自治体の回収日に間に合わない粗大ごみはどうすればいい? | 引越し業者の見積もり比較なら引越し価格ガイド

ご紹介件数

自治体の回収日に間に合わない粗大ごみはどうすればいい?

更新日:2021/04/28

粗大ごみは自治体によって回収方法や回収日が決まっています。

回収日が過ぎてしまった場合には、自治体に引き取ってもらう以外の方法として、自力で粗大ごみを車に乗せ、地域のクリーンセンターなどに持ち込むぐらいしか残っていません。

引越しなどで、どうしても期限までに処分をしなければならないのに間に合わないといった場合は、不用品回収業者に依頼するのも良い方法と言えるでしょう。

ベストは不用品回収業者を見つける

引越し先にまでゴミを持って行くわけにはいきませんから、スムーズに引越し作業を終えるために、手早く仕事を行ってくれたり、時間や日付の都合をつけてくれる不用品回収業者を見つけることができれば安心です。 どれぐらいの予算が必要なのか判らない場合には、まず見積もりを取ることをお勧めします。業者によっては現地に来て粗大ごみを確認してから見積もりを取り、見積もり以上の金額は基本的に請求しないというところもあります。金額が判れば、安心して依頼をすることができます。 家電リサイクル法の施行もあり、テレビやパソコンなどは簡単に捨てることができなくなっています。 どうしたら良いのかを業者に相談することができれば安心ですし、処分は業者に任せて自分たちはほかの引越し作業を進めることができます。 引越し当日までに作業が間に合わず、粗大ごみも残ったままでは困ってしまいます。 そのまま置き去りにしては周りに迷惑をかけてしまい、もっとも避けたいことですので、立つ鳥としてあとを濁さないことを心掛けながら、地域の自治体に処分を頼めない場合にどうしたら良いのか、次の方法を早めに検討することをお勧めします。 ことに女性1人の引越しや移動などは、大きなごみの始末は手におえないものです。自分の力では難しくても、不用品に対する知識や技術があり、作業に対しても手馴れている不用品回収業者に依頼すれば、引越し中のばたばたと忙しい中で、余計な負担を大きく減らして解決することができます。