトから確認できます。

サカイ引越センター「小口便引越サービス」

大手引越し業者であるサカイ引越センターでは、大型・家具家電の専門サービスは提供していませんが、小口向けのプランを活用することができます。 サカイ引越センターの小口便引越しサービスは、単身者など家財の少ない人向けの単身引越しパックです。 大型の家具・家電を数点運ぶことが可能です。 ただし、近隣都道府県内への引越しは対応外のプランのため、長距離に大型の家具・家電を運びたいという人向けのプランです。 サカイ引越センターの「小口便引越サービス」の詳細確認・申し込みは公式サイトからできます。

3.レンタカーを利用して自分で運ぶ

近距離引越しで荷物を自分でも運んでも良いという人には、レンタカーを利用して自分で運ぶという方法もあります。 冷蔵庫や洗濯機などを1個程度運ぶだけであれば、専門の配送業者を利用したほうが安いですが、2個以上の場合はレンタカーを利用して運ぶ方法もおすすめです。 例えば、普通免許で運転可能なハイエースロングをニッポンレンタカーでレンタルした場合の料金は以下の通りです。
レンタル時間 料金
3時間まで 8,250円
6時間まで 10,450円
12時間まで 13,750円

2021年5月時点での情報です。最新の情報は公式サイトをご確認下さい。

ハイエースロングは積載可能な荷物量が多く、荷物が少ない引越しに使いやすい車です。 積み込める荷物量の目安は、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、テレビをのせても余裕があるほどです。 組み立て式のベッドやソファなども十分に積めるため、多くの荷物を運ぶことが可能です。 荷物を運んでくれる人を用意することができれば、非常に安く引越しをすることができます。 一方で、レンタカーを利用するデメリットもあります。
  • 荷物の補償がきかない
  • 家や家屋、車を傷つけた場合の補償がきかない

レンタカーを利用した自分で荷物を運ぶ場合の大きなデメリットは、万が一の際の補償がきかないということです。

大型の家具・家電は運ぶのが大変ため、落としてしまうことや、輸送中にぶつけてしまうという危険性があります。 その結果、大切な家財が壊れてしまったとしても誰も補償をしてくれません。

また、荷物を運んでいる最中に家やマンションの壁を壊してしまった場合も補償がききません。

引越し業者に依頼した場合であれば、こうした場合の補償は引越し業者がしてくれますが、自分で荷物を運ぶ場合はこうしたリスクを承知の上でやるにようにしましょう。

4.赤帽を利用する

レンタカー同様に近距離引越しで、自分で荷物を運ぶことを手伝える場合は赤帽を利用するのもおすすめです。 赤帽は、軽トラックや軽バンなどを利用して、荷物を運ぶお手伝いをしてくれます。 一般的な引越し業者とは違い、運転手兼作業員の1名と1台の軽トラックを手配する仕組みなので、大型の荷物を運ぶ場合自分も手伝う必要があります。 そのため、レンタカーで一緒に荷物を運んでくれる人が見つからない場合などに利用するのが良いでしょう。 赤帽の料金目安は以下の通りです。
2時間 3時間 4時間
20km以内 13,750円 17,050円 20,350円
50km以内 20,350円 23,650円 26,950円

掲載している料金は目安です。業者やエリア、居住条件・時期で変動するので参考としてお考え下さい。

赤帽の料金は時間と距離によって変わります。 例えば、2時間以内かつ20km以内の作業であれば、13,750円の料金が発生します。 距離や時間が増えれば増えるほど割高になるため、近距離かつ短時間で終わりそうな場合に利用を検討するのが良いでしょう。 また、赤帽が運べる荷物量の目安は、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、テレビをのせても余裕があります。 依頼する赤帽の車次第では、大きなベッドやソファが運べない場合もあるので、赤帽を利用と考えている場合は、お近くの赤帽に問い合わせをしてみましょう。 赤帽についての詳細は「赤帽の引越し料金相場と単身引越しを安くする方法」で詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。 ここまで、大型の家具・家電を運ぶおすすめの方法を紹介してきます。 思ったよりもお金かかるなとお悩みの人は、思い切って家具・家電を処分して買い替えるというのもおすすめです。 そこで、大型の家具・家電の買取や不用品処分について紹介をしていきます。

家具・家電を処分して買い替えるのもおすすめ

家具・家電を処分して買い替えるのもおすすめ 大型の家具家電の運送に悩まれている場合、処分や買取を依頼するという方法もおすすめです。 処分や買取をしてもらうことで、引越し費用を安くすることができます。 大型の家具・家電の処分方法はいくつか方法がありますが、おすすめなのは以下の3つです。
  • リサイクルショップや買取業者に買取を依頼する
  • 粗大ゴミとして処分をする
  • 家電の場合は購入したお店で回収を依頼する

大型の家具・家電の場合、処分をするのにも費用がかかります。

特に家電の場合はリサイクル料金や運搬料金が発生するため、数千円程度の処分費用が発生するのが一般的です。 そこで、まずは買取業者に買取可能か確認をしてみてください。 買取をしてもらえない場合でも0円で回収をしてもえる場合があります。 出張買取をしてくれるショップの例 また、ベッドやソファなどの家具はは粗大ごみとして処分できる場合があります。 自治体の粗大ごみ回収は自分で回収場所まで荷物を運ぶ必要がありますが、安く処分ができるためおすすめです。 料金については自治体により異なりますので、お近くの自治体の公式サイトをご確認ください。 また、買取で値段がつかず、処分費用が高くなりそうな場合は、購入したお店に回収を依頼する方法も検討してみましょう。 数千円のリサイクル料金に運搬費用で処分できます。 大型の家具・家電の場合、処分をするにも費用が発生するため、新居で使うか処分するか悩まれる場合も多いと思います。 処分費用が発生してしまうような場合は、処分費用を把握したうえで、新居に運ぶか処分するかを検討してみてください。

大型の家具・家電を運ぶ3つの注意点

大型の家具・家電を運ぶ3つの注意点 大型の家具・家電を処分せず新居に運ぶ場合には、いくつか注意しておきたい点があります。 安全に荷物を運ぶために知っておくべき内容なので、荷物を運ぶ前に必ずチェックをしておいてください。 大型の家具・家電を運ぶ際の注意点は以下の3点です。
  • 冷蔵庫の水抜きは前日までにする
  • 家具が解体できるか確認をしておく
  • 旧居・新居が傷つかないよう対策をする

冷蔵庫の水抜きは前日までにする

冷蔵庫を運びたい場合は、遅くとも前日までに水抜きをしておきましょう。 具体的には、前日には冷蔵庫の電源を切っておくことです。 この作業をしないと、冷蔵庫の運搬中に中に溜まった水がこぼれてしまい他の荷物を濡らしたり、故障の原因になるからです。 事前に電源を切っておくことで、霜が溶け、冷蔵庫からその水を抜くことができます。 その際、周りが水浸しになる恐れがあるため、周りにタオルを置いておくなどするとよいでしょう。 また、新しい冷蔵庫の場合は霜取り機能というものがついているものもあるため、対応機種の場合は蒸発皿にある霜を取り除ければ大丈夫です。 冷蔵庫の説明書を確認してみましょう。

家具が解体できるか確認をしておく

ベッドやソファなど大型の家具を運びたい場合は、事前に解体できるかを確認して、解体をしておく必要があります。 大きな家具の場合、解体をしないとトラックに積み込むことができない場合があるからです。 また、業者に依頼した場合に当日解体ができていないと、解体料金を別途請求されたり、運搬を断られる場合があります。 必ず、依頼時に事前に解体が必要かなどの確認をしておきましょう。

旧居・新居が傷つかないよう対策をする

引越し業者など、業者に依頼をする場合には心配する必要はありませんが、自分で運ぼうと考えている場合は、家などを傷つけないように注意する必要があります。 特に賃貸物件の場合、自分の部屋はもちろん、共有部分を傷つけてしまった場合には弁償をしなければならないことがあります。 共有部分の入り口やエレベーターなどに養生をして、傷がつかないような工夫をすることも検討すると良いでしょう。

まとめ

大型の家具・家電のみを引越しをする場合の料金と方法について紹介をしてきました。 家電のみ運びたい場合の料金は以下の通りです。
同一市内・近隣都道府県 500km(東京大阪間程度)
単身用冷蔵庫 7,535円 8,855円
家庭用冷蔵庫 16,555円 19,525円
全自動洗濯機 7,535円 8,855円
ドラム式洗濯機 7,535円 8,855円
32インチTV(160サイズ) 3,190円 3,410円
43インチ(190サイズ) 4,400円 5,390円
シングルベッド(簡易型) 16,555円 19,525円
ダブルベッド 23,375円 26,345円
2人掛けソファ 10,945円 12,375円
カウチソファ 23,375円 34,265円

※掲載している料金は目安です。市場環境により変動しますので参考としてお考え下さい。

運びたい荷物の大きさや量にあわせて以下の方法から最も自分に合った手段を見つけてみてください。
  • 大型の家具・家電専門の配送サービスを利用する
  • 引越し業者の専門プランを利用する
  • レンタカーを利用する
  • 赤帽を利用する
  • 荷物を処分して買い替える

廃車費用の料金相場

引越しの際、多くの荷物は業者に任せることができます。ダンボールに収めることができる小さなものから、横開き可能な専用トラックの特性を活かした、規模の大きい荷物まで、さまざまに運んでもらうことが可能です。しかし車に関しては、通常の荷物と同様に依頼することができません。ときには廃車の形で処理した方が、予算的に効率が良いケースもあるほどです。以下、そうした廃車時の情報について特集しました。

引越し時に廃車を利用するケース

まず一つに車を新居に移動させる方法としては、自分で乗って行く形が挙げられます。しかし遠方ともなると、運転が大変であったり、燃料や通行に関する費用がかさんでしまうため、結果的に大きな出費ともなりかねません。専門業者に任せることもできますが、この際もやはり費用を伴います。そこで役立つのが、出費を抑えることに繋がる廃車処理です。

とは言え、大事な車を引越しだけのために廃車処理する訳にもいきません。状況に合わせて、利用するようにしましょう。例えば、故障していて保管しているだけの状態や、ほとんど乗らない状況にある場合、また近々買い替えを検討しているケースなどです。すぐに乗らなくなるにもかかわらず、わざわざ高い費用を費やして輸送するのは、効率的ではありません。

車の廃車にかかる費用相場

まず、陸運局へ廃車手続きを行う際に専門業者、行政書士に依頼する費用として、2,000円から1万円、次に解体業者に引き取ってもらうための金額として1万円などがかかるため、結果的に2万円前後が平均相場と言えるでしょう。

その他、解体業者へ搬入する際、引取を依頼するか自分で持ち込むかや、車のサイズによっても変動が見られる形となります。

廃車手続きに関してポイントとなる書類

廃車手続きを申し出る際には、車検証に記載された住所に伴い、必要となる書類が違ってきます。書類が揃っていなければ、スムーズに手続きを済ませることができない場合も考えられるので、気を付けましょう。

主には、車検証の住所と現住所が違う場合にこうした必要性が生まれます。まず、車検証を取得してから1回住所変更を行っている際には「住民票」を、そして2回以上行っているときには「戸籍の付票」が必要となります。さらに戸籍の付票に直前住所の記載がない場合であれば、2回以上であっても住民票が合わせて必要になります。

費用を抑える方法とは

上記において廃車費用の相場をご紹介しましたが、実はほとんどの人が、廃車時に費用を伴っていません。それどころか、廃車することによりお金を手にしているケースも少なくない程です。そのため引越し時に廃車を検討するのであれば、引越し資金の足しにできるとさえ考えても良いのです。

理由としては、多くの場合中古業者に買取を行ってもらえるためです。また万が一中古販売できない程に破損が激しかったり、機能が整っていない場合であっても、スクラップ処理することで金属としての価値が生まれるため、この場合でも無料、もしくは買取の形で約1〜3万円ほどの代金を受け取ることにも繋げられます。

これらの理由から、廃車の形で処理して引越しに関する費用や手間を軽減する場合であっても、極力中古買取や買取代金の発生するスクラップ処理業者に任せることをおすすめします。

まとめ

車と言う大きな資産を廃棄するともなると、多額の費用を要する形も考えられることでしょう。しかし実際には、中古買取やスクラップ業者を活用することで、代金を受け取ることにも繋げられます。引越し費用における総額を浮かせることにも役立つため、この特長をうまく活用してみてはいかがでしょうか。

害虫駆除の見積もり相場

新しい家に引越す際、行っておくと良いものに害虫駆除が挙げられます。前回居住者が居たときから一定期間が過ぎている場合は、巣を作り繁殖しているケースも考えられるので、特に注意が必要です。以下は、そんな引越し時の害虫駆除に関する情報まとめとなります。相場を把握しておくことで、事前の予算準備に役立てられます。

害虫駆除で対象となる虫

住居に潜む害虫の中でもっとも代表的な種類と言えば、やはりゴキブリかと思われます。日本全国多くの地域に生息しており、また生命力、繁殖力の強さから、多くの住人を困らせる存在として有名です。

薬局、ホームセンター等の殺虫コーナーでは、広い面積をゴキブリ向けの対策用品が見受けられる程です。またその他には、蛾やクモ、ダニ、ノミなどもその一種に挙げることができます。

害虫には、刺したりウイルスを媒介するだけではなく、存在することで不快に感じられるものも含まれます。

そのため、家に入り込んでくる多くの虫は害虫と考えて問題無いでしょう。
しかし、虫と言ってもその特徴はさまざまです。

個人では簡単に駆除できないものから、駆除できたとしても、跡が残ることにより不快に感じられるものなどさまざまです。そこで役立つのが、業者による専門的な駆除方法となるのです。

害虫駆除における相場価格とは

業者やプラン、住宅の規模によっても異なりますが、平均相場としてはだいたい2万円前後の価格となっています。

お金に余裕のない人が一人暮らしへ向けた引越しを行う際には、少し負担にも感じられる額かもしれません。
しかし、後々に渡って効果の持続を期待できる場合もあるので、快適な生活を望むのであれば、欠かせない出費とも言えます。

また一部不動産会社においては、害虫駆除費用も契約料に含んでおり、別途の依頼が必要ないケースも存在します。

この場合、どうしても負担に感じる場合は、こうした契約内容を展開する業者を選ぶと良いでしょう。

有料である場合も、比較的割安に設定してくれることが少なくありません。

業者による害虫駆除の方法

もちろん駆除と言っても、個人で行うような市販のスプレー剤・ミスト剤などを用いたものではありません。

隅々まで業者ならではの用具でくまなく処理し、後々に渡り発生しにくくなるよう発生予防に関する作業も行ってくれます。

以下は、その一例となります。とは言え内容は業者によってさまざまなので、実際依頼する際には、あらかじめ確認しましょう。

例えば、ベイト剤と呼ばれるものを、屋内各所に仕掛ける方法です。
ゴキブリなどが好むエサに駆除剤を混ぜ込んだものとなっており、エサと間違えて摂取した虫を駆除する働きに期待が持てます。

含有される薬剤に関しては、厚生労働省に認可された安全なものが用いられるケースがほとんどであるため、健康面に関しても安心です。

次に、広範囲への駆除に役立つスプレー剤の噴霧です。
もちろん市販のものではなく、業者ならではの強力かつ安全なタイプが用いられます。

主にはじゅうたんや畳を言った、小さなダニなどの害虫駆除・予防に向けて使用する形となります。

また、手垢やカビ、細菌などの害虫がエサにするような存在の駆除も行ってくれます。
主には、ドアノブやトイレ、蛇口、キッチンの水まわりなどを、除菌処理する形となります。

直接的な害虫駆除ではありませんが、以降における害虫発生の予防に役立てられます。

まとめ

少しでも安く抑えたい引越し費用。しかし、快適な生活を考えるのであれば、害虫駆除に関する出費は決して高過ぎる金額ではありません。
プロならではの仕事で、より住み良い新居に仕上げてみてはいかがでしょうか。

引越しの作業員に最も求めることは何?

引越し業者を決める際、引越しの見積もり金額だけで判断してしまう方も多いのではないでしょうか。でも、気持ちの良い引越しをするためには、料金だけでなく、作業員の対応やスピード、サービスなども重要です。 では、引越しの作業員にみんなが求めていることは一体何でしょうか?そこで、「引越し作業員に最も求める事」についてアンケートをとってみました。

【質問】
引越し作業員に最も求める事は?

【回答数】
対応:62 スピード:14 清潔感:11 その他:13

グラフ

対応が良い作業員は仕事も丁寧?

今回のアンケートで、最も多く回答されたのが「対応」でした。みんなの意見は次のとおりです。

・「対応の仕方がきちんとできる人なら、作業もきちんとしてくれると思うからです。」 ・「やはり、人対人のことですので、余り無愛想なのは、気持ちよくないので・・。」 ・「何にでも臨機応変に対応できることは仕事にたいして丁寧だと思うので。」 ・「対応が悪いと大丈夫かなと心配になるし、会社も信用できなくなってしまうから。」

回答者の意見を見ると、「対応が良いと仕事が丁寧だと思う」という意見があり、逆に「対応が悪いと信頼ができない」など、対応次第で、仕事に対する信用度が大きく変動することが分かります。また、「無愛想だと気持ちよくない」と回答する方がいるなど、気持ちの良い引越しを実現するためには、作業員の対応が非常に重要になっていることが伺えます。

荷物を雑に扱わない丁寧さが大切!

次に、その他の回答ですが、見ている人はしっかり見ているんだと実感させられる結果となりました。

・「やっぱり靴下、靴、服装が汚いと、自分の荷物を触られたくないと感じてしまうため、清潔感が重要です。」 ・「計画があるので、とにかく引っ越しをスピーディに終わらせてほしいです。」 ・「荷物の丁寧な扱いを重視します。清潔感やスピードがあっても、荷物を乱暴に扱われては台無しなので。」 ・「家具や、部屋の壁や床に傷をつけられることがもっとも困るから、丁寧さが一番重要。」

清潔感と回答した人は、「汚れた服装で荷物に触られたくない」など、荷物を汚されてしまうのではないかと不安に思ってしまうようです。スピードを求める人は、「計画があるから」といった声があり、予定を壊されたくない気持ちがあることが伺えます。その他の意見の多くは仕事の丁寧さを求めており、理由の多くは、「荷物を乱暴に扱われたくない」など、仕事に慎重さを求めているようです。

引越し業者を決める際は、料金だけでなく対応の良さにも注目しよう

今回のアンケートでは「対応」という回答が多かったという結果になりました。「対応が良いと、仕事も丁寧そうだから任せられそう」といった声が多くあり、仕事の信頼度が増していることが分かりました。 引越し価格ガイドの提携業者は全国から厳選しておりますので安心してご利用いただけます。ランキングや口コミもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

<アンケート実施概要>
■調査地域:全国 ■調査対象:年齢不問・男女 ■調査期間:2014年10月14日〜10月24日 ■有効回答数:100サンプル

トイレの水漏れ修理の見積もり相場

住宅にて起こる設備不良の中でも、特に困らされるものとしてトイレの水漏れが挙げられます。トイレの床が水浸しになり、さらには部屋の方へも流れ出てくるかもしれません。それが汚水ともなると、とても不快です。今回は、そんな水漏れの修理に関する情報をご紹介します。引越し前、また新居でのトラブルにも迅速に対応できるよう、知識を得ておきましょう。

水漏れが起こりやすいケース

考えられる原因としては、いくつかの要素が考えられます。その中でも特に多く見られる事例としては、老朽化が挙げられます。パイプ素材の劣化や、接続パッキンの不良、汚れが蓄積することによる詰まりなど、さまざまです。そのため多くの場合は、引越し先ではなく旧住居においての発生となります。異常を確認した場合には、事前に修理しておくべきです。

なぜ引越すにもかかわらず、事前に修理を行っておくべきなのかと言えば、それは修繕費請求の発生、敷金返金の減額が主な理由となります。賃貸物件の設備不良は、多くの場合居住者の責任となるので、費用の負担を請求される可能性があるのです。いずれにせよ支払いが生じますが、個人で依頼して直す方が、安く修理できるケースがあります。そのため、事前に直しておくべきと言えるのです。

主な水漏れ箇所について

まず特に嫌な気分にさせられてしまうのが、便器からの水漏れです。上水ならまだしも、汚水が溢れ出し部屋へ流れ込むと、悪臭や室内汚れの発生などにも繋がります。掃除しても数日は臭いが残る可能性があるので、不快な気分にさせられがちです。老朽化の他、詰まりが原因となる箇所でもあるので、日頃からの手入れが大切です。

その他、タンク・給水管・ウォシュレットのホースやノズル、またパネルと言った箇所から漏れ出す場合もあります。これらの場合、便器以上に修理が難しくなるため、個人ではなかなか対応することができません。速やかに専門業者に連絡し、直してもらいましょう。

水漏れ修理の相場価格

修理箇所や水漏れ度合い、また便器のタイプなどにもよりますが、平均的な相場価格としては、約4,800円となっています。加えて、ケースに合わせてオプション料が追加される場合も少なくないので、費用を用意する際にはもう少し多めの額を考えておくと良いでしょう。決して安くはありませんが、故障をそのまま放置しておくと、トイレが使えなくなるだけでなく、空間生活にも支障を来しかねません。

引越しにより以後使わない場合であっても、相場価格以上の請求が発生する可能性もあります。その他、借りたものを返す際の礼儀としても、やはり故障を放置したままにしておくことは理想的と言えません。気持ちよく転居先における生活をスタートさせるためにも、修理を完了させておくことが望ましいと言えるでしょう。

トイレ修理時の注意点

業者によっては、状態に合わせてトイレそのものの交換をおすすめしてくるかもしれません。しかしそうなると、数万円、数十万円の出費に膨れ上がるケースも考えられます。引越しにより貸し主に返すことが目的であれば尚のこと、そこまでの出費は効率的でないと言えます。

業者としてはその方が儲けに繋がる場合もあるため、強く勧めるかもしれませんが、断る方が懸命です。押しに負けないよう、注意しましょう。また賃貸契約上、独自の設備交換が不可であるケースも少なくありません。

まとめ

トイレが使えなくなるだけでなく、不快な気持ちにもさせられてしまいがちな、トイレの水漏れ。生活する上で、また引越しで環境を離れる際においても、しっかり修理しておくことが望ましいと言えます。相場は決して高くないので、速やかな修繕を目指しましょう。

鍵開け作業の見積もり相場

新しい住居に引越したばかりの時期は、何かと慣れないことが少なくないかと思われます。居住空間そのものの他、周囲の街並や人付き合い、利用する公共施設など、さまざまなものが目新しい存在となります。そのため、新しいタイプとなった鍵も、つい置き忘れたり落としてしまったりしやすくなります。そんな万が一の際に備え、鍵開けに関する情報をご紹介したいと思います。

鍵開け作業とは

鍵を紛失してしまうと、その時点で家の中に入ることができなくなってしまいます。スペアキーを持っていたり、また家族や親しい人にスペアを預けている場合であれば問題ありませんが、それ以外のケースに関しては、困らされてしまいます。そうしたときに利用するのが、鍵開け作業を行ってくれる専門業者です。

そもそも、鍵を用いることなくドアを開けられるのであれば、それは犯罪行為にも繋がりかねません。しかし認可を得た鍵開け業者、プロの鍵師であれば、信頼を持ってまかせることができるのです。

鍵開けの種類に関して

一口に鍵と言っても、そのタイプはさまざまです。そのため業者も、それに合わせた作業において開けなくてはなりません。同時に、用いる技術や作業道具、人員が異なるため、料金も変動する場合があります。そのため費用を見積もる際には、開けてもらいたい鍵のタイプを調べた上で考えることが望ましいと言えます。

主な種類としては、一般的なタイプとして知られるシリンダー錠、そして防犯性に特化したディンプル錠、またその他、独自に設置された特殊形状のものなどが考えられます。また、紛失してしまうケースは家の鍵のみに限りません。車やバイク、ロッカー、金庫などにおいてもそれぞれのプランが設定されています。依頼の際には、こうした種類とプラン内容を照らし合わせて、費用を見積もるようにしましょう。

鍵開けに関する料金相場

料金の内約としては、作業料金と出張料金、そして部品代などが挙げられます。前述の通りケースはさまざまなので、一概に価格目安を挙げることは難しいですが、おおよその価格帯をご紹介します。

まず鍵開けについてですが、住宅の場合8,000円から15,000円が目安となります。その他、ロッカー・デスク等が約5,000円、バイクが7,500円〜9,000円、車は8,000円〜10,000円が相場となっています。

次に鍵を交換する場合の費用相場についてです。こちらはシリンダー錠の交換で3,500円〜18,000円、シリンダー・錠前セット交換が6,500円〜21,000円と言った価格帯です。

さらに、鍵を新たに作成するときの費用としては、一般的なシリンダー錠で9,000円〜16,000円、防犯性に特化されたシリンダー錠であれば、10,000円〜20,000円となっています。

よりお得に検討する方法

鍵を失くしさえしなければ、一切かからなかったはずの費用であるだけに、無駄な出費に感じる人も少なくないことでしょう。最後に、そうした人におすすめの、よりお得な依頼に繋げられる工夫をご紹介したいと思います。

例えば、インターネットからの依頼や、複数箇所を同時に作業してもらう形、明るい時間帯に頼む方法などです。このような条件が伴うと、割引を適用してくれる業者が少なくありません。

まとめ

家に入れなくなってしまうと、あらゆる面に問題が生じてしまいます。しかし鍵開け業者をうまく活用することで、支障を最小限に抑えることも可能です。上記のように費用は伴いますが、迅速に対応してもらえるケースも少なくないので、安心感が持てます。引越ししたての、何かと鍵を紛失しやすいタイミングでは特に注意が必要なので、相場や特徴を把握しておきましょう。

ハウスクリーニングの見積もり相場

ハウスクリーニングには、主に2つの種類が考えられます。
今回の特集テーマである、引越しに関する退去後のもの、そして日常で依頼する居住中のものです。

いずれも同じく、プロの手によって専門的なクリーニングを行ってくれるサービスですが、両者では少し内容が異なってきます。

同時に料金相場も変わってくるため、それぞれの特徴をしっかり把握しておきましょう。

退去後のハウスクリーニングとは

借りたものを返す訳ですから、賃貸物件退居時には部屋を綺麗にしておくことがマナーとなります。

礼儀としての意味合い以外にも、賃貸契約において定められているケース、また敷金における支払いを防ぐ意味でも、行っておくべき作業と言えます。
しかし、日常的な掃除とは異なり物件全体を綺麗にするともなると、やはり素人では難しい部分も生じてきます。

例えば、エアコン内部や油の蓄積汚れが酷くなりがちなキッチンの換気扇、高層階における窓掃除、壁面についた落ちにくいタバコのヤニ汚れなどです。

専門的なクリーナーなどを利用しても、なかなか落ちてくれないしつこい汚れが見られる場合もあります。

ハウスクリーニング業者へ依頼することで、こう言った素人では綺麗にすることが難しい汚れに関しても、プロの技術によってしっかり対応してもらうことができます。

原則として、こうした退去後のクリーニングにおける代金は貸し主側が支払うと定められています。
しかし多くの場合、借り主が請求される形となっています。気持ちよく、スムーズに退居するため、しっかり相場データを把握しておきましょう。

退居時のハウスクリーニング相場について

主には、部屋の規模、そして集合住宅か一戸建てかで異なってきます。それぞれにおける相場をまとめたので、費用を準備する際に役立てて下さい。まずはマンション・アパートの場合についてです。
間取り 家賃相場
ワンルーム 1K 20,000〜35,000円
1LDK〜2LDK 35,000〜65,000円
3LDK〜4LDK 75,000〜90,000円
5LDK以上 85,000円〜

続いてこちらは、一戸建てに関してです。ワンルーム・1Kはほとんど存在しないので、1LDK規模以上の情報をピックアップしています。

間取り 家賃相場
1LDK〜2LDK 50,000〜85,000円
3LDK〜4LDK 90,000〜120,000円
5LDK以上 130,000円〜

掃除と言っても、やはり業者が専門的に行う場合は、このように決して安いとは言えない費用が伴う形となります。
しかしプロだからこその、素人には真似できない入念な作業で綺麗にしてくれるので、それだけの価値を感じることができます。

居住中のハウスクリーニング相場について

そしてこちらは、居住中に依頼する場合の相場となります。比較対象としてチェックしてみて下さい。まずはマンション・アパートのデータです。

ワンルーム 1K 30,000〜40,000円
1LDK〜2LDK 45,000〜70,000円
3LDK〜4LDK 75,000〜115,000円
5LDK以上 130,000円〜

一戸建てのケースをご覧下さい。

間取り 家賃相場
1LDK〜2LDK 70,000〜95,000円
3LDK〜4LDK 100,000〜130,000円
5LDK以上 140,000円〜

実は意外にも、このように掃除範囲が狭くなるはずの、居住中におけるハウスクリーニングの方が高めの相場額となっています。
これは生活環境や家具等に影響しないよう、退居時以上により細かな作業が必要となるためです。

まとめ

いずれも決して安いとは言えない、ハウスクリーニングの相場額。
しかし居住中に比べるとお得でもあるので、退居のタイミングに合わせてクリーニングを行う形は、効率的とも言えます。

引越し費用を計算する際の、参考にしてみて下さい。

賃貸物件入居時の初期費用

新たに物件を借りる際に意識すべき金額は、家賃だけではありません。保険料や更新料などが定期的に発生する他、初期費用に関してもしっかり把握しておくべきです。特に初期の支払いは、家賃の数倍にも至る金額となりかねないので、あらかじめチェックしておくことが重要です。以下、主な費用や支払いに関する特徴をまとめました。

入居時に必要となる一般的な総額とは

初期費用を一概に説明することは難しいと言えます。なぜなら、不動産会社や契約内容、キャンペーン、そして地域相場において、大きく変動するためです。そのため賃貸物件選びの際には、都度契約内容をしっかり確認しておくことが欠かせません。

例えば、首都圏を例に挙げて考えてみましょう。主には、礼金・敷金・仲介手数料・前家賃などが関わる形となっており、家賃の約6ヶ月分となるケースが少なくありません。首都圏は家賃相場が高いので、かなり余裕のある予算を用意しておくべきとなります。

またその他、入居に向けた引越し費用も念頭に置いておくべきです。こちらの考え方としては、ワンルーム・1DKで約5から10万円を意識しておくと良いでしょう。同じく業者やプランによって価格は上下しますが、相場としては全国そこまで違いはありません。

初期諸費用の内約

入居時に必要となる費用を、それぞれご紹介したいと思います。物件事情としては一般的な知識ですが、初めての人には未知の用語にも感じられるかと思われます。それぞれ把握しておきましょう。

まずは、礼金についてです。これは物件を借りる際に貸し主へお礼の意味を込めて支払う費用となります。儀礼的な意味合いも感じられますが、古くからの慣習となっているので、あらかじめ賃貸価格の一部として含まれていることが多いため、指定されている場合は基本的に支払い必須となります。

次に敷金です。こちらは賃料、補修費用の担保として貸し主に預ける金額となっています。礼金と異なる点は、主な損傷、破損と言った補修部分が見られない場合、退居時に返還されることが挙げられます。しかし契約内容によっては、敷引と呼ばれる、一部、もしくは全額を返還しない決まりを定められている場合もあります。

そして、前家賃についても多くの場合支払いが必須となります。一般的には翌月分、また翌々月分までの金額等を事前に支払う形となっています。また契約日が月初でない場合は、契約月に関しては日割り換算のもと費用が発生する場合もあります。

最後に、仲介手数料です。これは物件と直接ではなく、不動産会社の仲介を利用した場合に発生する費用となります。主には家賃1月分、もしくは家賃の規定パーセンテージ分を支払う形となりますが、業者によって設定はさまざまなので、あらかじめ確認しておきましょう。

その他発生する可能性のある費用

上記は一般的に定められていることの多い費用ですが、その他にも、状況に応じ必要となるものも存在します。こうした例から、事前に予想していた金額以上の額が請求され、支払いのタイミングで焦らされてしまうと言ったケースも少なくありません。そのような状況を防ぐためにも、事前の確認は欠かせないのです。

例えば、前金・連帯保証会社利用費用・保険料・鍵交換代・清掃費・害虫駆除費用などです。しかし一部に関しては、担当者と相談することでサービスを除外する形とし、支払いを免除してもらうことも可能になります。予算状況に合わせて、聞いてみると良いでしょう。

まとめ

このように、賃貸物件契約にはさ毎月の家賃だけでなく、さまざまな費用が伴います。しかし敷金・礼金に関しては、「ゼロ物件」と呼ばれる費用がまったく発生しないケースも存在するため、節約に努める場合は、こうした物件をこだわって探すと良いでしょう。いずれにせよ、余裕のある予算準備は欠かせません。

防犯の心得と便利グッズ

せっかく好条件の物件に引越すことができても、空き巣、盗難などの犯罪被害に遭ってしまえば、満足度は半減してしまいます。資産が失われる他、毎夜恐ろしさが頭の中でイメージされてしまい、不快な生活を送らざる得なくなるかもしれません。以下は、そうした状況を防ぐことに繋がる防犯の心得や便利グッズの紹介になります。女性の一人暮らしでも安心できるよう、こだわってみて下さい。

防犯に関する心得

近年、防犯を意識した物件は数多く登場しています。オートロックやセキュリティシステム、センサー照明などが導入されており、特に意識することなく安心感を持って生活しやすい箇所も少なくありません。しかし、だからと言って油断してしまうのは危険です。

なぜなら、防犯に長けた物件の居住者であるからこそ、盗み甲斐のある、価値ある資産を保有しているとも思われてしまうからです。また、たとえセンサーが感知して防犯業者が来てくれるとしても、犯行から数十分はかかります。そうした面を悪用して、現代的な安全性にこだわった家をあえて狙う犯罪者も、少なくないのです。

どのような住居に住まう場合でも、かならず防犯への危機意識は持つようにしましょう。以下のグッズなどを役立てて、さらなる安心感に繋げると良いでしょう。

おすすめ防犯グッズ

まず一つに、ダミーカメラです。その名のとおり、偽物の防犯カメラとなっており、外見的には本物と見分けがつかない程のリアルさです。いくら資産に魅力を感じても、カメラの前を堂々と通って犯行に及ぶ犯人はそういません。玄関や窓などに仕掛けておくと良いでしょう。

次に、住居犯罪の中でも、特に多いピッキングを防ぐグッズです。シリンダー錠に用いられる手口であるため、その他のタイプに変えると良いでしょう。また既存のシリンダー錠に取り付けるタイプの、ピッキング防止グッズもあります。賃貸物件では自由に設備を変更することが難しい場合も少なくないので、重宝します。

また、侵入経路として窓を利用されるケースが少なくありません。破壊防止のシートを貼ったり、破壊時に大きな音の鳴る専用のセンサーなどを取り付けておくと安心感が持てます。

まとめ

一人暮らし向けのマンション・アパートの場合、個人で設備を変更したり跡の残るグッズを利用することは、難しいケースが少なくありません。しかし、何もしないままでいると、予想だにしない被害へも繋がってしまいかねません。契約内容を確認して、できる範囲内でしっかり対策しておくようにしましょう。

気にするべき?引越作業員に渡すチップはいくら?

引っ越しの準備は忙しくなってしまいがちですが、その負担を軽くするために、引っ越し業者の依頼をすることも考えるべきかもしれません。
スムーズに作業が進められるかもしれませんから、心強い味方になってくれるでしょう。

しかし、問題は他にもあるようですが、それはチップの問題。ありがとうの気持ちを伝えるためのものですが、渡しても渡さなくてもどちらでも良いようですが、実際どれくらいの金額をチップとして渡すべきなのでしょうか?
そこで「引越し作業員に渡すチップの相場」についてアンケートしてみました。

【質問】
引越し作業員に渡すチップの相場は?

【回答数】
500円:5人
1,000円:19人
2,000円:5人
3,000円:4人
渡していない:67人

グラフ

チップの存在を知らない人が多い

回答者の約7割が「渡していない」と回答しました。中には、知らなかったという人もいるようです。

・何回か引越し経験がありますが、一度も渡した事がありません。お金ではないですが、最後に飲み物だけお渡ししています。 ・引越し業者に頼んだことがないのですが、そんなチップ制があるなんて、初めて知りました。 ・業者にはきちんとお金を支払っているので、特別にお金を渡す理由が思い当たらない。

回答者の中には、チップを渡すということを知らなかった人もいるようで、チップを渡すことについて認知されていないことが伺えます。知っている人は、すでにお金を払っているのに払う必要があるのかなど、疑問の声もあることが分ります。しかし、お金でなく、飲み物など、違う形で気持ちを伝える人もいるなど、工夫している人もいるようです。

お金を渡したほうが丁寧に仕事してくれた?

次に、その他の回答ですが、渡したい気持ちにaなる場面が多いようです。

・ちゃんと給料をもらっているので、飲み物代として必要な分しかチップを渡しません。ただ、とても丁寧に作業をしてくれた人にはもう少し上乗せするかもしれません。
・1人1000円くらいと考えています。重たい荷物を何往復して大変です。
・せっかく頑張ってくれたので、感謝の気持ちとして渡すのが当たり前だと思います。
・全体の人数にもよるが、多く渡した方が丁寧に仕事をしてくれている印象がある。

せっかく頑張ってくれた、何度も往復して大変など、仕事をしている姿を見ると、お礼として渡したくなってしまうようです。丁寧に仕事をしてくれた人には上乗せするなど、太っ腹な意見も見られました。また、多くチップを渡すと、丁寧に仕事をしてくれている印象があるなど、作業の内容にも影響が出るようです。

チップを渡すのは仕事の内容を見てから

今回のアンケートでは「渡さない」と回答した人が一番多かったという結果になりました。
理由には、渡す必要性があるのか分らないといった疑問を感じている意見もありましたし、お金ではなく、飲み物を渡すなど、お金以外のお礼の方法を使っている人もいるようでした。
しかし、渡す人は、感謝の気持ちを伝えるために渡すなど、人情溢れる意見も見られました。
チップは渡さなくても問題はないようですが、仕事の内容を見て、何か心を動かされる場面があったとしたら、渡してあげても良いのかもしれませんね。

<アンケート実施概要>
■調査地域:全国 ■調査対象:年齢不問・男女 ■調査期間:2014年12月9日〜12月16日 ■有効回答数:100サンプル

地鎮祭の謝礼相場

地鎮祭とは、新しく家を建てるときに、土地の神様に挨拶をする意味合いがある行事です。古くから行われる慣例行事となっており、建築に携わる業者、職人さんなどへの挨拶の意味も持ちます。この際、神職の人へ謝礼を手渡すことがマナーとされています。今回は、そんなお金に関する特徴や相場について特集しました。

地鎮祭とは

基本的に、一戸建てを新しく建てる際に行う行事です。そのため、人生においても数回経験するかしないかと言う存在であるため、いざ催すともなると、分からないことが少なくないはずです。とは言え、そもそも土地の神様は、目に見えない存在です。厳密に考えれば、地鎮祭を行わなくても家自体は建てることができます。そんな中、なぜあえて行うことが重要なのでしょうか。 主な理由としては、冒頭の通り、土地神様への挨拶や、工事関係者との顔合わせにおける意味合い、その他後々の平和な家庭生活を願った、縁起を担ぐためと言った面が挙げられます。近年はそのようなしきたりに興味をあまり持たない人、宗教的な段取りを気にしない人も少なくないため、省略するケースも多く見られます。しかし、数十年にわたり住み続ける家ともなる訳なので、余裕があるのであれば、行っておくに越したことはないでしょう。

地鎮祭を催すための流れ

地鎮祭は、神社に依頼して行う形となります。神職の方に来てもらい、伝統に則った方法で取り仕切ってもらいます。日取りはいつでも良い訳では無く、大安や友引、先勝の午前、先負の午後などが縁起の良いタイミングとされています。この点に関しては、依頼した神社側がアドバイスしてくれることもあるので、分かりにくい場合は聞いてみると良いでしょう。 また近年増えている流れとして、ハウスメーカー、工務店側が仕切ってくれるケースもあります。この場合、神社への直接的な依頼は必要なく、規定の段取りに沿って希望を伝えることで準備が完了できるので、より手軽に感じられます。お酒や農産物などを備える形が一般的ですが、こうした物に関しても用意してくれる場合が多く見られます。

地鎮祭で手渡す謝礼について

謝礼は、依頼した神社における神職の方に手渡すお金で、初穂料と呼ばれています。のし袋に初穂料、または玉串料、御礼、奉納、奉献などを表書きし、お礼としての金額を包みます。 相場としては、1万円から5万円程度となっています。特に決まりはありませんが、神社によっては最低限必要な額を設定しているケースもあるので、その場合は所定額をかならず上回るように準備しなくてはなりません。また前述に挙げた、ハウスメーカーや工務店が仲介してくれる際には、そちら側の担当者に手渡しておく場合もあります。

地鎮祭の注意点

まず一つに、謝礼として包むお札についてです。こちらはお金であれば何でも良いと言う形ではなく、基本的に新札である方が望ましいとされています。土地の神様に支払うお金とも考えられるため、綺麗な状態のものの方が縁起的に良いと言えるでしょう。 また服装に関しても、ポイントを抑えておきましょう。基本的に参加する際の服装として望ましいものは、正装、もしくは平服とされています。また個人宅ではなく、会社などの大規模な建物が建設される土地での地鎮祭に関しては、スーツやネクタイの着用が必要です。個人宅であれば私服でも問題ありませんが、やはり礼儀として、最低限マナーを弁えた装いを心掛けるべきと言えます。

まとめ

かならず行わなければならない訳でもない、地鎮祭。しかし後々に渡り平和で安全な生活を願うのであれば、行うに越したことはありません。マナーや謝礼相場を正しく把握した上で、礼儀正しく臨むことを心掛けましょう。

賃貸物件の入居後に必要な費用

賃貸物件を利用する際、初期費用だけでなく、入居後も支払いが発生します。しかしそれは、家賃だけではありません。地域や契約にもよりますが、多くの場合その他にも複数の費用を負担しなくてはなりません。そのため家を借りる前に、しっかり把握しておくことが大切です。以下では、代表的な種類についてご紹介しています。

入居後はどのような費用が発生するの?

例えば、管理費です。居住スペースのみならず、マンションやアパートなどには、共有スペースなるものも存在します。例えば、階段やフロア、エレベーター、エントランスなどです。これらの空間はもちろん放置した状態ではなく、管理人や業者によって定期的に掃除等が行われています。これにより、気持ちよく過ごしやすい状態が維持されているのです。しかしこの管理は基本的に有料であるため、その負担を各居住者が分担する形となります。その支払いとして、管理費が発生しているのです。

次に、更新手数料です。地域にもよりますが、物件の契約は一定期間ごとに分けて結ばれるため、期間が満了を迎えると、その都度更新しなくてはなりません。この際支払われるのが、更新手数料となるのです。定期的とは言え、数万円に至るケースも少なくないので、大きな出費の一つとして把握しておくことが大切です。

また、保険の更新費もその一つに数えられます。火災保険や家財保険など、契約時に入ることを必須としているケースも少なくないため、契約料の他、更新月には規定の更新料を払う形となります。

車や自転車について

そして、駐車場を有する賃貸物件にて駐車スペースを利用する際にも、契約料が発生する形となります。月極、年契約などの形がほとんどあるため、都度の支払いは特に必要ありませんが、定期的に払っておかなければ、利用できなくなってしまいます。未契約にもかかわらず利用してしまうと、罰金を科される場合もあるので、注意が必要です。

また自転車に関しても、駐輪所利用料が必要となることもあります。無料か有料かは、物件により異なるので、契約時にしっかり確認しておきましょう。こちらも同様に、罰金の対象となるケースも考えられるため、気を付けましょう。

まとめ

家に関する費用は、極力抑えたいと考えていても、ご紹介に挙げたような、どうしても支払いが必要となる家賃以外の費用も少なくありません。しかし、負担になるからと払わないままでいると、さらなる高額を請求されることにも繋がりかねません。ルールをしっかり把握して、払い忘れのないよう正しく収めましょう。

引越し業者の「荷造り・荷解き」サービスは利用する?

引越し業者の中には「荷造り・荷解き」のオプションサービスを用意しているところがあります。自分で荷造りや梱包をしなくても良いので、大変助かるサービスですが、その分引越しの見積もり金額は上がることが多いです。そんな「荷造り・荷解き」のオプションサービスをお願いする人は、どれくらいいるのでしょうか?アンケートをおこない、調べてみました。

【質問】
引越しを依頼する際に、「荷造り・荷解き」のオプションサービスは利用しますか?

【回答数】
利用する:18 利用しない:83

グラフ

引越し費用を節約するために、荷造りは自分でおこなう方が多数

「荷造り・荷解き」のオプションサービスを「利用しない」という方が8割と圧倒的多数でした。

・引越しの費用は出来るだけ安くおさえたいので、自分でできる事は自分でするようにします。 ・大学生で一人暮らしのため基本的に荷物が少なく、自分と家族で片付けることが出来るから。 ・自分の持ち物を見られるような気がするので、荷造りは自分でする。ただ歳をとってからの引っ越しだと体力的にお願いするかもしれません。 ・今は専業主婦で十分に時間があるので、お金の節約のためにも自分でやりました。 ・落ち着いた時にゆっくりと荷解きをして、自分のこだわった場所に片付けたい。

出来る限り引越し費用を抑えたいため、「利用しない」と答えた方が多くいらっしゃいました。ほかにも「荷物量が少ないため、自分でおこなう」という意見も目立ちました。単身での引越しは荷物が少ないことが多いため、自分でおこなうか、家族や友人に手伝ってもらう方が多いことがわかりました。

子どもが小さいときには便利!妊娠中の利用もあり!

2割の方は「荷造り・荷解き」のオプションサービスを「利用する」と回答しました。

・荷造りは手伝っていただけると助かります。荷解きは急がないので自分でゆっくりとできますが。 ・どのように荷造りしたらよいのか自分ではわからないので、荷造りのオプションサービスを利用します。自分でするよりわかりやすく、助かります。 ・子供がいるので出来るだけ早く荷造り・荷解きをしたいので、サービスを利用したいと思います。ですが、その作業をしてくれるスタッフは女性がいいとも思います。 ・子供がまだ小さいため、1人でそこまでできない。引越し後の荷解きも大変なので利用したい。 ・引っ越しは面倒なのでできるだけ自分の手間が省けるようにオプションサービスを利用します。

小さな子どもがいるご家庭や、妊娠中で荷造りが大変な場合などは利用価値が非常に高いといえそうです。また「荷解きは自分で」という意見が意外に多く、引越しは早く終わらせたいけれど、あとは自分でゆっくり片付けたいと考える人が多い事がわかりました。

生活スタイルに合わせてサービスの利用を検討しよう

まだ子どもが小さかったり、年配の方などの場合は引越し時の負担が減るため、「荷造り・荷解き」のオプションサービスはとても便利なサービスであることがわかりました。しかし、その分費用が高くなってしまうため、引越し費用を少しでも節約したい場合は自分でコツコツとやる方が多いようです。女性の方からは、「梱包は女性にやって欲しい」という回答もありました。引越しを早く終わらせたい場合は、「荷造りサービス」だけをお願いするという手も使えそうですね。

<アンケート実施概要>
■調査地域:全国 ■調査対象:年齢不問・男女 ■調査期間:2014年10月14日〜10月24日 ■有効回答数:100サンプル

憧れの一人暮らし!きっかけは何?

実家暮らしの人が憧れるのが一人暮らし。家族から何も言われることなく自由な生活ができるので一度は挑戦したいと感じるのではないでしょうか。一人暮らしを始めるきっかけはさまざまですが、実際多くの人はどのような理由から一人暮らしを始めるのでしょうか。
そこで今回は「初めての一人暮らしのきっかけは?」というアンケートをとってみました。

【質問】
初めての一人暮らしのきっかけは?

【回答数】
進学:38
就職:26
自立:20
転勤:4
転職:1
その他:11

グラフ

やはり定番?大学への進学がきっかけ

大学への進学をきっかけに一人暮らしを始めたという人は多いようです。

・大学が自宅からでは通えないところになったため、大学の近くにアパートを借りて一人暮らしをすることになりました。
・料理も掃除も選択も全部自分でやらなくてはいけないのは大変だったけど、少しずつできることが増えていくのはすごくうれしかったし自信につながりました。
・実家から通うのが大変なくらいの長距離通学でした……新幹線通学していた同級生もいたなあ。
・短期大学への進学のときに通えなくはない距離だが、一回一人暮らしをしてみたかったので。

進学先が実家からは通えないほど遠かったという理由が多いようです。一人暮らしを始めたことで親のありがたみや家事の大変さなどを学ぶことができたという人も。家事は大変ですが、少しずつできることが増えていくと嬉しいといった成長がうかがえる意見もありました。また実家から通うことはできたが一人暮らしをしたかったという意見もありました。

就職?自立?きっかけは人それぞれ

就職や自立など一人暮らしを始めたきっかけは人それぞれのようです。

・職場から実家が遠く、通える距離ではないので一人暮らしを始めました。
・実家にいたときに、何も家事をしていなかったので、洗濯機すらまわすことができず、それを見た母に一人暮らしをすすめられて始めた。
・私は大好きな彼が出来た時でした。自由にできる空間と、好きなだけ彼と一緒に居られて、且つ、ある程度人の目、耳を気にしない場所が欲しいと思ったからでした。

やはり多いのは職場が実家から遠いという理由です。家事が全くできていないのを見かねて家族から一人暮らしをすすめられたという人もいました。
また恋人ができたことによって2人で一緒にいられる空間がほしいと感じて一人暮らしを始めた人も。思い切った選択でしょう。
積極的に一人暮らしを始める場合と、必要に迫られて始めるという2パターンが大きく分けてあるようです。

憧れの一人暮らし、一度は経験してみては?

最も多いのは進学先や就職先が実家から遠かったという理由でしたが、自立するため、恋人との空間を手に入れるためなどきっかけは人それぞれです。家庭の事情でやむをえずという人もいます。また一人暮らしを始めたことによって家事の大変さや家族のありがたみなどを感じることもできるようです。実家で暮らしていたらなかなか気付くことができません。家電を揃えるなどお金はかかってしまいますが、機会があれば一人暮らしを経験してみるといいかもしれません。

<アンケート実施概要>
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2014年8月19日〜9月15日
■有効回答数:100サンプル

引っ越し見積もりを依頼した時期の調査結果

引越しはお金も時間もかかるもの。特に初めて引越しをする人は見積もりについてもよくわかりませんよね。
何度か引越しをしたことがある人でも、みんながどれくらいの時期から見積もりを依頼し、準備をするのか気になりませんか?
今回はそんな見積もりの依頼時期についてアンケートをしてみました。

【質問】
引越しの際に見積もりを依頼した時期はいつでしたか?

【回答数】
1ヶ月〜2ヶ月前:35人
15日〜1ヶ月前:30人
2か月以上前:22人 8日〜2週間前:8人
4日〜1週間前:4人
当日〜3日前:1人

グラフ

引っ越し見積もりの依頼時期は「1か月〜2か月前」が理想的

最も多いのは1か月〜2か月の間という結果でした。前もって見積もり金額を確認するだけでなく、複数の業者との比較、余裕を持って準備するためにはこれくらいがちょうどいいようです。

・見積もりは少なくとも3社にとってもらいたいので、1か月から2か月前には一社目に依頼します。そして少しでもお得なところをじっくりと検討します
・時期によって価格が違うし、混んでいて予約が取れない日もあるので、早めに見積もりは取っておきたいと思います
・2〜3社に見積もりを出してもらって検討してから決めるので、そこから荷造りの期間などを考えたら1ヶ月くらい必要だと思うからです
・前もって引越しすることが分かっていれば、何社かに直接家に来てもらって見積もりをお願いしたいので、一ヶ月以上は必要です

余裕を持って準備するほかにも、繁忙期(3月中旬〜4月上旬頃)に予約が取れないということを避けるために、早めにお願いするという人も多いようです。いくつかの会社に見積もりを依頼するのにも時間がかかりますし、その比較と片づけの準備も踏まえるとこれくらいがちょうどいいと考える人が多いようです。
早めに見積もりを出すことで出費の調整をしたり、余裕を持って計画を立てることができますし、引越し出来る日程が限られる場合も、早めに予約を取ることで確実さを求めることも考えられますね。遅すぎず早すぎず、のんびりと準備をしたい人が多い印象です。
引越し価格ガイドを使えば、たった一回の情報入力で複数の業者に一括で見積もり依頼できます。見積もりを比較することで料金がお得になり、希望日に引越しできる業者も見つかりやすいので便利です。

引っ越しの見積もりはいつまでにすれば余裕をもって準備できる?

2番目に多い結果が15日〜1か月、何社か見積もりを出すのにも、余裕を持って準備するには15日以上前であれば余裕がもてるという人も多いようですね。

・一月くらい前なら、他の業者を探したり、見積もりを比較検討できるからです
・半月ぐらい前に頼んでいないと心配になります。引っ越し業者ともしっかり打ち合わせをしたい。

見積もりが直前すぎるとさすがに…という人も多く、一か月あれば見積もりを出してさらに他の業者を探すことも可能なようですね。なるべく早めに決めたいけれど、色々準備していてもこれくらいには見積もりを出したいという人も多く、準備をしつつ業者を探して見積もりをすると、この期間になるとも考えられます。

2か月以上前という場合は多くの業者との比較、たくさんの情報を集めたいというように感じます。土日の引越しの場合は予約が埋まりやすいので、より確実に希望する日時を指定するためには、2か月以上前から見積もりをして行動をしたいと考えられます。中には早めの予約で割引になるプランを出している業者がある場合、さらにそれの比較のために…という人もいるようですね。予約は早い者勝ち、そして準備はゆっくりと、という考えのようです。

1週間前や2週間前の回答は会社の辞令時期も関係してくるようです。転勤命令から引越しまでの期間が短い場合、どうしてもこの時期になってしまうという回答がいくつかありました。

1か月以上前なら余裕を持って比較、準備が可能!

会社の関係でどうしても直前になるという回答の中にも、「できれば1か月くらいがいいだろう」という言葉がありましたが、あまり焦らなくてもいい、出るときはすんなり出たいという人は2週間以内の見積もりでした。
見積もりが半月を切っていてもだいたい2週間くらいあれば準備が出来るという意見も目立ちましたが、比較や吟味、準備や片づけにも時間をかけたいという人は1か月程度、早めの予約で割引のある業者や、繁忙期の引っ越しを希望する場合は、確実さを求めるためにも物件が決まっているなら2か月以上前に見積もりを出すのも一つの案ですね。

<アンケート実施概要>
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2014年8月19日〜9月15日
■有効回答数:100サンプル

引越し料金の値下げ交渉をする?しない?

引っ越し業者に見積もりを出してもらった際に、値引き交渉をした事がありますか?
ダメ元で言ってみるという方や、多分無理だろうと諦めている方もいるかと思いますが、実際には値引き交渉をする方としない方はどちらが多いのでしょうか。「引越し料金の値下げ交渉はする?しない?」アンケートをとってみました。

【質問】
引越し料金の値下げ交渉をする?しない?

【回答数】
する:73人
しない:27人

グラフ

アンケートの結果、7割の方が「交渉する」と回答

アンケートの結果、7割の方が「見積もり料金の交渉をする」と回答しました。少しでもお金を節約したいと考えている方が多いようです。

・恥ずかしいのでダメもとで試しに一度は言ってみるが、それ以上は言えない。いくらまで下げたいというのはなく、少しでも安くなればラッキー程度に話してみる。
・少しでも節約したいので、他社との見積もり金額を比較して、それをもとに安くしてもらえないか交渉します。

「一度はダメ元で言ってみる」という方や、「複数の業者から見積もりをとって目安を知り、料金交渉する」と答えた方が多数いらっしゃいました。引越し価格ガイドを使えば、複数の業者へまとめて見積もり依頼ができるので、料金相場を知るのにオススメです。

料金交渉をしない方の中には、値段よりもサービスやスタッフの対応で選ぶという声も

料金よりも、サービスの内容やスタッフの対応で決めるという方が多いようです。自分で作業をするのが面倒な方や、訪問見積もり時のスタッフの対応で決定する人たちは料金交渉はあまり行わないようです。

・引越し希望日の変更や、荷造りを自分ですれば安くなるのは分かったが、料金を下げるよりも希望通りの条件で引越しがしたかった。 ・一括見積もりサービスを使用した時点で、見積もりの結果一番安いところに依頼しているはずなので。 ・値段というより見積もりに来て下さった方の印象で選んでしまうと思います。

「希望通りの条件で依頼したい」という方や、「荷造りや荷解きを自分でやるのは面倒だから料金より時間を取った」という声がありました。料金よりもサービスで選ぶ方は最初から交渉は行わないようです。

見積もり金額と、サービスとのバランスが重要

少しでも料金を安く抑えようとすれば、希望日時での引越しができない場合や、自分で行う作業が増えることがあります。 料金とサービスのバランスを考えて、引越し業者と交渉を行いましょう。
複数の業者を同条件で比較したい場合は、引越し価格ガイドを使うと便利です。 たった1回、引越し条件を入力するだけで最大10社に一括見積もり可能です。

<アンケート実施概要>
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2014年8月19日〜9月15日
■有効回答数:100サンプル

引っ越しのとき、車の輸送は業者に依頼する?しない?

普段の生活には欠かせない車ですが、引っ越しの時には輸送手段に悩むものです。大きさや重量を考えると人の手で運べる家具や家電と同等に考える訳にはいかず、業者に依頼して陸送サービスを利用するか、自分で運転して引っ越し先まで移動するのか検討する必要があります。あなたならどうしますか?アンケートをとってみました。

【質問】
引越しの見積もりを出す際に自動車の陸送サービスは利用しますか?

【回答数】
する:13 しない:87

グラフ

近場への引っ越しならば、自分で運ぶ!

よほど長距離の移動でない限り、自分で運ぶという方の意見が多かったです。

・利用しない。荷物は業者にまかせて、貴重品などは自分で管理して、車で運転して引っ越し先へ行った。 ・近くへの引越しならば、費用節約のために自分で運転をしていきます。 ・車を持っていく場合は、のせれるだけ荷物を載せて、自分で運転して引越し先まで行きます。 ・自動車は自分たちで運転して運べばいいことだと思うので。単純に移動手段にもなる。

遠方への引っ越しでない限り、自分で運ぶと答える方が圧倒的に多かったです。業者に依頼できない貴重品を車内にのせたり、自分たちの移動手段にもなるため、結果として費用削減に繋がると考える方が多いようです。

遠方へ引っ越しする場合や、安全面を考慮すると利用する!

長距離の引っ越しを行う場合や、安全面を考慮した場合は陸送サービスを利用すると答える方が多かったです。

・正確には距離によりますが、遠いところに引越しする場合は陸送サービスの見積もりをとりたいところです。 ・基本的には陸送をお願いします。引っ越しで疲れているので、その上車の運転をするなんて、あまりにも疲れてしまいます。 ・サービスを受けたほうが安全に物を運べるからです。さらに何かあった時でも保証してくれるからです。 ・長距離の引越しの場合は、コストを十分に検討し、自動車の陸送サービスの方がコストが安い場合は利用します。

長距離運転を想定した場合や、安全面を考慮した場合に利用すると答える方が多かったです。引っ越しで疲れた体で運転したくないという声もあがったため、より安心・安全に車を運びたい場合は利用するようですね。

引っ越し先への距離が判断基準となる?

「陸送サービスを利用する」と答えた方の多くは長距離運転に不安を抱く方が多く、「利用しない」と答えた方の中にも、よほどの長距離でなければ自分で運ぶと条件を付けて回答する方が多かったです。そのため、引っ越し先までの距離がサービスを利用するかどうかの判断基準になると考えられます。距離に触れず安全面を考慮して利用すると答える方もいらっしゃいましたが、出来るだけ自分で運びたいと考える方が多い結果となりました。 もし、引っ越し先が遠距離の場合は、安心・安全な引っ越しをするためにも陸送サービスを利用するのもひとつの選択肢かもしれませんね。

<アンケート実施概要>
■調査地域:全国 ■調査対象:年齢不問・男女 ■調査期間:2014年8月19日〜9月15日 ■有効回答数:100サンプル

引っ越し見積もり料金の安い引越し業者の探し方

引っ越しをする際は、少しでも不要な出費を抑えて、見積もり料金がお得な業者に依頼したいものですよね。 しかし数多く存在する業者の中からどのようにお得な業者を探せば良いのでしょうか?以前なら分厚い電話帳を片手に引っ越し業者に尋ねたり、職場の方や友人から紹介して頂いたりしましたが、今の時代はどうなのでしょうか?アンケートをとってみました。

【質問】
引越しの見積もりを出す際に安い業者はどのように探しますか?

【回答数】
インターネットにて調査:84人 友人・知人から聞く:14人 雑誌にて調査:0人 その他:2人

グラフ

引越し業者の見積もりを比較して最安値の業者を選ぶ

ネットを活用すれば、手軽に一気に比較ができるから便利だという声が多かったです。

・大きい会社も小さい会社も色々載っているので、何社か選んで直接荷物を見に来てもらい、見積もりを比較します。 ・安い業者を探す場合は、インターネットを活用して比べるのが便利だからです。 ・インターネットで口コミや評判を見れば、安くて質のいい業者が探せると思う。

ネットを活用することで、複数社のサービスや口コミを一気に検索して閲覧することができるので重宝されているようです。複数の引越し業者に見積もりを依頼して、料金やサービスを比較することで、自分にあったお得な業者を見つけることができるのだと感じました。

友人・知人などの口コミや評判を参考に引越し業者を選ぶ

少数派の回答として、ネットの情報よりも友人・知人から得る情報の方が確かだと答える方もいらっしゃいました。

・ネットなどの情報よりも、実際に利用した知人からの情報の方が的確だと思うから。 ・実際に引っ越しの経験のある友人に聞いたほうが安心だと考えたから。 ・実際に引越し業者を利用した人が身近にいたら、仕事の丁寧さや対応の良し悪しなど細かく聞けるのでいいと思います。

ネットから得た情報よりも、実際に引っ越しを行った友人・知人からの意見の方が参考になると答える方が多かったです。経験者が語る言葉は、ネット上の口コミより信頼性が高いのかもしれませんね。

ネット上の情報を参考に、複数社の見積もりを比較することが重要

携帯やパソコンが普及した事で気軽に情報を得られるようになったため、情報収集にネットを活用する方が断トツに多かったです。複数の業者の見積もりを比べる場合は、引越し価格ガイドの一括見積もりサービスを使えば、最大10社にまとめて見積もり依頼できるので便利です。業者選びに迷ったときは各業者の口コミを参考にして、料金だけでなく評判やサービスも比較してお得な引越しを実現してくださいね。

<アンケート実施概要>
■調査地域:全国 ■調査対象:年齢不問・男女 ■調査期間:2014年8月19日〜9月15日 ■有効回答数:100サンプル

引っ越し見積もり料金の仕組み

引越し料金の算出方法

距離・時間

引越しの移動時間や移動距離によってあらかじめ定められている「基礎運賃」というものがあります。「基礎運賃」は、国土交通省や引越し業者による約款(やっかん)に基づいて算出される運賃のため法外な金額になることはありません。移動時間による【時間制】の場合は、「4時間」または「8時間」の2種類の基礎時間が設定されています。1時間超過するごとに追加料金が発生します。移動距離によって計算される【距離制】の場合は、基礎距離を100km(軽貨物業者は30km)として、これを超過すると追加料金が発生するしくみです。

<トラックのサイズの目安>
使用するトラックのサイズも基礎運賃に関わってきます。基本的な目安は以下の表のとおりです。
もちろん、荷物量によっては、大幅に変わることがあります。

・1DK2tトラック1台
・2DK4tトラック1台
・3DK〜4LDK4tロング〜10tトラック1台

人件費など

人件費などにより発生する料金を「実費」と呼びます。実費の計算方法は以下のとおりです。

実費=人件費+梱包資材費+交通費

人件費(引越し作業員の人数分の料金)、ダンボール箱などの梱包資材の料金、高速道路などの有料道路を利用した場合の交通費などが実費に含まれます。引越し作業員の人数は、住居の大きさで変わります。

<作業員数の目安>
・1DK〜2DK2〜3人
・3DK〜4LDK3〜5人

オプション料金

「オプション料金」とは、冷暖房器具の取り外しや取り付け料金、ピアノの運送料、不用品の処分、乗用車の運搬、ハウスクリーニング料金など、引越しの際に付帯する作業にかかる料金です。引越し業者が対応する場合と各専門業者に発注 する場合では、料金が異なります。見積もりの際に、複数の引越し業者に確認して、「オプション料金」を比較すると良いでしょう。

引っ越し見積もりを安くするポイント

引越しの日程を自由に決められる方

繁忙期を避けると料金が安くなる♪

新年度や新学期などを迎える2月〜3月は、年間を通して1番引越しが集中する時期です。この引越しシーズンはどこの業者でも、引越し料金を高く設定しています。またそれ以外にも「大安」などの良い日取りも、希望される方が多いので価格が高く設定されています。引越し業者によって日取りによる料金設定が異なりますので、事前に確認しましょう。また引越しシーズンでは、価格が高いからサービスが良くなるといった事はなく、引越し業者の人員不足により引越し作業に慣れていないアルバイトの雇用が増えますので、出来るならば引越しシーズンは避ける事をオススメします。

平日引越しで料金が安くなる♪

引越し料金は曜日によっても大きく変動します。平日より土日祝のほうが高く設定されている引越し業者がほとんどですので、引越し料金を安く済ませたいのでしたら、平日に引越ししたほうが良いでしょう。

荷物が少ない単身引越しの方

荷物が少ない方におススメの「チャーター便」

引越し業者がトラックとドライバーさんのみ用意してくれ引越しの「輸送」の部分だけを業者さんにやってもらうサービスのことです。友達が何人か手伝ってくれるので搬出入はこちらでできる!荷物が少ないという場合にオススメです。繁忙期はトラックが押さえられなくなる可能性もありますので、早めの手配が必要です。

近距離引越しの方

荷物が少ない方や近距離引越しの方におススメの「フリー便」

引越す時間でも料金設定は異なってきます。引越し業者では1日を大きく3つの時間帯で分けています。一般的には、「午前便」、「午後便」、「フリー便」と分かれていて、遅い時間帯になるほど料金は安くなるようです。コストにこだわるなら、最も格安な「フリー便」がオススメです。事前に日程だけ決め、引越当日に業者の都合の良い時間に来てもらう便です。予定が立てにくいですが、荷物が少ない単身者や、近距離での転居の際におすすめです。夕方から開始する際は、新居での後片付けも遅くなるということを踏まえて決定しましょう。

長距離引越しの方

長距離引越しの方におススメの「混載便」

同じ地域・方面人へ引越しされる他の方のお荷物と一緒に輸送する方法です。一緒に運ばれることで人件費・燃料費・高速代が割り勘になり金額が平均的に1/2〜1/4安くなると言われています。デメリットとしては同一方向への荷物がある程度集まらないと、運行する事が出来ないので、荷物の届く日を指定できない事です。

長距離引越しの方におススメの「帰り便」

通常引越し業者のトラックは帰りの荷がありませんがその空いたトラックに現地で荷を積込んで帰る便の事を「帰り便」といいます。帰りに荷を積んで帰ることで人件費・燃料費の無駄を防ぐことができるので引越し料金を抑えることができます。デメリットとしては、不定期スケジュールとなるため、お引越の日程・時間は引越し業者へお任せになってしまうところです。

訪問見積もりとは?当日の流れや業者に来てもらう際の注意点を解説

訪問見積もりとは?当日の流れや業者に来てもらう際の注意点を解説

引越し業者に自宅に訪問してもらって見積もりを算出する「訪問見積もり」は、Webや電話から見積もりを依頼するよりも正確な引越し費用を把握できます。

しかし、訪問見積もりがそもそもどういったものなのか、当日までの流れや注意点が分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、訪問見積もりのメリットや当日の具体的な流れ、訪問スタッフを迎えるにあたっての注意点などについて詳しく解説します。

訪問見積もりとは

「訪問見積もり」とは、引越しを検討している人の自宅に引越し業者の営業担当が来訪して、引越しにあたって運搬が必要な荷物の総量や自宅周辺の環境を調査し、見積もり金額を提示する一連のプロセスのことです。

訪問見積もりを依頼することで、Webサイトなどから概算見積もりを依頼するよりも引越しに必要な金額を正確に把握できます。

なお、訪問見積もりの所要時間は30分〜1時間程度です。

荷物量が多い人や、引越し業者が忙しいタイミングでの依頼ではかかる時間が長くなる場合もあるため、余裕を持ったスケジュールを組んでおきましょう。

参考:引越しの訪問見積もりやネット見積もりの所要時間は何分?

訪問見積もりのメリット

訪問見積もりのメリット

訪問見積もりの利用を検討している方は、以下のメリットがあることを知っておくと良いでしょう。

  • 引越しにかかる料金を詳細に算出できる
  • 見積もりにかかる料金は0円(タダ)で済む
  • 引越し業者と直接コミュニケーションを取れる
  • 結果的に費用を安価に済ませられる可能性が高い

それぞれのメリットを詳しく解説していきます。

引越しにかかる料金を詳細に算出できる

訪問見積もりを利用すると、引越しにかかる料金を詳細に見積もりできるというメリットがあります。

これは、訪問見積もりで実際に運ぶ荷物を確認してもらうことで、業者が正確に運搬費用を試算できることが理由です。

Web完結などで見積もりを依頼する場合、家の中の荷物の量を自己申告することになるため、引越し業者は正確な荷物の量に基づいて見積もりを出すことができません。

そのため、引越し業者が定める標準的な価格表に照らし合わせた見積もり金額が返ってくることになります。

しかし、大型家具や美術品などのオプションの適用が必要な荷物もあるため、正確な見積もりは実際に見なければ算出が難しいです。

また、現在の住所から引越し先の住所までの距離や、荷物を運ぶためにどのくらいのサイズのトラックを手配する必要があるのかなど、料金はさまざまな要因によって変動します。

正確な見積もりを算出してもらうには、訪問見積もりを依頼して「目で見て」確認をしてもらうのが最適です。

参考:引っ越し費用の相場表・総額料金と月別の金額目安

見積もりにかかる料金は0円(タダ)で済む

訪問見積もりを含め、見積もりの依頼だけならかかる料金は基本的に0円です。

「引越しを検討しているけれど、まずはどのくらいの料金がかかるのかを聞いてから決めたい」という場合に、訪問見積もりを活用するのがおすすめです。

場合によっては、複数社から見積もりを取って比較する「相見積もり」によって、より条件が良い業者が見つかるケースもあります。

引越し業者と直接コミュニケーションを取れる

引越しをする前に、引越し業者と直接コミュニケーションを取れるのも訪問見積もりのメリットです。

実際に自宅を見てから初めて判明することがあると、認識の違いによって思わぬ追加料金が発生したりトラブルの原因になったりする可能性もあるためです。

見積もりを取らずにWebサイトや電話などから引越しを依頼すると、引越し当日までの引越し業者とのコミュニケーションは最低限となります。

料金交渉や、認識の齟齬を発生させないためにも、引越し業者とのコミュニケーションは密に取ることが大切です。

参考:引越し見積もりの値引き・割引きが簡単にもらえる交渉方法

結果的に費用を安価に済ませられる可能性が高い

訪問見積もりによる引越しは、訪問見積もりなしで引越しするよりも安価に済ませられる可能性が高くなります。

これは、正確な荷物の量をプロの視点で明らかにできるため、自宅の荷物の量に適した段ボールの量やトラックの台数などを「最適な量で」手配してもらえるからです。

Webサイトなどから概算見積もりを行うと、正確な全体像が見えないために余裕を持った見積もりになるケースが多く、本来はもっとコンパクトな引越しが可能であっても料金が高くなるリスクがあります。

訪問見積もり当日の流れ

訪問見積もり当日の流れ

訪問見積もりを依頼するときの一般的な流れは、次のようになります。

  1. 全体の荷物の量を確認する
  2. 引越し作業について説明を受ける
  3. 引越し料金の算出について確認する
  4. 提示される「見積書」の内容を確認する
  5. 段ボール等の資材提供を受ける

それぞれの項目を詳しく見ていきましょう。

1.全体の荷物の量を確認する

訪問見積もりの営業担当者を自宅に迎えたら、まずは全体の荷物の量を確認しましょう。

このとき算出した荷物の量や種別に応じて、運搬に必要な資材の量やトラックのサイズ・台数などが導き出されて料金が決まります。

家の中の荷物だけでなく、物置に置いてある荷物や自転車など、屋外に保管している荷物は忘れやすいので、漏れなく確認してもらうことが大切です。

冷蔵庫やテーブルなどの大型の家財も併せてチェックしてもらうと良いでしょう。

2.引越し作業について説明を受ける

荷物の量を確認できたら、引越しの具体的な希望日時や依頼したい作業内容の希望を伝えて、諸々の情報を踏まえた上で引越し担当者から引越し作業について説明を受けます。

当日の引越し作業の流れや作業の内容、引越し業者が得意としている点や、約款の内容などについても説明されるので内容を把握しましょう。

引越し業者がどのような強みを持っているかを知ると、各社の特色を掴みやすくなって自分に合った業者を選びやすくなるため、引越し作業の説明はよく聞いておくことが大切です。

3.引越し料金の算出について確認する

引越しについての説明をひと通り受けたら、見積もり料金について確認します。

引越し料金は荷物の量や現在の住所から新住所への距離、手配するトラックのサイズ・台数などに加えて、オプションがどの程度適用されるかによっても異なるためです。

見落としがないかどうかを十分にチェックした上で、不明点についてはその場で解決するように心がけましょう。

訪問見積もりの際に伝え忘れがあると、正確な見積もりを算出できずに当日の作業で料金が追加になる可能性もあります。

できるだけ正確な料金を知るためにも、伝え漏れがないように事前にチェックリストなどを作っておくのもおすすめです。

4.提示される「見積書」の内容を確認する

引越し料金について営業担当者と確認が取れたら、「見積書」の提示を受け、内容を確認します。

見積書はあくまでも引越し料金を確認するための書類であり、見積書を受け取ったからといって契約したことにはなりません。

見積書の内容に納得して引越しを依頼する場合は、別途契約書を締結する必要があります。

ただし、一部の業者は見積書と契約書を兼ねているケースもあるので、見積書がどのような扱いになっているのかは注意して確認する必要があります。

5.段ボール等の資材提供を受ける

見積書の内容を確認した上で契約書を結び、引越しすることを決めたら、事前の荷物の量の算定に基づいてダンボール等の梱包用資材が提供されます。

営業担当者が段ボールを持ってきてくれている場合もありますが、そうでない場合は後日に郵送もしくは自宅に訪問して提供してくれます。

一般的には、引越し当日に手配するトラックのサイズに応じて、無料でもらえるダンボール箱の枚数が決められています。

訪問見積もりの際に荷物の量を算出してトラックの台数を決めるため、無料で提供してもらえる枚数の範囲内で荷造りを完了できる可能性が高いといえます。

しかし、数が不足した場合は、ホームセンターや引越し業者などから追加で購入が必要になるケースもあります。

訪問見積もりで引越し業者に何を聞かれる?

訪問見積もりで引越し業者に何を聞かれる?

訪問見積もりはあまり依頼する機会がないため、引越し会社にどのようなことを確認されるのか不安に思う人もいるでしょう。

ここでは、訪問見積もりで一般的に聞かれる内容について解説します。

荷物の量と内訳

引越し業者の営業担当者が実際に目で見て確認しますが、事前に全体の荷物の量がどのくらいあるのかを質問されます。

荷物の量によってトラックの台数やサイズが変わり、見積もり金額にも大きく差が出るためです。

押し入れやクローゼット、屋外の物置の中身など、外から見るだけでは分からない部分も正確に申告して調べてもらうことで、精度の高い見積もりを得られます。

また、ピアノや自家用車、絵画など、運搬する際に特別な準備が必要な家財がある場合はオプションが適用される可能性が高いので、忘れずにチェックしてもらうことが大切です。

引越し先の住まいの情報

引越し先の情報も、訪問見積もりの際に聞かれる質問内容のひとつです。

新居の情報を詳しく押さえていないと、引越し当日の搬入作業を業者がイメージできず、荷物の運び込みや設置がスムーズに進まない可能性があるためです。

例えば、エレベーターがあるかないかだけでも搬入の導線は大きく変わります。

低層階のアパートなどで階段のみしか設置していなければ、階段を利用して荷物を搬入しなければならないなど、転居先の情報によって当日のオペレーションも変わります。

その他、トラックが侵入できる道幅があるかどうかや、ドアを家具や家電がくぐれるかどうかといった情報が大切になるため、正確に伝えるように心がけましょう。

現在の住まいの情報

現在住んでいる地区の状況や、搬出に際しての注意事項なども事前に伝えておかなければならない情報です。

荷物を搬出する際に自宅の近くにトラックを停められるかどうかや、どういった搬出経路が想定できるかなどの情報を整理して、当日の引越し作業をスムーズに進めるためです。

また、賃貸物件の共用部分に養生しなければならないかという点や、大型の家財を搬出するための通路が十分に確保できるかどうかなども事前にチェックしておきたいポイントです。

有料オプション利用の有無

引越し作業を行うにあたって、有料オプションの利用が必要な荷物があるかどうかを尋ねられるのが一般的です。

引越し会社は基本的に荷物の搬入出のみを基本的なプランに盛り込んでいるため、その他の依頼内容によっては、有料オプションが適用されるケースがあるためです。

よくある有料オプションの例としては、エアコンの脱着などが挙げられます。

エアコンは取り外しに専門知識が必要になるため、新居へ持っていく場合は事前に、引越し会社へ申告のうえ対応方法を打ち合わせする必要があります。

訪問見積もりの際に聞いておきたいこと

訪問見積もりの際に確認しておきたいこと

訪問見積もりの際に依頼者から営業スタッフに対して確認しておきたいこととして、次の5つが挙げられます。

  • 梱包用の資材は有料か
  • 不用品の処分は有料か
  • 荷造りはどこまで手伝ってもらえるのか
  • 有料オプションの価格はいくらか
  • 荷解き後の資材を回収してもらえるのか

それぞれの内容を見ていきましょう。

梱包用の資材は有料か

引越しにあたって荷物を段ボールなどの梱包資材に詰める必要がありますが、梱包用の資材は引越し業者から提供してもらえるのかどうかを確認しましょう。

一般的にはトラックのサイズによって無料でもらえるダンボールの数が定められている業者が多い傾向にありますが、規定は業者によって異なるためです。

「段ボールはすべて自身で用意する必要がある」「規定の枚数を超える分については有料で購入する」などさまざまな条件が想定されるため、引越し作業の依頼を検討している業者がどのようなスタンスなのかを押さえておくことをおすすめします。

不用品の処分は有料か

引越し準備のときに発生した不用品の処分が無料か有料かも、確認しておきたいポイントです。

見積もり料金内で不用品を処分してくれる業者もあれば、不用品の処分は別途処分料金がかかる業者もあるからです。

引越し作業で荷物を整理していると、不用品が数多く出てきます。

住んでいる地区のごみ出しの規定に沿って捨てるのも方法のひとつではありますが、業者に不用品をまとめて処分してもらえれば、大幅に引越し準備の手間を減らせます。

荷造りはどこまで手伝ってもらえるのか

引越し業者を選ぶ際は、荷造りはどこまで手伝ってもらえるのかも確認しておきましょう。

引越し業者には様々なプランがあり、自分ですべての荷造りを行って荷物の搬出・運搬・搬入だけを依頼するプランもあれば、荷造りをすべて代行してもらえるプランもあるためです。

自分でどの程度の作業を行う必要があるのかを知っておくことで、引越し準備にかかる時間を予測できます。

一般的には自分で行う作業の範囲が広いほど引越し費用を安価に抑えやすく、荷造りの代行を依頼すると料金は高額になっていく傾向があります。

オプションサービスの価格はいくらか

有料オプションの価格がいくらなのかも、チェックしておくことが重要です。

引越しのオプションには前述の荷造り代行サービスなどの他にもさまざまなものがあるからです。

例えば、ピアノの輸送は厳重な注意を払って行う必要があることからオプション料金がかかるケースが多いといえます。

ピアノ輸送の専門スタッフを用意している引越し業者もあり、大切なピアノを傷つけないよう丁寧に転居先へと運んでもらえます。

また、引越し当日に車で移動しない場合は、車両輸送も依頼しなければなりません。

車両輸送も、オプション料金の対象になるケースが多い傾向にあります。有料オプションの価格を確認したうえで、状況に応じて活用すると良いでしょう。

荷解き後の資材を回収してもらえるのか

引越し先で開梱した段ボールなどの資材を回収してもらえるのかどうかも、訪問見積もりの際に確認しておくことをおすすめします。

ダンボールの回収はどの自治体であってもそれほど頻繁に行われるわけではないためです。

引越し後にスムーズに荷物を整理して段ボールを片づけるためには引越し業者に引き取ってもらうと簡単ですが、回収にオプション料金がかかる引越し業者もあるので事前に確認しておくことが大切です。

また、有料オプションであっても繁忙期などには回収してもらえない場合があるため、回収を受け付けてもらえる期間も併せて押さえておくと安心です。

訪問見積もりでスタッフを迎える際の準備

訪問見積もりでスタッフを迎える際の準備

訪問見積もりで自宅に引越し業者のスタッフを迎える際に、どのような準備を行っておく必要があるのか不安になる方も多いでしょう。

ここでは、訪問見積もりの前に整えておきたい準備について解説します。

飲み物(お茶など)を差し入れる際はペットボトルで渡す

引越し業者のスタッフに飲み物を差し入れると親切ではありますが、湯呑やコップなどに注いで出すのではなく、ペットボトルのお茶を差し入れるのがおすすめです。

湯?やコップなどの形式でお茶を出しても失礼ではありませんが、ペットボトルのお茶であれば後片付けも容易であるためです。

その場で営業担当者が飲み切れなくても持ち帰ってもらうこともできるのも理由の一つです。お互いにとってメリットが大きいため、ペットボトルのお茶を選ぶと良いでしょう。

また、お菓子などを用意したほうが良いのではないかと考える人も多くいますが、営業担当者にとっては「お客様の前でお菓子には手をつけにくい」と気を遣わせてしまうケースも多いため、無理に用意する必要はありません。

部屋が汚い場合は事前に整理整頓しておく

引越し業者の営業担当者を迎えるにあたって、部屋が汚い場合は事前に整理整頓しておくことが大切です。

訪問見積もりでは自宅にある荷物の量を総合的に判断して見積もり料金を算出するため、部屋が散らかっていると不用品も引越しの荷物に含まれてしまい、必要以上に料金が高額になってしまう可能性があるからです。

訪問見積もりでは収納家具の中に収められている荷物まで確認しないのが一般的で、服などが収納された状態であることを想定して見積もり料金を算定します。

そのため、収納家具にしまわれていない荷物があると、本来は収納家具に入っているはずの荷物が余分に見積もられてしまうという仕組みです。

また、部屋が散らかりすぎていたり汚れすぎていたりすると、引越し作業を引き受けてもらえないケースもあります。

直接「引き受けられません」と断られることは多くりませんが、相場よりも高額な見積もりを提示されるなどの方法で断られる可能性があるため、必ず事前に整理整頓しておきましょう。

一人暮らしの女性は「女性スタッフ」の手配も手段のひとつ

一人暮らしの女性は、自宅に引越し業者の営業担当者を招き入れることに不安を覚える人も多いでしょう。

どのような営業担当者が来るか不安なときは、「訪問見積もりに女性の営業担当者をお願いできますか?」と依頼するのも手段のひとつです。

もし、女性の営業担当者に来てもらうのが難しそうな場合は、家族や友人など、信頼できる人に同席してもらうのもおすすめです。

「今すぐ決めてください」などと言われて押し切られそうになったときも、自分以外の人が同席してくれていることで冷静に交渉を進めやすくなります。

本契約後のキャンセルは有料になる場合もあるので要注意

訪問見積もり自体には料金はかからないことがほとんどであり、あくまでも見積もりであるため、契約をしなくてもキャンセル料はかかりません。

しかし、訪問見積もりと同時に契約を結んだ場合は、引越し業者の約款に応じてキャンセル料がかかるケースがあります。

一般的な引越し業者のキャンセル料は、国土交通省によって定められた「標準引越運送約款」に準拠して決められています

標準引越運送約款では、引越し当日のキャンセルが見積もり運賃の50%以内、引越し前日のキャンセルが見積もり運賃の30%以内、引越し二日前のキャンセルが見積もり運賃の20%以内のキャンセル料を徴収すると定められています。

訪問見積もりと同時に契約を結ぶケースであるのか、業者によく確認しましょう。

引越しの訪問見積もりのまとめ

訪問見積もりは、Webや電話からの申し込みよりも精度の高い見積もりがわかるだけでなく、荷物の量を正しく把握することで引越し料金を最適化できるというメリットもあります。

ぜひ訪問見積もりを依頼して、正確な見積もりを取ることをおすすめします。

訪問見積もりのスタッフを迎えるときは、事前に確認したい項目をリストアップしておくことも大切です。

細かい部分も確認しておくことで、当日の引越しがスムーズになり、認識の齟齬によるトラブルも回避しやすくなります。

ご近所挨拶の粗品の料金相場

引越しを行った際、変わるのは住環境や生活環境だけではありません。同時に、周囲に住むご近所さんとの人付き合いも、がらりと変わります。そんな新しい環境にいち早く溶け込むことにも役立つのが、挨拶時の粗品です。以下は、特に用いられることの多い人気の粗品商品やその相場についてまとめた記事となります。ぜひ役立ててみて下さい。

粗品を配る意味とは

そもそも、粗品を一切配らなくても引越しを完了し、新たな生活を送ることは可能です。にもかかわらず、わざわざ出費を行い、いくつもの粗品を用意することにはどう言った意味合いがあるのでしょうか。
慣例になっているとは言え、意味を把握した上で配るのとそうでないのとでは、気持ちのこもり方が変わってくることでしょう。

主には、隣近所における関係性を円滑にすることが挙げられます。
日々のコミュニケーションが豊かになったり、子供を見守る役割を果たしてもらえたり、また災害時の助け合いを図る上でも、重要な意味を持ちます。粗品を持って事前に挨拶しておけば、印象が良くなり、こう言ったケースにも安心感が持てます。

粗品がなくても挨拶すること自体は可能ですが、やはり何か手渡す物を用意しておく方が、より気持ちが伝わりやすいものです。喜んでもらいたい、自身の転居を気持ちよく感じてもらいたい、そうした心持ちのもと、品物を選んだり、配ったりすると良いでしょう。

ちょうど良い粗品相場

喜ばれるために用意する粗品ですが、何でも良いと言う訳でもありません。価値が高過ぎるものであれば、逆に気を遣わせてしまう可能性も考えられます。
安っぽ過ぎず、かつお返しを考えなくても良いような価格帯の品を選ぶ形が理想的です。

主には、500円〜1,000円が相場となっています。 少し安く感じられるかもしれませんが、後の付き合いを考えると、あまり目立ち過ぎないことも重要となるのです。渡す相手にとって、若干物足りないと感じる程度の方が、接しやすく感じてもらえると言った利点も伴います。
この範囲を基準に、粗品を選ぶようにしましょう。

人気の粗品商品について

粗品と言っても、その種類はさまざまです。特に法律で定められている訳でも無いので、基本的には何を選んでも配る側の自由です。しかし、より喜んでもらうにはやはり人気の物であったり、実用性ある品の方が理想的と言えます。
以下は、昨今特に用いられることの多い人気の粗品となります。

手渡すオタクがファミリーの場合であれば、ラップ・ジップロック・指定ゴミ袋と言った実用雑貨や、日持ちする乾麺・お茶などの食品などがおすすめです。
とにかく、必要ないものをもらっても困るだけなので、いかに実用的な物を選べるか、そして気を遣わせないレベルのものであるかがポイントとなります。

次に一人暮らしのお宅であるケースです。こちらはQUOカードや商品券・図書券と言った、金券関連が喜ばれます。
ファミリーとは異なり、何か目標や夢を持って生活を送る人が少なくないので、自由に品物を選びやすいこう言ったジャンルが重宝するのです。その他、個包装のお菓子などもおすすめです。

まとめ

粗品は、簡単な品物が理想的となるからこそ、難しい存在でもあります。安過ぎず、かつお返しの気を遣わせないちょうど良い価格帯を意識し、さらには実用的な品を選ぶことが望ましいと言えます。また集合住宅の場合は、余裕があれば大家さんへの粗品も用意しておきましょう。この際は地元や前住所における名産品などが喜ばれる品とされています。もちろんこのケースに関しても、あまり高過ぎないものを選ぶことがポイントとなります。

引っ越しの見積もりは訪問orネットor電話?依頼状況の調査

引越しの際、多くの方が引越し業者へ荷物の運搬を依頼しています。引越し業者へ依頼する際、まず始めにおこなうのが「見積もり」です。見積もりを取るには、電話やメール、ネットなど様々な方法があり、業者が直接荷物を見て見積もりをする「訪問見積もり」という方法もあります。 では、自分の引越し条件にあった業者を見つけるためには、どのような見積もり方法を利用すればいいのでしょうか? そこで、引越しの際、みんなはどのような方法で見積もりを取ったのか、アンケートを実施しました。

【質問】
引っ越しの際、どういった方法で見積もりを取りましたか?

【回答数】
訪問見積もり:57 ネット見積もり:27 電話見積もり:14 メール見積もり:2

グラフ

業者を決めるときは、「訪問見積もり」で正確な料金を把握しよう

「引越しの際、どういった方法で見積もりを取ったか」というアンケートをおこなった結果、訪問見積もりを利用したと回答した方が一番多いという結果になりました。

・訪問してもらった方が正確な見積もり金額がわかると思ったからです。 ・訪問見積もりをしてもらうと、引越し業者の対応もわかるので、業者選びの参考になる。 ・見積もり料金を正確に計算するためには、引越し業者に自宅に来てもらい、荷物量を目視してもらうのが一番安心感があります。

訪問見積もりと回答した方からは、「引越し業者に荷物を実際に見てもらわないと、正確な見積もり金額がわからないため、訪問してもらった」という声が最も多くあがっていました。荷物ごとの寸法や重さ、持ち運びのルートなど、直接見てもらわないと分かりにくいことも多くあるため、実際に訪問してもらった上での見積もりの方が、より正確な費用がわかり、安心して業者を検討できるというメリットがあるようです。

忙しい方には24時間受け付け可能な「ネット見積もり」が便利!

「訪問見積もり」に次いで多かった回答が「ネット見積もり」でした。

・複数の会社の見積もりを一度に取ることができるので便利だった。 ・時間がなかったので、24時間受け付けしてもらえるネット見積もりを利用しました。 ・ネットで複数社に見積もりをとって、気に入った数社に訪問見積もりしてもらおうと思ったため。

「ネット見積もりを利用した」と回答した方からは、「24時間受け付けしてもらえる」「比較サイトを利用すれば、複数社いっぺんに見積もり依頼できる」といったメリットがあげられていました。 引越し価格ガイドを使えば、たった1回の情報入力で複数の引越し業者へ見積もり依頼できるのはもちろん、24時間依頼可能なので忙しい方にもオススメですよ。

自分のライフスタイルに合わせた見積もり方法で業者を選ぼう

「引っ越しの際、どういった方法で見積もりを取りましたか」というアンケートを実施した結果、「訪問見積もり」「ネット見積もり」という回答が続きました。 訪問見積もりを利用した方が一番多い結果ではありますが、ネットで複数の業者に見積もり依頼してから、気に入った業者を数社選んで訪問見積もりしてもらう、というパターンも多いようです。 自分のライフスタイルに合わせた方法で見積もり依頼をおこない、自分にあった業者を見つけましょう。

<アンケート実施概要>
■調査地域:全国 ■調査対象:年齢不問・男女 ■調査期間:2014年10月14日〜10月24日 ■有効回答数:100サンプル

子供が産まれた事がきっかけで引越しした方はどれくらい?

住まいを変えるタイミングは、ライフスタイルの変化がきっかけになることが多くあります。出産もそのきっかけひとつ。引越しを決めた理由の多くに、子供が影響している場合があるようです。 実際、子供が産まれた事がきっかけで引越しをしたという方はどれくらいいるのでしょうか?また、その理由は何だったのでしょうか?アンケートを実施しました。

【質問】
子どもが生まれてから引越しをしたことがありますか?

【回答数】
あり:54 なし:46

グラフ

人数が増えると家も手狭に!子供の成長も引越しに影響?

子供が産まれた事がきっかけで引越しを決めた方が半数以上いらっしゃいました。その理由について、次のような回答がありました。

・「二人目の子供が生まれたので、今までの家が手狭になり、年末では広い戸建で過ごしたかったため。引越し後、間もなくクリスマスを祝ったことが懐かしい。」 ・「アパートから一軒家に引っ越しました。やはり子供の泣き声とか足音などを気にして伸び伸びと子育て出来ないと思ったので、産まれる前から考えてはいました。実際、引っ越して伸び伸びと子育てする事が出来ました。」 ・「荷物が増え、今よりも広い間取りに引っ越す必要があったため。下の子どもが小さかったので、背中におんぶして荷造りをしました。上の子は、お友達と別れるのが悲しくて、泣いていました。」

回答者の多くが、子供の成長や、お子さんの人数によって、引越しをしなくてはいけない状況になっていることが伺えます。子育てという観点から見ると、環境を変化させなくてはいけない場合もあるのかもしれませんね。

環境の変化が不安?引越しをしない理由とは

次に、引越しを経験したことがないと回答した人の意見ですが、引越しができない理由があるようです。

・「子どもの年齢にもよりますが、小学校入学前の子どもを抱えての引越しは、準備と育児でとても大変なイメージがあります。」 ・「子どもが新しい環境や学校にすぐになじむことができるか不安です。」 ・「家族構成が変わるので、それに合った間取りの部屋を選べるので理想としてはやりたいが、今のままでも工夫すれば生活できる。」

育児と引越しの準備を同時にするのは大変だという意見があり、両立させることの大変さが伝わります。また、新しい環境に子供が慣れることができるのかといった、子供の適応力に不安を感じていることも伺えます。しかし、家族構成によっては、引越をしたいという声もあることから、住まいを変えることは重要なことだと考えている人も多いようです。

子供の出産や成長は、引越しに大きく影響している!

回答者の意見を見ると、経験の有無にかかわらず、子供の存在は、住まいを決定させることに大きく関係しているようです。家族構成の変化や子供の成長は、場合によっては、新しい家に引越ししなければいけない状況になるのかもしれません。しかし、子育てと引越しの準備の両立で掛かる負担、子供が新しい環境で馴染めるかなどの理由から不安になっていることも分ります。 新しい環境は不安を感じてしまいがちですが、将来を見据えたライフプランで引越しを検討してみてもいいかもしれませんね。

<アンケート実施概要>
■調査地域:全国 ■調査対象:年齢不問・男女 ■調査期間:2014年10月14日〜10月24日 ■有効回答数:100サンプル

引っ越しの見積もりは値引き交渉すると安くなる?

引越しは荷物の運搬以外にも、エアコンの取外しやインターネット工事など、何かと費用がかさんでしまうもの。 他にも新生活のために家具や家電を買い揃える方も多いはず。そんな時、誰しも引越し費用を安く抑えたい・・と考えてしまいますよね。そこで、引越し料金の見積もり時、業者に値引きの交渉をした結果はどうだったのか、アンケートをとってみました。

【質問】
引越し見積もりの値引き交渉はしたことある?また、どれくらい下がった?

【回答数】
経験なし:51 10%ダウン:25 20%ダウン:19 半額以上:5

グラフ

半数の人は値引き交渉をしない!その理由は?

「引越し見積もりの値引き交渉はしたことある?また、どれくらい下がった?」というアンケートに対して、「経験ない」と回答した方が最も多い結果となりました。

・元々安い金額だったので、そこからの値引きは特に考えませんでした。 ・平日に引越をすれば、最初から価格が安いので、値引きをする必要はありません。 ・金額よりも、業者の対応の良さを見て選んだので。

引っ越しの見積もりを値引きしたことがないという回答の中には、元の料金が安かったために、それ以上求めなかったという声が多く見られました。おそらく見積もりを頼む段階で数社に依頼し、その中で値段やサービスの質を比較して検討する場合が多いため、それ以上の値引きを求めなくても満足しているのかもしれませんね。また、業者によっては平日の料金が安い場合や、キャンペーンを実施している場合もあるため、そういったものを利用してさらにお得な料金になっている場合もあるのでしょう。

お得なプランを利用すれば見積もり金額が安くなる?

「引越し見積もりの値引き交渉はしたことある?また、どれくらい下がった?」というアンケートに対し、「経験ない」という回答に次いで、「経験ある・・10%ダウン」「経験ある・・20%ダウン」という回答が続きました。

・他の方の荷物と一緒に運んでもらう混載便というプランを利用したところ、見積もり金額が10%程度お得になりました。 ・引っ越し運賃を値引きされたのではなく、オプションを無料でつけてもらった結果、10%相当の割引となりました。 ・引越し業者が空いている日程、しかも時間指定を無しにしたことで安くしてもらいました。元の金額から20%くらいはダウンしたと思います。

10%ダウンと回答した方の中では、「引越し業者が提供するお得なプランを利用して料金を抑えた」という声がありました。また、中には交渉してみた結果、値引きではなく10%相当のオプションが付いたという声も見られました。 一方で20%ダウンと回答した方の中には、引越し日を業者の予定に余裕がある日、しかも引越し時間を指定しないことで料金を抑えた方がいらっしゃいました。

料金だけでなく、自分の条件にあった業者を探すようにしよう

「引越し見積もりの値引き交渉はしたことある?また、どれくらい下がった?」というアンケートに対して、「経験ない」「10%下がった」「20%下がった」という回答が続きました。値引き交渉しなくても、平日など空いている日を狙ったり、キャンペーンを利用するといった手段も良さそうですね。 納得のいく引越しをして新生活を楽しく始めるためにも、料金だけでなく、自分の生活スタイルと引越し条件にあった業者を探すようにしましょう。

<アンケート実施概要>
■調査地域:全国 ■調査対象:年齢不問・男女 ■調査期間:2014年10月14日〜10月24日 ■有効回答数:100サンプル

新居選びで一番重視するところは何?

引越し先の物件選びに悩んだことはありませんか?物件の数はとても多く、ある程度条件を絞っても選びきれないなんて事もあるのではないでしょうか。 では、実際に引越しをされた方は何を重視してその物件に決めたのでしょうか?そこで、「引越し先の新居選びで一番重視する事とは?」というアンケートを実施しました。

【質問】
引越し先の新居選びで一番重視する事とは?

【回答数】
家賃:37 立地:26 間取り:21 敷金礼金:3 その他:13

グラフ

毎月発生する「家賃」が一番の重視ポイント

「引越し先の新居選びで一番重視する事とは?」というアンケートでは、「家賃」という回答が最も多い結果となりました。

・お金を払えないところには引越しできないので一番にくるのは家賃です。 ・家賃は毎月発生するものだし、家賃を払えないとなるとその場にも住むことが出来なくなるので。 ・立地や間取りも気になるが、月々に払える金額が決まっているので、まず家賃を決めてから探す。 ・良い間取りの家に住みたいという気持ちももちろんあるが、家賃が高ければ払えないため、家賃を1番に考える。

新居選びで一番重視することで家賃と答えた方の中では、毎月の家賃が払えなければ住むこともできないので、まず家賃で探すという回答が多く見られました。家賃はそこに住む上で毎月払う必要のある費用のため、新居探しでは立地や間取りよりも、まずは毎月支払える家賃の物件を候補にあげることを何よりも優先する必要があると言えます。

立地や間取りも生活を左右する重要な条件

「家賃」という回答に次いで、「立地」「間取り」という回答が続く結果となりました。

・やっぱり部屋がどれだけ良くても、周りの環境や交通が整っていないと生活が大変だから。 ・交通の便が良いかや、日当たりは良好かなど、自分が住む際に住み心地の良いことを重要視します。 ・もちろん家賃は検討項目の一つですが、まず間取りを見て気に入ったものの中から、家賃を検討します。

立地と回答した方の中では、間取りや部屋が良くても周囲の環境や交通の便を気にするという回答が多く見られました。せっかく家賃が安くて間取りに納得したとしても、周囲にスーパーやコンビニが近くになく、車が無いと生活できないような立地では、生活そのものが不便になってしまうことが考えられます。また、目の前に高層ビルが建っていれば日当たりは期待できず、せっかく生活しやすい環境が揃っていても、引越しを考え直してしまうこともありそうです。 間取りと回答した方の中では、物件探しをする際にまず間取りを確認し、気に入った物件から家賃を検討すると回答されていました。生活の基礎となる家探しのため、まず自分達の条件に合う間取りであるかどうかを検討することは非常に重要なことだと言えます。

新居となる物件探しは、あらゆる角度から条件を絞っていこう

引越し先の新居選びで一番重視する事とは?というアンケートでは、「家賃」「立地」「間取り」という回答が続く結果となりました。 新居選びではあらゆる角度から物件を絞っていく必要がありますが、家賃や立地、間取りはその中でも特に重要視されていると言えるでしょう。特に家賃は収入に見合ったものでなければ住むことも難しくなってきてしまうため、ある程度家賃や間取りで絞り、残った物件を現地で実際に見てみるような選び方をするといいかもしれませんね。

<アンケート実施概要>
■調査地域:全国 ■調査対象:年齢不問・男女 ■調査期間:2014年10月14日〜10月24日 ■有効回答数:100サンプル

引越し先のご近所へ挨拶に行く際、何を持っていった?

引越しをする際、これからお世話になるご近所の方々へ挨拶に行かれる方も多いですよね。でも、挨拶に行く際に何を持っていけばいいのか困ったことはありませんか?タオルやお菓子など、品物の幅も多いため、つい悩んでしまいますよね。 そこで、引越しをしたみんなは挨拶へ行く際に何を持っていったのか、アンケートをとってみました。

【質問】
引越先の近所の人への挨拶、何を持っていきましたか?

【回答数】
洗剤などの粗品:37 菓子折り:31 挨拶のみ:7 その他:25

グラフ

引越しの挨拶品には実用性のあるものがベスト!?

「引越先の近所の人への挨拶、何を持っていきましたか?」というアンケートを実施した結果、最も多い回答は「洗剤などの粗品」でした。その理由は次のとおり。

・どこの家でも使うもので、いくつあっても困らないものだと考えて洗剤を持っていきました。 ・食べ物だと好みもあるので、無難に食器洗剤をいつも持って挨拶に伺う。 ・洗剤もこだわりがある方もいますが、消耗品で実用的だと思うからです。 ・前もって買っておけるものが便利だと思ったから。もらう方も気軽に受け取れると思うし、日用品ならば役に立つと思う。

「洗剤などの粗品」と回答した方の多くは、洗剤のその実用性の高さを理由にあげている方が多く見られました。洗剤はどの家でも使う消耗品となるため、もらう側も受け取りやすい利点があげられますよね。お菓子などでは消費期限などを気にしなければなりませんが、洗剤は買い置きしておくことができるというメリットもあげられ、お互いの都合ですぐに挨拶できなかったご近所さんへも気軽に渡すことができるのでしょう。

小分けにされたお菓子も挨拶品の王道

「洗剤などの粗品」という回答に次いで「菓子折り」という回答が続きました。その理由を見ていきましょう。

・洗剤などは家ごとに好みがあり、喜ばれるとは限らない。菓子ならば大抵の方は喜んで受け取ってくれる。 ・1,000円ぐらいのちょっとした洋菓子ならすぐに食べられて、嫌いな人は少ないと思うので、気軽に配れます。

「菓子折り」と回答した方の中には、洗剤は好みがあるためお菓子の方がいいという声が多く見られました。小分けにされたお菓子であれば、自宅や勤務先などでも、ちょっとした空腹時に気軽に食べられるので、喜ばれる場合が多いかもしれませんね。

引越しの挨拶ではもらい手のことを考えた品物を!

「引越先の近所の人への挨拶、何を持っていきましたか?」というアンケートでは、「洗剤などの粗品」「菓子折り」「その他」という回答が続きました。 洗剤やお菓子はそれぞれ好みもありますが、洗剤やタオルはとても実用性が高く、小分けにされたお菓子であればいつでも気軽に食べられるため、どちらももらい手側には喜ばれる傾向にあるようです。 引越しをして、今後ご近所付き合いすることも多いため、もらい手となる相手にとってメリットのある品物を考えるようにしましょう。

<アンケート実施概要>
■調査地域:全国 ■調査対象:年齢不問・男女 ■調査期間:2014年10月14日〜10月24日 ■有効回答数:100サンプル

これまでに引越しをした回数は何回?

引越しは、生活の基盤である住まいを変える、人生においても重要な出来事です。そのため、結婚するまでに一回も引越しを経験したことがない人もいれば、成人するまでの間に何回も経験している人もいます。 では、引越しを繰り返したことがある人は、いったいどれくらい引越しを経験しているのでしょうか? そこで、これまでの引越し経験回数は何回?というアンケートを取ってみました。 【質問】 これまでの引越し経験回数は何回? 【回答数】 3-4回:38 1-2回:34 5-6回:12 7回以上:16
グラフ

「就職」「結婚」「家の購入」時の三回の引越しが一般的?

「これまでの引越し経験回数は何回?」というアンケートでは、「3〜4回」という回答が最も多い結果となりました。

・一回目は結婚を機に。二回目は職場に近いところへ引っ越し。三回目はマンション購入のため。たぶんしばらくは引っ越しすることは無いと思います。 ・転勤や結婚などで引越しをする必要があったため。直近の引越しは、持ち家購入のためでした。 ・独り暮らしで一回、結婚で一回、市営住宅があたって一回、単身赴任で一回の計四回です。

引越し回数が「3〜4回」と回答した方の多くが「結婚」や「マイホーム購入」という声が目立っていました。小さい頃引越しを経験することがなければ、社会人になってからの節目に合わせて引越しをする方が多いために「3〜4回」という声が多くなると考えられます。

引越の回数は、親の引越しの数にも左右される

「3〜4回」という回答に次いで、「1〜2回」「7回以上」という回答が続きました。その内容は次のとおりです。

・親が自営業で、転勤などもなかったため、実家から進学先への一回のみ。 ・結婚した時にアパートに一回引っ越し、二回目はマイホームを購入した時に引っ越しをした。 ・両親が転勤族だったので、小学校時代は1年に1回以上引っ越しをしていました。なので、子供の頃の引っ越しを含めると、12回位だと思います。

「1〜2回」と回答した方の中では、親が自営業で引っ越す必要がなく、進学時にのみ引越しをしたという声が見られました。親の転勤等がなく、引越しを経験しないまま大人になると、結婚やマイホーム購入のようなタイミングしか引越す機会がなく、引越す回数もあまり多くないのでしょう。 「7回以上」と回答した方の多くは、親が転勤族だったと回答していました。親の転勤に付き添うように引越しを重ねると、自然と引越し回数も増えていくことも当然かもしれませんね。

引越しの数は人生の節目の数?

「これまでの引越し経験回数は何回?」というアンケートでは、「3〜4回」という回答に次いで「1〜2回」「7回以上」という回答が続きました。 上位2つは共に親の転勤・引越しがあまりない場合の回答となっていたようです。そのため、引越しの回数イコール社会人としてのステップアップや、迎えた人生の節目の数とも捉えられるかもしれません。また、小さい頃より、親が転勤族のため転勤を繰り返していったために、引越しの回数が増え、7回以上引越しをしている方も多いという結果となりました。

<アンケート実施概要> ■調査地域:全国 ■調査対象:年齢不問・男女 ■調査期間:2014年10月14日〜10月24日 ■有効回答数:100サンプル

思わず引越しがしたくなる物件の条件はなに?

みなさんは今住んでいる自宅に満足していますか?部屋の間取りや周辺環境によって生活リズムやスタイルにも違いが出てくるもの。もし、今の生活よりも「もっと良くなる!」と思えるような物件を目にしたら、「引越ししたいなぁ・・・」と思うことがあるかもしれません。 そこで、今回は「思わず引越しがしたくなる物件の条件は?」という内容でアンケートをとってみました。みんなが「引越ししたい!」と思えるのはどのような物件なのでしょうか?

【質問】
思わず引越しがしたくなる物件の条件は?

【回答数】
駅から近い:38人 スーパーが近い:19人 南向き:13人 高層マンション:8人 その他:22人

グラフ

やっぱり交通や生活の利便性が最も重要

「思わず引越しがしたくなる物件の条件は?」という質問に対して、今回のアンケートでは「駅から近い」が最も多い結果となりました。その理由を見ていきましょう。

・車の免許を持っていないので公共交通機関が頼りなのと、駅周辺にスーパー等のいろいろな店が集まっている街が多いので、生活していくのに便利だからです ・駅やバス停が近い事、学校から近い事など、毎日家族全員に関わる事なので交通の便が楽な物件には惹かれます ・通勤にできるだけ時間をかけないためにも駅から近い方がいいし、遅い時間に帰っても安心感があるから ・自分専用の車がないので駅が近いのは必須条件です。毎日の通勤を考えるとバスに乗って電車に乗り換えては時間もかかるので・・・。それにコンビニや、銀行か郵便局が必然的に一緒になるので何かと便利だからです

駅から近い物件を見て思わず引越ししたいと考えるのは、自家用車を所有していない人や、日常的に公共交通機関を利用している人が多いようです。当然と言えば当然ですが、駅まで遠い物件の場合、徒歩で駅まで行くことができなければ、バスなどで乗り継がなければならないなど、負担も大きくなります。もちろん時間が余分にかかってしまうのは言うまでもありません。また、駅周辺には様々なお店や施設が立地している利便性もポイントのようです。

便利さを選ぶか、快適性を選ぶか、それとも憧れ?

思わず引越しがしたくなる物件の条件として、その他以外の回答で2番目に多かったのが「スーパーが近い」で19人、3番目が「南向き」で13人、そして「高層マンション」が8人という結果でした。ではそれぞれの選択肢を選んだのにはどのような考えがあるのでしょう?

・買い物は必ずするものだし、スーパーが近くにあれば重い物や買い忘れに対応出来るからです ・日当たりが良いに越したことはないと思います。光熱費など、日当たりの良くない場所とでは年間で大きく違うと思います ・高層マンションは一度も住んだ経験がないので眺めがいいところに住んでみたい

スーパーが近い物件に引越したいと考えるのは、買い物は日常的に必ずするものであるため、近いと便利という考えがあるようです。また買い忘れや急な買い物、閉店間際の値引き、その他特売セールなどにも対応しやすいというメリットもあり、特に主婦の人には嬉しいのではないでしょうか。 南向きの物件がいいと考える人の場合、日当たりがいいため、暖かい室内や、洗濯物がよく乾くなど日常生活での快適性が魅力のようです。また、スーパーが近いとうるさいという意見や、日当たりが良いだけではなく周囲も静かだと魅力を感じるという人がいたように、やはり居心地の良さがポイントのように見受けられます。 高層マンションを選んだ人は、どちらかというと現実的な選択というより憧れがあるようです。

それぞれの考えやニーズに合った引っ越し先がいちばん!

どのような条件の家に住むのが良いかは、その家族の生活状況や、何を一番に考えるかによって違いがあります。 日常的に車の移動が多く、あまり電車を利用しないならば駅に近い必要が無いのかもしれませんし、洗練された眺めの良い高層マンションに魅力を感じる人もいれば、周囲に様々な施設が無くても、空間に余裕があり日当たりの良い一軒家の方が魅力的に感じる人もいます。 今回のアンケートでは、駅に近い物件の支持が一番多く、利便性のあるスーパーに近い物件、快適な南向きなどがそれに続きました。それぞれにもっともな意見も多くあり、これから物件をお探しの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

<アンケート実施概要>
■調査地域:全国 ■調査対象:年齢不問・男女 ■調査期間:2014年10月14日〜10月24日 ■有効回答数:100サンプル

新着ページ

ご紹介件数