引っ越しの電話見積もりの注意点 | 引越し業者の見積もり比較なら引越し価格ガイド

ご紹介件数

引っ越しの電話見積もりの注意点

更新日:2021/04/28

引越しを見積もってもらう方法はいくつか存在しますが、より安心感が持てる形式としては、電話がおすすめです。

ネットの申込フォームやメールとは異なり、リアルタイムにスタッフと言葉を交わして相談できるためです。

今回は、電話見積もりの方法と、その際の注意点をご紹介しています。見積もり前に、確認しておくと良いでしょう。

電話見積もりの方法

まずは、電話をかける前に確認しておくべきポイントを押さえておきましょう。

考えなしに電話してしまうと、重要なことを伝え忘れたり、聞き忘れてしまうことにも繋がります。
ノートやメモに書いて、それを見ながら相談するとより確実です。

主には、料金総額・支払い方法・支払い時期・日時と時間・荷造りの流れ・家財やダンボールの数・自分たちによる作業の有無・サービス面・引越し後の掃除・不用品引き取りの料金・保険や補償などが挙げられます。

その他、状況に合わせて気になる部分、聞いておきたいことなどもピックアップしておきましょう。

しかし荷物が多い場合には、電話のみで見積もりが完了できないケースも存在します。

その際は数回に分けて電話見積もりが行われたり、また後日スタッフが直接訪れて、視認のもと見積もられる形となります。

電話見積もり時の注意点

引越し、転居のタイミングは、何かとバタバタしてしまいがちかと思われます。
しかし、だからと言って引越し業者選びやプラン検討に妥協してしまうと、大きな損にも繋がりかねません。注意点を押さえて、こだわってみて下さい。

例えば、一社で即決しないことです。数社に見積もりを依頼し、それぞれを比較して検討するようにしましょう。

このとき、他社の見積もり結果を引き合いに交渉を行うと、より理想的な条件へと繋げやすくなります。

次に、荷物の申告漏れに関してです。
事前に伝えられていない荷物は、状況によって運んでもらうことが難しくなる場合もあります。

また、電話見積もり後に荷物を増やすことも禁物です。
上記と同様の理由から、輸送が困難な状況ともなりかねません。

一人暮らしや家族、企業の引越しなど、規模はさまざまかと思われますが、やはり引越し前後は、忙しい状況となりがちです。
しかしそんな中でも、業者選びや見積もりに関するやり取りは、入念に行うことが大切となります。

確認事項や注意点をしっかり把握した上で、理想的な引越しへと繋げましょう。